住宅ローン審査期間を短くするコツ! 知って得する5か条とは?

 

一戸建てやマンション購入時の強い味方が住宅ローンですね。

 

融資を受けるためには審査が必要ですが、どのくらい待てば審査結果が出るのでしょう?

 

「もしも、審査に通らなかったら…」と毎日不安になりながら待っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

実際、住宅ローン審査期間が長引く場合もあるので、審査の申し込み前にポイントをおさえておくことで審査期間を短くできたら嬉しいですよね。

 

スケジュール上、住宅ローン審査期間が長いと困る方、できるだけ短い期間で審査を通したい方は、この記事を読んでスムーズに審査を進めましょう!

 

住宅ローン「審査基準」と「審査期間」

 

あつし
住宅ローンやリフォームローンについては、これまでにも結構調べたりしてきたよね。母さんも詳しくなったでしょ。

 

はるこ
でもねぇ。お友達の息子さんが家を建てるんだけど、住宅ローンの審査結果がなかなか出ないんですって。

審査基準とか審査期間とかやっぱりわからなくて、一緒にお茶しながら困って終わったわ。

 

あつし
ま、そうだろうね。

じゃあ、まずは住宅ローン審査の基準から軽くおさらいしていこうか。

 

住宅ローン審査の手順&審査基準を確認

 

知っているようで知らない住宅ローン。

 

一体何を審査しているのか、待っているだけで詳細がわからないと不安ですよね。

 

住宅ローン審査には事前審査(仮審査)本審査という2つの段階があります。

 

物件の売買契約前に、ある程度のローン返済能力を判断するために行うのが「事前審査」

 

そして、融資を実行するため、物件の売買契約後に行うのが「本審査」です。

 

では、住宅ローン審査においてはどんな項目が重要視されるのでしょうか。

 

  • 借り入れ時、完済時の年齢

  • 健康状態

  • 年収

  • 自己資金がどのくらいあるか

  • 他の借り入れがあるか

  • 雇用形態

  • 勤続年数はどのくらいか

  • 業種や勤務先について

  • 個人信用情報

  • 物件の担保評価    など

 

金融機関が見たいのは、融資した金額をきちんと返済してくれる能力があるかどうか、というところです。

 

申込者の健康状態や年齢、信用情報はもちろんのこと、購入予定の物件が担保としてどのくらい価値があるかといった部分も審査基準となります。

 

住宅ローンの審査基準についての詳しい説明は、こちらをご覧ください。

住宅ローンの審査基準とは?重要な7つのチェックポイント

2019年8月7日

 

住宅ローン審査期間は一般的にどのくらい?

気になる住宅ローンの審査期間ですが、申し込んでから結果を得られるまで、だいたいどのくらいかかるのでしょうか。

 

 

上の図のように、住宅ローン審査にかかる期間というのは、まず事前審査に3~4日程度

 

それに合格すると本審査に数週間かかり、合計約2ヶ月程度で審査完了、その後契約というのが一般的な目安と言われています。

 

注意したいのは、トータル査期間というのは「金融機関が審査にかけている日数」だけではないということ。

 

  • 事前審査前に必要書類を揃える時間
  • 事前審査の結果が郵送される時間
  • 本審査前に追加書類が必要であれば、それを揃える時間
  • 本審査の結果が郵送される時間  など

 

はるこ
必要書類を取りに行ったり、電話で頼んで郵送してもらったりするのって結構時間かかるもんなのよね。

 

あつし
そうそう。審査されている間だけを気にしがちだけど、書類の準備とか郵送とかにかかる日数も少し多めに見積もっておいた方が余裕が持てるよ。

 

金融機関によって審査期間は違うの?

