【屋根材種類別リフォーム】コロニアル屋根の単価費用や耐用年数は?

 

あつし
こんにちは~!

 

はるこ
あら、珍しいわね!どうしたの?

 

あつし
ちょっと近くまできたものだからね!最近どう?家の住み心地は?

 

はるこ
快適よ~!あっくんが色々やってくれたから!ホント助かったわ!

 

あつし
それは良かった!また何かあったら言ってよ!

 

はるこ
あ!そうそう!この間親戚の敏子おばさんに会ったのよ。覚えてるかな?敏子おばさん!

 

あつし
敏子おばさんて、前に夫婦喧嘩したときに3日くらい家に泊まりに来てた!

 

はるこ
そうそう!その敏子おばさん!あの時は大変だったわ!おばさんて話し出すと止まらないじゃない!次から次へ旦那さんの愚痴が出るわ出るわ、3日間ろくに眠れなかったもの!あれが本当のマシンガントークっていうのね!そして3日目には気が済んだみたいで・・・

 

あつし
母さん母さん!その敏子おばさんがどうかしたの?

 

はるこ
あらごめんなさいね!話が脱線してしまったわね!その時にね家の屋根が古くなってきたから屋根を張り替えたいって話になってね!私がリフォームしたことを話したらあの調子で色々聞いてくるんだけど、私では答えられないからあっくんに聞いてみるって言って帰ってきたんだけど、わかるかな?

 

あつし
屋根か!面白そうだね!一言で屋根と言っても沢山の種類があるし、単価や耐用年数なんかも気になるところだよね!

 

 

屋根材の種類ってどのくらいあるの?

 

屋根材の種類

一般住宅で使用されている屋根材は粘土系、セメント系、スレート系、金属系の4種類に分類されます。
さらに粘土系には、釉薬と無釉。セメント系ではプレスセメント瓦とコンクリート瓦。
スレート系では彩色(化粧)スレートと天然スレートに分かれます。

それぞれの屋根材にはメリット・デメリットがあり、自分の好みやお住まいに合った屋根材を選ぶ上で、それぞれの商品の特徴を確認しておくことが大切です。

引用:クイック屋根工事

 

あつし
このように大きく分けると4つに分けられるんだ。

 

なるほど!この4つの中から選べばいいのね!

 

あつし
でも細かく分けると金属系にしても銅板やトタン、セメント系の瓦の中にも日本瓦や洋瓦と種類も色々なんだ!

 

はるこ
なんだか難しそうね!選ぶだけでも大変そうだし、私だったら業者の言いなりになっちゃいそうだわ!

 

あつし
そうなんだ!ある程度自分で下調べしてからでないと騙されちゃうかもしれないよね!だから事前に自分で調べ理解してから動き出さないと大変なことになっちゃうんだよね!

 

はるこ
なんだか心配になってきちゃったわ!

 

あつし
大丈夫 だよ!僕がわかりやすいように説明していくから安心して!確かおばさんて年金暮らしだったよね!

 

はるこ
うん!確か旦那さんは自営業だったから国民年金をもらっていると思うけど!

 

あつし
そしたらあんまりお金はかけたくないはずだよね!調べてみたら屋根材の中でもコロニアル屋根と言うのが一番単価も安いし広く使われているみたいなんだ!だから今回はこのコロニアル屋根に重点を置いてを紹介していくからね!

 

はるこ
頼りにしてるわよ、あっくん♡

 

あつし
ハハハ

 

屋根のリフォームならあつしにお任せ‼
今回あつしに課せられたミッションは屋根のリフォーム、親せきの敏子おばさんの ために屋根材の事を調べようと決意したあつし!
あつしは年金暮らしのおばさんのために屋根材の中でも特に安価で出来るコロニアル屋根と言う材料に着目しました。

 

スレートとは?

 

粘板岩の石盤が原義であるが,それを屋根ふきにも使用したことから現在では屋根材,板材などをさす場合が多い。建築材の場合,天然スレートは粘板岩あるいは層状をなした頁 (けつ) 岩の薄板で,粘板岩のものは青黒色,頁岩のものは灰黒色であるが,量はごくわずかで,人工的なものとして厚型スレート (プレス成型したモルタル製の瓦) ,石綿セメント板など,セメント製品が多い。平板と波板があり,大板,小板と大きさは各種。着色も自由で,断熱効果をもたせたり,強靭な素材を加えたものなど種類も多く,石質薄板,屋根・天井・内装・外装材料など用途も広くなっている。

引用:コトバンク

 

はるこ
なんだかよくわからないわね!

