住宅ローンの審査に落ちた、理想のマイホームは手に入れるためには?

 

そろそろ家を買って安心した暮らしがほしいな。

 

マイホームといえば新築!

 

そう思い込んでいる方も多いのではないですか?

 

だけど新築の物件は値段が高いですよね?

 

一般的に住宅を購入するさいの基本として、頭金の準備は物件価格の2割は準備する。

 

はるこ
1500万円の物件なら頭金は300万円!

 

返済ローンは年収の5倍以内におさめると支払いが滞りなくできると言われています。

 

住宅を購入するなら、住宅ローンを組まなきゃいけない人は多いはずですよね?

 

住宅ローンを組むときの審査は金融機関によって違いますが、落ちてしまう理由はいくつか考えられます。

 

あつし
審査基準を公表している金融機関は少ないよ…

 

自分の収入内で返済に余裕のある住宅を買わないと辛くなるの想像できますよね?

 

だったら、新築か中古の物件で迷うのはおかしいと思いませんか?

 

確かに新築の物件には夢があります。

 

しかし、中古の物件にも新築に負けないメリットがあります。

 

それは、値段の安さリフォームで理想のマイホームにできるところです!

 

自分や家族が安心して暮らせる家を手に入れるために一緒に学んでいきましょう!

 

住宅ローンの審査に落ちた理由

 

まずは住宅ローンの審査に落ちた理由を探していきましょう。

 

大きく分けて、一発で審査に落ちる場合いろいろな条件が重なって審査に落ちる場合が考えられます。

 

それぞれの理由について紹介します。

 

住宅ローンの審査に一発で落ちる理由

 

住宅ローンの審査に一発で落ちる理由は一つしかありません。

 

それはクレジットカードの支払い遅延です。

 

CICやJICCといった信用情報機関があります。

 

ここにクレジットカードの支払い遅延についての情報が載っています。

 

住宅ローンの審査のさいに、金融機関はCICなどに情報を取り寄せます。

 

ここで「異動」が書かれていると住宅ローンの審査には通りません。

 

「異動」とは「ブラックリストに載る」ことだと思ってください。

 

クレジットカードの支払い遅延が61日以上あると信用情報機関に「異動」が書かれてしまいます。

 

【ブラックリストでも住宅ローンが組める可能性はあるの!?】

夫婦の場合は、住宅ローンを組める可能性があります。

 

旦那さんが信用情報機関のブラックリストに載っていますが、奥さんの信用情報には「異動」が書かれていない状況だとしましょう。

 

銀行はリスクを嫌うため、たとえ奥さんの名義で申請したとしても「旦那の信用情報を見せてください」と確認する場合があり、「異動」と書かれていると住宅ローンの審査に落ちてしまいます。

 

しかし、フラット35では、奥さんの名義で住宅ローンが組める場合があります。

 

金融機関によっては、片方の信用情報だけで住宅ローンが組めるところもあります。

 

住宅ローンの審査に落ちたからといって諦めないで、別の金融機関に相談にいってみましょう。

 

住宅ローンの審査に落ちる複数の理由

住宅ローン審査に落ちるには以下のような理由が考えられます。

 

住宅ローン審査に落ちる理由
  • 消費者金融に借りれがある
  • 過去に借り入れの返済が遅れたことがある
  • 返済負担率がいっぱいの申し込み
  • 住宅ローン以外の借り入れがある
  • 勤続年数が短い
  • 派遣社員やアルバイトといった雇用形態
  • 歩合給
  • 金融機関の定める最低年収を満たしていない
  • 購入物件が金融機関の融資条件を満たしていない
  • 勤務先が親の会社
  • 税金を払っていない
  • 独身

 

たくさんありますが、これらの理由が一つあるだけで住宅ローンの審査に落ちることはあまりありません

 

例えば住宅ローンの申込者の雇用形態がアルバイトで、車のローンが残っている。

 

しかも、ほかの金融機関から別の借り入れがある。

 

この場合は住宅ローンの審査には通らないでしょう。

 

金融機関によって審査の基準がちがうので、落ちたら別の金融機関へ…と挑戦してみるといいかもしれません。

 

住宅ローン審査における実店舗のある銀行とネットバンクの違い

 

 

 

実店舗のある銀行とは、窓口やATMなど対面で業務を行う銀行を指します。

 

預金通帳があるのも特徴です。

 

かわってネットバンクとは、対面での業務が少なくインターネットを通して、24時間取引のできる銀行を指します。

 

ネットバンクには2種類あり、

 

  • インターネット専業銀行
  • ネット専用の支店を持つ銀行

 