 

住宅ローン審査は金融機関によって、基準だけでなく審査にかかる期間も異なります。

 

万が一融資が難しいと判断された場合は早めに連絡がくることが多いので、審査に時間がかかっていたとしても、それが悪いことだとは限りません。

 

引用:やさしい住宅ローン比較ガイド

 

主要金融機関の住宅ローン審査期間を見てみると、事前審査・本審査の日数はまちまちですが、契約までの期間は2ヶ月以内に収まっています。

 

審査を遅らせる何らかの要因がなければ、スケジュールに約2ヶ月の余裕を持つことで焦らず済みそうです。

 

金融機関のタイプによっても特徴があるので知っておきましょう。

 

ネット銀行の場合

ネット銀行と聞くと、銀行窓口へ行く必要がなくWebでやりとりができるため、結果がすぐにわかり審査期間が短く済みそうな印象です。

 

しかし、店舗で面と向かって話せないことで、書類に不備があった際などの郵送日数で結果としてトータル審査期間がかかってしまうというリスクもあります。

 

ネット銀行を住宅ローンで利用する際は、不備やケアレスミスで必要以上に時間がかからないよう気を付けて、ネットならではのメリットを生かしましょう。

 

メガバンクの場合

メガバンクでは近年、住宅ローン審査にAIが導入されつつあり審査のスピードアップが進んでいます。

 

具体的には、Webサイトに必要事項を入力することで事前審査の結果が即日得られる等、申込者はスピーディーに結果を知ることができ、銀行側も業務を効率良く進められます。

 

また、ネット銀行と違い、店舗で手続きについて担当者に直接確認できるので、不明点をすぐに明らかにできるというのが良いところです。

 

新生銀行のように事前審査なしという銀行もありますので、スムーズな審査にするためには書類不備等がないようしっかり確認することが必須となりますね。

 

住宅ローン審査期間を長引かせる原因とは

 

はるこ
ねぇ、あっくん。お友達の息子さんのように、ちょっと審査に時間がかかっている場合って何でなのかしら。

変な子じゃないのよ?優しいし、ちゃんと働いてるし。

 

あつし
うーん、その人の原因が何かはわからないけど、住宅ローン審査を長引かせてしまう原因となりやすいのが次の4つのことだよ。

 

【年齢】

具体的に何の年齢かというと、住宅ローン完済時の年齢が大切となってきます。

 

完済時に80歳を超えるようだと、審査が通るか微妙なところで時間がかかるのは否めません。

 

【勤務先・雇用形態】

勤務先と雇用形態は、その人の収入安定度を知るためのものです。

 

フリーランスや契約社員だと収入が不安定であると思われがちなので、審査が慎重となり時間がかかってきます。

 

しかし、公務員や会社員でないからといって住宅ローン審査が通らないわけではないので、しっかりと準備をして臨みましょう。

 

個人事業主の方向けの住宅ローン審査のポイントは、こちらの記事をご覧ください。

住宅ローン審査は個人事業主でも通る?重要な5つのポイントとは

2019年9月22日

 

【年収】

長期的にきちんと返済できるかを年収で見ます。

 

年収に対しての返済負担率が高いと、後々返済が苦しくなってくる可能性があるからです。

 

金融機関はリスクを嫌いますので、年収と返済負担率、借り入れ金額のバランスチェックに時間を要するかもしれません。

 

【信用情報】

そして審査に外せない信用情報です。

 

過去にクレジットカードやローン返済等で延滞記録があると、住宅ローンの返済も滞るのではないかと懸念され、審査が長引くこととなります。

 

金融機関はひとつじゃない!諦めずによく調べよう

では、これらの項目に不安要素がある場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

どれも今日明日ですぐに対策を取れるような内容ではありませんが、自分にとってネックとなっている項目が、全ての金融機関で必ず不利になるとは限りません。

 

 

上の表は正社員以外でも住宅ローン審査申込みができる金融機関をいくつかまとめたものです。

 

近年増加中の多様な働き方に伴って、住宅ローンの申し込みにおいても、雇用形態を正社員に限らない金融機関が増えてきています。

 

勤務先・雇用形態年収という2つの項目をピックアップしましたが、条件が厳しくないので

「ここなら申し込める!」

と意気込んだ方もいるのではないでしょうか。

 

ただ、審査基準の部分でもこれまで説明してきた通り、審査は1つの項目だけを見るものではありません。

 

住宅ローン審査は様々な項目をチェックして総合的に判断されるので、条件が優しいからといって決して審査が甘いわけではないということを心しておきましょう。

 

はるこ
派遣社員やアルバイトでも申し込めるところがあるし、年収に条件がないのはいいわね。

 

あつし
でも、その分他の項目を見られるから、しっかりした準備が必要だよ。

例えば、正社員以外なら、勤続年数の長さや年収額で収入の安定度を示したり年収額が不安なら、頭金を増やして借り入れ額を少し下げたりといった感じでね。

 

はるこ
不利な部分をカバーできないか工夫してみるってことね。

 

少しでも短い期間での審査通過を目指すなら、視野を広げて金融機関の特徴を見極め、事前に多くの選択肢を考えておくことが大切です。

 

住宅ローン審査期間を短くするならココをcheck!

