介護リフォームの施工例!高齢者社会に向け失敗しない4選

 

高齢な家族を介護しているドキュメントを最近テレビで見かけるようになりました。介護生活に肉体的な疲労は必ずついて回ります。

そういった負担や心労を軽減してくれる方法として介護リフォームがあります。

 

住み慣れた街で長く暮らしていくためにも、介護リフォームの施工例4点を知っておきましょう。

 

介護リフォームをしないと家族を自宅で介護できない、自宅で家族を介護しているが、お風呂やトイレ、玄関での介護が大変という方必見です!!

 

今回は、介護負担になる日常生活動作、玄関の上り下り廊下での移動排泄入浴の場面での介護リフォームの施工例を解説していきます。

 

介護リフォームについて

 

介護リフォーム施工例の前に介護リフォームについて簡単に解説していきます。

 

1 住宅改修の概要

 要介護者等が、自宅に手すりを取り付ける等の住宅改修を行おうとするときは、必要な書類(住宅改修が必要な理由書等)を添えて、申請書を提出し、工事完成後、領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を提出することにより、実際の住宅改修費の9割相当額が償還払いで支給される。

 なお、支給額は、支給限度基準額(20万円)の9割(18万円)が上限となる。

引用:介護保険における住宅改修

 

少し難しいように書かれていますが、要約すると、要介護者が自宅に手すりを付けるときには書類を出して、工事が終わったら領収書を出してくれたら改修費を支給しますよ!ということです。

 

介護リフォームは介護される側のためであるとともに、介護する側のためのものでもあるのです。

 

補助金や制度に関しては下記の記事をご参照ください。

介護リフォームとは

介護リフォームとは何ぞや?目的から補助金制度まで徹底解説!

2019年5月28日

 

はるこ
母さんが年取ったら、あっくん面倒見てくれる?

 

あつし
急にどうしたのよ…そりゃ大丈夫だよ!最近は介護リフォームで介護がしやすい家に工夫ができるからさ!!

 

はるこ
さすがあっくん!!でも、介護リフォームって実際どんな感じになるのかしら?

 

あつし
そうだね…介護リフォームって玄関の手すりのイメージが多いよね。介護リフォームにはこんな施工例があるんだよ!!

 

介護リフォームの施工例

 

介護リフォームの施工例1(玄関)

引用:㈱横澤建築福祉環境サービス

 

玄関の出入りの際に必要な動作は階段を昇降することですが、足腰が弱ってきたり、車いすが必要になると家に入ること自体が困難になってしまいます。

 

これは、玄関の段差に対し、手すりを付けて上りやすくなるように介護リフォームされています。

上がり框(かまち)にも手すりが設置されているので、中で靴を脱ぐときも手すりを持ちながら靴を脱げて安心です。

 

引用:株式会社 シコク

 

もし脊髄損傷による半身不随などで歩行が困難でも、スロープを使用することにより、車いすのまま家に出入りすることが可能です。

 

玄関の介護リフォームに関しては下記の記事もご参照ください。

介護リフォームで玄関を安全に!成功するコツ・ポイントは?

2019年6月3日

 

介護リフォームの施工例2(廊下)

自宅で介護が必要になった際、移動が安全にできないと転倒し、再度骨折する…ということはよくある話です。日常生活での移動範囲は、自室からリビング、台所、トイレ、お風呂場と廊下を通ることが多くなります。

 

おもに廊下に手すりを付けるのであれば、導線(介護を必要とする家族が通るであろう通路)を中心に手すりを付けることが望ましいです。

 

引用:リフォームの広場

 

廊下の介護リフォームのポイントは手すりに目が行きがちですが、実は床材も重要です。

 

廊下はフローリングのことが多く、転倒した時の衝撃を緩和させるために絨毯を敷いたりされる方もおられますが、絨毯も善し悪しがあります。

 

絨毯を敷いた床で杖や歩行器を使用すると車輪が引っかかったり、杖を突いたときに滑ってしまうことがあります。

 