 

あつし
この辺はあんまり気にしなくて大丈夫だよ!要するにセメントを固めて作った板だということを少し難しい言葉で説明しているだけだから!

 

はるこ
良かったわ!いつもあっくんに任せっきりで悪いから負担にならないように私も少しは覚えようと思って!

 

あつし
かあさん!その覚えようとする気持ちってすごく大事なんだよ!母さんぐらいの年になるとなかなか脳みそが固くなるから、ボケない為にもね!

 

はるこ
もう!この子ったら人を年寄り扱いして!でもほんとそうよね!最近物忘れも酷くなるし、頭を使わないとどんどん衰えていくばかりよね!だからあっくん‼私にもわかりやす~いように教えてね。

 

あつし
はいはい。

 

 

化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)

 

化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)化粧スレートは、住宅の屋根で一番多く使われている屋根材です。化粧スレートという呼び名よりも、カラーベストやコロニアルの方が聞いたことがあるかもしれませんが、実はカラーベストとは商品名で、コロニアルはその中で一番売れている商品名です。現在では、クボタとパナソニックが折半出資しているケイミュー株式会社の製品名、商品名です。

化粧スレートは、セメントに繊維を混ぜて固めたもので、日本瓦に比べて軽量で耐震性が高く、安価で施工しやすいといった特徴があります。また、カラーバリエーションが豊富です。短所は、メンテナンスが必要、割れやすい、劣化による色褪せが目立ちやすいことなどがあります。 

2000年以前のスレート瓦では、アスベストが含まれています。アスベストは、飛散しないければ人体に影響はありません。但し、ボロボロになってしまうと危険です。2006年以降に作られたものには、アスベストは使われていません。

引用:外壁塗装110番

 

あつし
上の写真でもわかるように化粧スレートと言うのが一般によく使われている屋根材なんだ!呼び方が色々だとややこしいからここからはコロニアルで統一して話を進めていくからね!

 

はるこ
そうね!要はコロニアルもスレートも同じものなのよね!

 

あつし
そうだよ!さてここでのポイントは安価で施工しやすいこととカラーバリエーションが豊富だということだね!

 

はるこ
安いっていうのはいいわね!それだけでテンション上がるわ!

 

あつし
でも母さん!それゆえに気をつけないといけないポイントがあるんだよ!

 

はるこ
え!そうなの!

 

あつし
そうなんだ!そのことについてはまた次で話するから待っていてね!

 

はるこ
分かったわよ!何でもいいから早く母さんを安心させてちょうだい!

 

 

コロニアル屋根の単価費用と耐用年数

 

屋根材の比較表
屋根材の比較表

※比較表はあくまで主観ですので、参考程度にしてください。

引用:クイック屋根工事

 

あつし
上の表の左から2番目、スレート瓦というところを見てみよう!

 

はるこ
やっぱり安さが一番際立つわね!ほかの屋根材に比べて圧倒的に安いものね

 

あつし
そうなんだ!あとその下も見てみると耐震性、耐風性、防音性にも優れているんだよ!

 

はるこ
なんかいい所ばかりじゃないの!

 

あつし
ここではあえていい所ばかりを紹介していくよ!注意点はちゃんとこの後に紹介するから待っててね

 

はるこ
やけにもったいぶるじゃない!私は早くデメリットの方が知りたいわよ!

 

あつし
慌てない慌てない!そして、今一番普及している材料だから施工できる業者の数が一番多いんだ!だから業者を探すのが楽だと言う利点もあるんだよ!それゆえに・・・。

 

はるこ
それゆえに、日曜大工でも出来るほど簡単なのね?

 

あつし
ちゃうちゃう!もう母さんはたまにとんちんかんなこというんだから!

 

はるこ
悪かったわね!

 

あつし
まぁまぁ!もうすぐ母さんの知りたがっていた注意点を話すからそう怒らないでよ!

 

はるこ
そうね!あんまり怒ると血圧が上がってぽっくり逝っちゃったら困るわね!

 

コロニアル屋根にするときの注意点

 

 

屋根の下地(ベニヤ板)に直接葺くので換気棟の設置は必須

引用:insutagram

 

あつし
この写真は瓦屋根の下地だよ!

 

はるこ
ま~!職人さん大変ね!お茶でも出してあげたいわ!

 

あつし
昔は家を直しに来ていた職人さんにお茶でも出しながら世間話をしてコミュニケーションもとれたみたいだけど、今はそんな事もないのかな!

