リフォームしたい!キッチン増設で嫁姑関係はうまく保たれるか?

 

「キッチンは女の城」

このような表現をよく目にします。

親世帯と同居のお嫁さん、あなたのお城が築けなくて苦しい思いをしていませんか?

また「私のお城を荒らさないで」とイライラしているお姑さん、いらっしゃいませんか?

台所に主婦が2人いると、たいていうまくいきません。

 

「買っておいたお肉が、いつの間にか使われている!」

「調味料が切れているのに、買い足しされていない!」

「掃除のしかたが違う!」

 

お姑さんもお嫁さんも、気を使って言い出せないとモヤモヤしますよね。

でも仲良くしたいからこそ、言えないんですよね。

そんな心優しい奥様方、こんなストレスから解放されませんか?

二世帯で暮らしてらっしゃる方々へ向けて、今回は「キッチンの増設」をご提案してみたいと思います。

 

また、親世帯から「キッチンを増設したい」というのは簡単ですが、お嫁さんからは言い出しにくいですよね。

そんなお嫁さんのために記事後半では「親世帯へ『キッチン増設』をうまく伝える方法」をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

キッチン増設のメリット・デメリット

 

あつし
なんか今回はちょっと怖い「女の戦い」になりそうだけど、がんばって紹介していくよ。

 

はるこ
「女の戦い」ってなによ!私はあっくんのお嫁さんとも仲良くできる自信あるわよ~。

 

メリット・デメリット

メリットはもちろん「自分だけの城(キッチン)が築ける」ことですよね。

 

お嫁さんは、仕事で夜遅く帰ってきたご主人にも音を気にせず夕飯を作れます。

お姑さんも、お嫁さんに気を使うことなく冷蔵庫も収納も好きなだけ使えます。

お互い、掃除の仕方が違うことが気になったりしません。

 

ではデメリットは何でしょう?

仮に2階にキッチンを増設したとして、「お嫁さん側」「お姑さん側」「双方のデメリット」に分けて考えたいと思います。

 

嫁側デメリット
お金をかけてリフォームしたら、のちのち親世帯と別居したくなったときに言い出しづらい

 

姑側デメリット
ご近所さんにキッチン増設を知られたら、嫁姑関係がうまくいってないと思われそうで心配

 

はるこ
工事のとき、音を立てないで出来ないものね。ご近所さんへ挨拶もしないといけないし・・・。

 

あつし
こればっかりは、どう思われようが堂々とするしかないかも・・・。

 

 

双方のデメリット
  • リフォーム費用がかかる
  • 上の階になった方が、食材搬入・ゴミ出しのときの階段の上り下りが一苦労。
  • 食事が別々になるとコミュニケーションが少なくなる

 

はるこ
コミュニケーションが少なくなるのは、さみしいわ。

 

あつし
週末は一緒に食卓を囲むとか、他のところでコミュニケーションを多くとるとか工夫が必要だね。

 

キッチン増設の「工期」と「費用」

キッチン増設の工期

キッチン増設の工期は、およそ5日から2週間になります。

 

はるこ
ずいぶん差があるのね。

 

あつし
そうなんだ。「どこに設置するか」によって必要な工事の量が変わってくるからだよ。

 

 

キッチン増設は「設置場所」によって追加工事が発生して、工期に差が生まれます。

のちほど「費用がアップしてしまう追加工事」で詳しくご紹介します。

 

キッチン増設の費用

システムキッチン本体の相場は「キッチンのレイアウト」「キッチンのグレード」によって異なります。

 

レイアウト/グレード

シンプル

スタンダード

ハイグレード

I型キッチン

50~80万円 60~90万円 70~120万円

L型キッチン

65~90万円 75~120万円 85~130万円

対面式キッチン

70~100万円 80~130万円 90~160万円

 

キッチンのレイアウトとは、簡単にいうと「キッチンのかたち」です。

 

あつし
それぞれのレイアウトに関してメリット・デメリットをまとめました。

 

知っておこう!!システムキッチンのリフォーム費用と価格相場!