それぞれが手数料を下げて、利便性をあげています。

 

従来の実店舗のある銀行よりも預金金利が高く、もろもろの手数料が安いところが多いです。

 

住宅ローンの審査における違い

 

ネットバンクの特徴として、万が一住宅ローンの返済ができなくなった場合に保証会社に支払うローン保証料が無料。

 

しかし、事務手数料が実店舗のある銀行よりも高めです。

 

実店舗のある銀行では金融機関による違いはなく、3万円+消費税となっています。

 

ネットバンクの事務手数料は安いところでも、5万円+借入金の2%です。

 

また住宅ローンの審査期間にも違いがあります。

 

ネットバンクは書類の郵送時間がかかるため、実店舗のある銀行よりも審査に時間がかかります。

 

ネットバンクのメリット・デメリット

 

メリット
  • 定期預金の金利が高い
  • コンビニATMなど簡単に入出金ができる
  • ネット上で取引を完結できる
  • 預金通帳がなくスマホのアプリなどで手軽に管理できる
デメリット
  • IDやパスワードを忘れると使えない
  • ATMの利用に手数料が取られる
  • 窓口がないため、通信障害が起きると利用できない

 

ネットバンクの種類

 

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

 

中古物件のリフォームで理想のマイホームに!

 

住宅ローン審査に落ちてもやっぱり、理想のマイホームは諦められないですよね。

 

そんなとき、新築よりも安く抑えられる中古物件でもいいのではないのでしょうか。

 

新築の注文住宅ならば理想の部屋に近づけることはできますが、どうしても値段が高くなってしまいます。

 

自分の収入に見合っていて、しかも理想の部屋に近づけれるのが中古物件のいいところです!

 

中古物件のリフォームといっても、いくつか種類があります。

 

あつし
キッチンやバス、浴槽のリフォームから…

 

はるこ
トイレやリビング、ダイニングもあるわね!

 

あつし
これらすべてのリフォーム、全面改装もあるね!

 

中古物件をリフォームすることによるメリットは、理想の部屋を安価な金額で叶えるという点です。

 

キッチンのリフォームについて詳しく書いてある記事はこちら。

 

リフォームしたい!キッチン増設で嫁姑関係はうまく保たれるか?

2019年7月14日

 

トイレのリフォームについてはこちら。

 

トイレのリフォーム。2大メーカーTOTOとリクシルを徹底比較!

2019年7月20日

 

床のリフォーム費用についてはこちら。

 

おしゃれは足元から?床のリフォーム費用と価格相場をまとめました!

2019年4月18日

 

全体リフォームの節約術をまとめた記事はこちら。

 

リフォームの節約術!本当につかえる厳選コスパ10選をご紹介!

2019年7月2日

 

最近はリフォーム会社と打ち合わせをするのが面倒な人のために、リフォーム済み中古物件もあります。

 

これには注意点もありまして、旧耐震基準の物件は避けましょう。

 

また、リフォーム箇所のチェックは念入りにしてください。

 

不動産屋に悪意がなくても、後々のトラブルになりやすい点です。

 

やっぱり、理想のマイホームのために、自分で中古物件を探してリフォームすることをおすすめします。

 

住宅ローンの審査に落ちた、理想のマイホームは諦めないためには? まとめ

 

今回は、住宅ローン審査に落ちた理由について紹介しました。

 

住宅ローンの審査に落ちてしまう理由についてまとめておきます。

 

落ちる理由
  • ブラックリストに載る
  • 住宅ローン以外に借り入れがある
  • 正社員以外の雇用形態で勤続年数が少ない
  • 金融機関の融資条件を満たしていない
  • 自営業や歩合給
  • 税金を納めていない

 

また、住宅ローンのおける実店舗のある銀行とネットバンクの違いについて紹介しました。

 

ネットバンクのメリットについてもまとめておきます。

 

メリット
  • 定期預金の金利が高い
  • スマホのアプリなどネット上で取引が完結する
  • 全国どこでも入出金ができる
  • ローン保証料が無料

 

住宅ローンの審査に落ちてしまう理由はいくつもありますが、審査の基準は金融機関それぞれです。

 

また、中古物件をリフォームするなど、理想のマイホームを手に入れるための方法がいくつもあります。

 

あつし
中古物件のリフォームという考えが浮かばなかった人へ届けばいいな…

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

TOPに戻る

>>賢いリフォーム会社の選び方

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
600記事のリフォーム情報を書き上げてきた僕が、あなたに自信を持ってオススメできる見積サイトを3つ厳選してご紹介します!

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です