 

はるこ
そうね!なんか便利になった反面寂しくのなったわね!

 

はるこ
あ!ごめんなさいね!しんみりしちゃったわね!それで、この下地がどうかしたの?

 

あつし
大丈夫だよ!母さんは昔から人とのつながりを大切にしてきたからね!これからもその気持ちのままでいてね!続いて下の写真も見てくれる!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ルーフィング】 . こちらの写真は、屋根材の下に敷くルーフィングという防水シートです。 . 一般的な住宅の屋根は、このようなルフィーングシートの上に屋根材を張って、二段構えの防水機能になっているんです。 . 瓦や、スレート屋根などの屋根材は、、風や紫外線から建物を守ってくれるのが大きな目的なので、建物内部への雨水が浸入を防いでくれているのは、実はルーフィングなんですよね。 . . 建物は完成してからでは見えない部分の仕事が、暮らしの安心や快適を作っています。 . 私たちも、このような見えない部分の仕事をすごく大切にしています(^_^) . . #佐保工務店#東大阪#東大阪市#布施#小阪#八戸ノ里#高井田#工務店#施工事例#工事#不動産#工場#足代#荒川#注文住宅#リフォーム#リノベーション#公共工事#台風#ルーフィング#屋根#雨漏り#大阪#house#life#home

株式会社 佐保工務店さん(@sahokomuten)がシェアした投稿 –

引用:insutagram

 

あつし
これはコロニアル屋根の下地なんだけど、2つの写真を見比べて何か気が付くことない?

 

はるこ
そんなの簡単よ!この下地の黒い張り紙のメーカーが違う‼

 

あつし
・・・

 

はるこ
冗談よ冗談!上の写真は張り紙の上にさらに木が打ち付けてあるわね!

 

あつし
そうなんだ!瓦屋根は下地のべニアと屋根材(瓦)の間に隙間ができるのに対して、コロニアル屋根はべニアの上にじかに張り付けるんだよね!そうすると何が起きるかというと、蒸れやすく結露も発生しやすくなってくるんだよね!結果下地が腐ってきちゃったりね!

 

はるこ
ふ~ん!じゃあどうすればいいの?

 

あつし
そこで活躍するのが棟換気なんだ!口で説明するより実際見てもらった方が早いかな!

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

WBHOUSEの要、棟換気の仕込み。本体は屋根板金工事が終わってから取り付けします。基礎から屋根まで内部に設ける通気層でつながり夏は熱と湿気を排出、冬は逆に通気を止めて温か空気を逃がしません。難しかったさらさら空気と高断熱のいいとこ取りを可能にしました。電気不用かつ稼働部品の作りもとってもシンプル👍シンプルなので壊れにくくメンテも簡単。難しいセッティングも高価なモニターも必要有りません。あとは普通に暮らすだけ。シンプルイズベスト🙆なWBHOUSEです。 #WBHOUSE #棟換気 #屋根 #通気部材 #二重通気 #WダブルBブレス #シンプル #システム #通気断熱WB工法 #木の家 #手刻みの家 #ひのきの家 #大松の家 #新築住宅 #新築 #ridgeventilation #ventilation #roof #woodenhouse #newlybuilthouse

大松の家@大松建設さん(@daishou_kensetsu)がシェアした投稿 –

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

何の写真でしょーか? 正解は「棟換気」です! 木造住宅を長持ちさせるのに大切なアイテムですね!お家の中の湿気を自然に排気してくれます!実際に屋根の上に上がって見ていただく事はできませんが、現在建築中の現場で予約制の構造見学会を開催しております。 日程5月12日、13日、14日ご予約はお電話かメールでお気軽にお問合せ下さい TEL:043-266-6874 MEIL:akiba-k@tbm.t-com.ne.jp たくさんのご予約お待ちしております♪ #秋葉工務店 #千葉市工務店 #棟梁が建てる家 #棟換気 #見学会 12

秋葉工務店 スタッフさん(@akibakoumutenstaff)がシェアした投稿 –

引用:insutagram

 

あつし
この様に屋根裏にたまった湿気や空気を外に逃がして新鮮な空気をとり入れる処置をしておいてあげないと大変なことになっちゃうんだよね!

 

はるこ
そうよね!人間も新鮮な空気に触れていないと陰険になっちゃうものね!