2018年11月25日

 

はるこ
対面式キッチンは、家族の様子をみながら料理できるところがいいわよね。

 

あつし
でもI型キッチンは、価格も安いし省スペースだからキッチン増設に向いてるかも。

 

本体価格に加え、その他かかる費用は下記のとおりです。

 

  • 給排水工事
  • 電気工事
  • ガス工事
  • キッチン取り付け工事
  • 換気扇取り付け工事
  • 内装工事
  • 廃材処分費用

 

電気、ガスはそれぞれ専門分野の工事者によって、工事が行われます。

 

「キッチン本体」と「工事費」を合わせたリフォーム費用の中心価格帯は、戸建てで100~150万円、マンションで60~90万円になります。

 

キッチンリフォーム費用の中心価格帯
  • 戸建て・・・100~150万円
  • マンション・・・60~90万円

 

はるこ
結構かかるのね~!

 

あつし
次から紹介する「費用がアップしてしまう追加工事」を参考に、リフォーム費用が抑えられるといいね。

 

「キッチン本体の選び方」で格安にキッチンリフォームしたい!という方は、こちらをご覧ください。

システムキッチンリフォーム!費用を格安に抑える方法とは?

2018年12月2日

 

キッチン増設の費用がアップしてしまう追加工事

 

あつし
キッチン本体設置とは別に、追加で工事が発生してしまう点をまとめてみたよ。

 

追加工事が発生する点
  • キッチン増設する場所が畳かカーペット
  • 既存の給湯器の容量が20号以下
  • 既存の配管とつなぎにくい
  • 外壁に面していない場所に設置
  • 階段・入口扉が狭くて、キッチン本体が入らない

 

あつし
ひとつひとつ解説していくね。

 

キッチン増設する場所が「畳」か「カーペット」

キッチンは床にそのまま置くので、畳やカーペットなど柔らかい素材の上には置けません。

防水性があり、キッチン本体が固定しやすいフローリングの上に設置します。

なのでキッチン増設したい場所が「畳」か「カーペット」ならば、フローリングへのリフォーム料金が必要になります。

 

6畳の和室を畳からフローリングへリフォームするときの価格相場は10~25万円です。

床リフォームが必要な方は、こちらをご覧ください。

畳からフローリングにリフォームするときの費用と注意点を紹介!

2019年6月17日

 

既存の給湯器の容量が20号以下

料理を2つのキッチンで同時に行うと、使うお湯の量が増えます。

「お風呂を沸かす」「2つのキッチンでお湯を使う」これらを同時に行うと、必要な給湯器は24号以上になります。

 

引用:給湯器の交換・取り付け工事は水猿

 

現在使用している給湯器が16号・20号の場合は、交換・追加を検討してください。

使用中の給湯器の号数は、給湯器に貼られたシールを見るとわかります。

引用:給湯器の交換・取り付け工事は水猿

 

給湯器の交換目安は15年です。

既存の給湯器が新しい場合は、増設するキッチンには追加で給湯器設置をおすすめします。

 

はるこ
うちは何号かしら?ちょっと見てくるわ~。

 

あつし
(この家を二世帯住宅にリフォームする気なのか・・・?)

 

既存の配管とつなぎにくい

キッチン増設場所の理想は「1階キッチンの真上」です。

配管を1階キッチンの既存設備につなぐので、最短距離でつなぐと配管を延長せずにすみます。

1階キッチンの配管は床や壁に埋め込まれていますが、2階にキッチンを増設する場合は外壁に沿って配管を固定します。

 

引用:東栄ホームサービス

 

「1階のキッチン真上」以外の場所に設置するとなると、配管延長の料金が必要です

 

外壁に面していない場所に設置

理想はキッチンの背面か側面が「外壁に面していること」です。

先ほど述べたように、既存の設備に配管をつなぐとき外壁を添わせてつなぎます。

キッチンを廊下に面した壁など「外壁と接点がない場所」に設置するならば、「配管」や「換気扇ダクト」の延長料金が必要になります。

 