伝い歩きが安全に行えるのであれば、手すりのみの設置でフローリングの床が良いでしょう。

 

介護リフォームの施工例3(トイレ)

引用:株式会社 永澤住宅設備

 

トイレの介護リフォームはまず、和式トイレを洋式トイレに変更する必要があります。しゃがんで排泄をするよりも座って排泄できる方が楽なことは想像がつきますよね。

 

また、トイレに入るために開き戸だと入りにくいため転倒しやすくなってしまいます。

ドアを引き戸にすることで、車いすや杖、歩行器を使用しても入りやすくなります。

 

車いすを使用しているのであれば、トイレの部屋を大きくし、トイレへ移りやすくするなど工夫が必要になります。

 

介護リフォームの施工例4(お風呂)

引用:TOTO お風呂 介護リフォーム

 

お風呂場の介護リフォームはまず浴槽に入りやすく、シャワーチェアから立ちやすいようにすることが基本となります。

 

手すりを付けるのがオーソドックスです。上の写真のように、シャワーの近くに建て手すりを設置することで立ち座りがしやすくなります。

 

浴槽に座れるスペースがあれば座りながら浴槽に入ることができるので、安全に入浴介助ができます。

 

浴室の介護リフォームに関しては下記の記事もご参照ください。

介護リフォームで浴室を安全快適に!気になる費用相場とポイント

2019年6月14日

 

はるこ
すごいわねえ!!こういうリフォームがあるなら将来安心だわ!!

 

あつし
手すり以外にもスロープや段差をなくしたりとほんとにいろいろあるからね!!知っておいて損はないと思うよ!!

 

福祉用具という選択肢

 

介護リフォームには補助金制度があります。

補助金制度に関しては下記の記事を参照してください。

 介護リフォームってどんなもの?補助金の申請はどうすればいい?

2019年3月29日

 

補助金より費用が掛かってしまう場合や、手すりを付けるのは良いがあまり家に穴をあけたくない場合は、福祉用具という選択肢をお勧めします。

 

福祉用具は購入もできますが、レンタルも可能です。レンタルすれば、もし介護する方が元気になり、設置した福祉用具を使用しなくなった場合には返却することも可能です。

家の環境を複数箇所整えたい方に関しては福祉用具をお勧めします。

 

手すり

引用:株式会社 モルテン

 

写真のように玄関に設置する方法もありますが、よく使用されている方法として、廊下の手すり替わりに使用しているケースも多いです。

 

また、小さいタイプもありますので、キッチンや寝室に使用するケースもあります。

狭いスペースで壁に手すりが設置できないときにも使用できます。

 

スロープ

引用:ヤマシタ、シマシタ。

 

段差により、車いすで玄関の出入りができないときに使用されます。段差の高さに応じて長さが変わるので専門職の方に相談し検討した方が良いです。

 

車いすでの介助が必要であれば、リフォームより簡単に玄関の出入りを改善できます。

 

トイレ用手すり

引用:快適空間 スクリオ

 

「手すりを設置してもあまり使わない」、「トイレに手すりを設置するより他の所にリフォームの補助金を使いたい」といった時などに選択されます。

 

手すりの高さも調整できますので、立ち上がりしやすい高さにすることもできます。

 

介護リフォーム施工例失敗しない4選のまとめ

 

介護リフォームは自宅での生活を安心して安全に継続していくためにも重要なツールです。

 

しかし、介護をする人の動きに合わせて手すりの高さや場所などをチェックしないといけません。

 

介助をする家族だけでどうリフォームするかを考えるのではなく、ケアマネージャーや担当している専門職の方と相談しながらリフォームを進めていくことをお勧めします。

 

補助金や介護保険など難しい話もあるので、書類のことでわからないことなどもケアマネージャーに確認すれば親切に答えてくださると思います。

 

今回の記事で介護で困っている方やこれから介護リフォームをすることを考えている方の参考になればと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です