 

あつし
それはちょっと違うような・・・。

 

施工は簡単だが業者が多い分手抜き工事も少なくはない

 

あつし
続いてはこれ!前に話した棟換気がないのも手抜き工事の一つなんだけど、あえて先に説明したのは風通しの重要性を知ってほしかったからなんだ!

 

はるこ
とうとう来たわね!今までは対物だったけど、今度は対人ね!物は口をきかないけど人は口をきくからやっかいね!

 

あつし
そうだね!業者の口車に乗らないようにちゃんとした知識を蓄えておかないとね

 

はるこ
でも実際どの業者が良いのか悪いのかどうやって見分ければいいの?

 

あつし
そこなんだよね!数あるリフォーム会社から見極めるのって大変だよね!そこでいくつかポイントを拾ってみたよ。

 

1.本業が屋根専門の業者か

あつし
家の事なら大工さんというイメージがあるかもしれないけど、屋根の張り替えのような特殊な作業はその道に特化した業者さんに以来するのが一番なんだよ!

 

2.自社のホームページを継続して更新しているか(会社の規模や業務内容、過去の実績、自社に屋根材を保管する倉庫があるかなど)

あつし
例えばそのホームページが3年前に更新されたものだとしたら3年の月日がたてば業績が良かった会社も傾く可能性は十分あるわけで、だからホームページを更新していない会社って信用ならないんだ!

 

3.大手ハウスメーカーや地元で信頼を得ているリフォーム会社

あつし
大手がいいと言うわけでもないけど、ここで言いたいのは今の時代インターネットで知りたい情報がすぐに手に入る時代だから口コミなども判断基準の一つということだよ!

 

4.工事内容、使用材料の品質、施工中の撮影、アフタフォローまで、十分に確認

あつし
その会社の見積もり担当者との打ち合わせも大切なんだ!この部分をおろそかにしてはいけないよね!ここで大事なのは施工中の写真!合板やルーフィングシートなどは見えなくなってしまうから出来上がってからだと確認が出来ないんだ!そこで写真を撮って確認させてもらうようにすると安心だよ!

 

5.積極的に工事内容や値段交渉のアプローチをすることも重要

あつし
最後になるけどわからないことはどんどん聞くこと、聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥という言葉があるように依頼する方は専門家ではないので知らなくて当たり前!どんどん納得できるまで聞くこと!そしてその場で決めないで一回持ち帰って検討するのが一番じゃないかな!安い買い物じゃないからじっくり考えてから行動を起こすことも大切だよ!

 

はるこ
なるほどね、つまりは安くてカラーバリエーションが豊富で施工がしやすいコロニアル屋根は施工業者を見つけるのが楽な反面、業者選びもしっかりしたところを選ばないと、手抜き工事とかされたら後々余計な出費がかさむと言う事ね!

 

あつし
さすが母さん吞み込みが早いね!

 

はるこ
イエ~イ!

 

あつし
また変なキャラを出してきて!まあいいや!とにかく安く抑えたいけど少しでもお洒落にしたいと言う人にあってると思うよ!屋根って一番人目につくからね!そして、予算が余ったらキッチンとかのリフォーム費用に回してもいいかもしれないね!

 

はるこ
そしたらこの事を早く敏子おばさんに知らせてくるわね!

 

あつし
うん!気を付けてね!

 

まとめ

 

ここまでコロニアル屋根について説明してきましたがここでおさらいをしてみましょう。

  1. 単価が安い(4500円~8000円/㎡)
  2. 耐用年数は約20年
  3. 対応できる業者が多い→手抜き工事も多い
  4. カラーバリエーションが豊富
  5. 割れやすい→定期的なメンテナンスが必要

 

メンテナンスや業者との対応、打ち合わせの手間などを考えても価格が抑えられる方がいいと言う方にはコロニアル屋根はお勧めです。

しかし高い買い物ですので慎重に選ぶのに越したことはありません。

一人で決めず信頼できる人の意見などを聞きながら決めるようにしましょう。

そしてこれは僕の個人的な意見なんですけど、多くの人はあまり質問したり突っ込んで聞くと業者の人に悪いとか、信用してないように思われないかとか心配するみたいなんですが、そんな事全然気にすることないですよ。

なぜならお金を払うのはこっちだからです!

当たり前の事ですが、その対価としていいものを提供してもらいましょう。

大丈夫!自分の仕事にプライドを持っている業者さんなら皆さんの期待に応えてくれるはずですよ。

ではでは、皆さんがいい屋根屋さんに出会えることを心より願っています。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

TOPに戻る

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です