階段・入口扉が狭くて、キッチン本体が入らない

システムキッチンの天板は意外に長いです。

2階以上に増設するとなると、キッチン本体をリフォーム業者が階段を通って持って上がることになります。

このときキッチン本体が、階段や入口扉を通れたら何の問題もありません。

しかし「階段のかたち」や「天井との距離」によって、天板が通らない可能性があります。

通らない場合は、クレーン車や高所作業車を使って窓から搬入することになります。

キッチン選びの段階で、リフォーム業者と搬入経路について打合せしてみてくださいね。

 

キッチン増設の注意点

 

増設するキッチンの間取りについて、注意点が2つあります。

 

キッチン本体以外のスペースの確保

キッチン本体以外に必要なスペースは4つあります。

  • 食器棚スペース
  • 冷蔵庫スペース
  • ゴミ箱置き場スペース
  • 通路(対面式キッチンの場合)

 

食器棚は大きいものは必要ありませんが、全くないと不便です。

普段使う食器だけ置いて、大皿が必要なときはメインキッチンに取りにいくと良いでしょう。

 

冷蔵庫は、増設するキッチンで「どれくらい料理するか」を考えてみるといいですね。

簡単な朝食・お弁当程度しか料理しない予定ならば、単身用冷蔵庫ぐらいのスペースで十分です。

 

意外に盲点なのが「ゴミ箱置き場」です。

せっかくキッチンを増設してくつろげる食卓をつくったのに、生ごみ臭いゴミ箱が目に付くと気分下がりますよね。

おすすめは「ダイニングから見えないところ」です。

パントリー(食品庫)の下部に収納したり、システムキッチン内部に収納したり、扉で隠せばスッキリします。

 

対面式キッチンをお考えの方は、I型・L型キッチンに比べて広いスペースが必要になります。

しかし、通路を狭くすると「冷蔵庫が開けにくい」という事態になりかねないのでご注意を。

 

2階に設置する場合は、1階の寝室の上にキッチンを設置しない

親世帯と子世帯で「食事をとる時間が違う」という二世帯は、キッチン設置場所に注意が必要です。

子世帯が2階に増設したと仮定します。

親世帯が寝ている時間に、子世帯が料理したり食事をしたりしているとどうでしょう?

ダイニングの椅子を引く音、料理中に移動する足音は下の階に意外に響きます。

親世帯はうるさく思うし、子世帯も気を使ってピリピリします。

 

はるこ
わざわざキッチンを増設したのに、これではもったいないわね。

 

あつし
親世帯・子世帯のライフスタイルを考えたうえで、設置場所を検討してください。

 

 

最大の難関・親世帯にうまく伝える方法

 

はるこ
あっくんのお嫁さんに「キッチンを別々にしたいんです」って言われたら、「私、なにかしたかしら?」って思っちゃう。

 

あつし
うん。確かにそうとっても仕方ないよね。でもそんなことじゃないと思うんだ。お嫁さんの気持ちを考えたら「これからも一緒に住みたいから、適度な距離をとりませんか?」ってことなんじゃないかな?決して母さんが嫌なわけじゃないと思うよ!母さんの好みに合ったご飯が作れなくて落ち込んでるかもしれない。または母さんに気を使わせていること自体に罪悪感を感じてるかもしれない。仕事・育児に忙しくて嫁として十分に母さんに配慮できないから、それならいっそ適度な距離を置いた方が、母さんの負担にならないんじゃないかな~と思って言い出したことかもしれないよ!母さんが何かしたとか、お嫁さんが悪いとか、そんなことじゃないと思うんだ!

 

はるこ
まだお嫁さんいないのに、やけにしゃべるわね・・・。

 

お嫁さん側から「キッチンを増設したいです」と伝えることは、なかなか勇気のいることですよね。

一歩間違えると、親世代との仲がギスギスして居心地悪くなるかもしれません。

 

そこで2つ提案します。

 

ミニキッチンなら許してもらえるかも!?

食卓を一緒に囲みたくない!と思われることは避けたいですよね。

本格的な料理には向かないミニキッチンなら、「夕食は一緒に食卓を囲みます!」という意思表示にもなるでしょう。

ミニキッチンはしっかりとした夕飯を作るにはコンロが足らなかったり、シンクが狭かったりと機能は不十分です。

しかし簡単な朝食やお弁当作りは、気兼ねなくできるようになります。

それだけでもストレスは軽くなりそうですよね。

 

はるこ
ちょっと待ったー!ミニキッチンが欲しいのは私よーっ!

 

あつし
母さんはミニキッチンに、べた惚れだもんね。

 

ミニキッチンといえば単身用賃貸に取り付けられているイメージが強いですが、最近ではとてもおしゃれな商品がでています。

 

引用:サンワカンパニー

 

 

引用:サンワカンパニー

 

詳しくはこちらをご覧ください。

二世帯住宅にリフォームするなら、今話題のミニ キッチン!価格も調査!

2019年3月12日

 

はるこ母さんみたいなミニキッチンがいいお義母さんでしたら、メインキッチンをありがたくいただきましょう。

 

キッチン増設をメインリフォームと思わせない

他のリフォームも一緒にして、「キッチン増設が目的と思わせない」ようにしてはいかがでしょうか?

 

ただ2階のミニキッチンを作るまでには姑を納得させるまでが大変でした。1度、言い方が悪かったのかバトルになりました。しばらくそのミニキッチンの話はしないでおき、うちは二人目を妊娠したときにチャンス到来!!とばかりにまた話をしました。理由は、ミルクを作ったり離乳食を作ったりしたいと。洗濯物も多くなるし洗濯物干す部屋もあったらいいしついでに大量に洗濯したいときに洗濯機もあったらいいとお伺いをたてる感じで話をしたら、姑も納得してくれました。

引用:yahoo知恵袋

 

あつし
この方は「洗濯機と干す場所の増設」をメインリフォームと思わせたんだね

 

はるこ
私もお姑さんに気を使っていたころを思い出したわ。

 

子世帯の子ども達が増えたら、「朝、トイレが足らないのでトイレを増設したい。」でも良いかもしれませんね。

 

また大家族は、全員がお風呂に入るのに時間がかかります。

「お風呂を増設したい」でも良いかもしれませんが、この場合は水道代・光熱費がかさむのでご注意を。

 

今後ストレス少なく一緒に住むためにも、キッチン増設するときは親世帯・子世帯のあいだで十分なコミュニケーションをとって決められたらいいですね。

 

リフォームしたい!キッチン増設で嫁姑関係はうまく保たれるか?【まとめ】

 

キッチンリフォーム費用の中心価格帯
  • 戸建て・・・100~150万円
  • マンション・・・60~90万円

 

追加工事が発生する点
  • キッチン増設する場所が畳かカーペット
  • 既存の給湯器の容量が20号以下
  • 既存の配管とつなぎにくい
  • 外壁に面していない場所に設置
  • 階段・入口扉が狭くて、キッチン本体が入らない

 

あつし
キッチン本体以外の「冷蔵庫」や「ゴミ箱置き場」のスペースも考えて決めてね。

 

はるこ
寝室の上にキッチン作っちゃダメよ~!

 

 

親世帯にキッチン増設を許してもらうには・・・。
  • 増設するキッチンをミニキッチンにして、「一緒に食卓を囲みたくない」と思わせない。
  • ほかのリフォームも同時に行うことで、「キッチン増設が目的」と思わせない。

 

あつし
お互い気を使い合っているお姑さん・お嫁さんなら、キッチン増設の話も案外すんなりまとまるかもね。

 

はるこ
私はミニキッチンが、早く欲しいけどね~♪

 

忙しい朝や仕事で疲れた夜に、料理するだけでもストレスですよね。

そんなキッチンが、できるだけ気を使わない空間でありますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です