 

先ほど説明した審査期間を長引かせる原因に当てはまらない場合、つまり、住宅ローン審査の条件として有利なものを揃えていれば、審査が短期でスムーズに進むと考えられます。

 

  1. 年収に見合った借り入れ金額で申し込む
  2. 勤続3年以上で収入が安定している
  3. 他に借り入れがない
  4. これまでに支払いの延滞等がない
  5. 過去に大病をしておらず健康である

 

一覧として見てみると確かに好条件のオンパレードですね。

 

これなら金融機関も安心して前向きに審査してくれそうです。

 

それぞれ少し詳しく説明していきましょう。

 

年収に見合った借り入れ金額で申し込む

先ほど審査が長引く原因でもお話ししたように、年収に対しての返済負担率が高いと、後々返済が苦しくなってくる可能性があります。

 

自分にとっての適切な借り入れ金額はどのくらいなのか?

 

最近ではWeb上で年収や借入期間といった必要事項を入力すると、即座に借入可能額や返済額を計算してくれるローンシミュレーターという便利なサービスがあります。

 

引用:じぶん銀行住宅ローンシミュレーター

 

金利は金融機関によって異なるので差は出てきますが、仮に年収が400万円借り入れ期間を35年と設定してみます。

 

あっという間に、借入可能額は2,600万円毎月の返済額は79,786円というところまで計算してくれるので、自分の年収に見合った借り入れ額というのがイメージしやすいですね。

 

年収に対して無理のない額を借り入れ金額としていれば、金融機関が融資に対して不安を感じることもなく、審査もスムーズに進むはずです。

 

勤続3年以上で収入が安定している

金融機関が重要視しているのが返済能力なので、やはり勤務先が大手企業だったり公務員だったりという人は、長期的に安定した収入が得られると想定できますよね。

 

さらに住宅ローン申し込み時の勤務先が勤続3年以上だと信用度がグンと増します。

 

勤続年数が長いと、申込者の収入の安定性や今後の年収アップが見込めるからです。

 

そのため、スムーズに審査を進めるためには、ある程度仕事の基盤が整ってから住宅ローンを考えるというのが得策です。

 

他に借り入れがない

現在他のところに借り入れがあるということは、二重でローンを返済していくということです。

 

審査のポイントの一つとなる年収に対しての返済負担率は、他の借り入れの返済額+申し込もうとしている住宅ローン返済額が対象となります。

 

何か借り入れをしている際は、住宅ローン審査に申し込む前に完済してしまうことを強くオススメします。

 

もしくは、頭金をできるだけ多く用意することで返済負担率を少しでも抑え、金融機関の信用度を高められるよう工夫しましょう。

 

これまでに支払いの延滞等がない

住宅ローンの審査時に、個人信用情報は確実にチェックされます。

 

忘れていて口座残高が少なかった、という悪意のない遅延だとしても信用情報にはマイナス表現で表されてしまうことに。

 

もし過去に延滞経験がある場合は、情報がクリアとなるまで住宅ローン申請を待つか、自分で信用情報を取り寄せて確認してみましょう。

 

信用情報についてや、住宅ローン審査通過のポイントはこちらをご覧ください。

住宅ローン審査が通らない人の原因!審査を通過させる方法とは?

2019年10月14日

 

過去に大病をしておらず健康である

住宅ローンは通常、完済まで20〜30年かかることが多いです。

 

完済時の年齢が80歳を超えると審査に通りにくくなることからもわかるように、現在から20年もしくは30年後もしっかり返済できるという健康基盤が求められます。

 

体のことは自分で気を付けて完全にコントロールできるものではありませんが、過去に大病をしておらず現在も健康であれば、審査に影響を及ぼすことはないと考えられます。

 

オマケ:Web申し込みのできる金融機関を利用する

これらの5つのポイントの他に、ちょっとした裏技もご紹介しましょう。

 

それが【Web申し込みのできる金融機関を利用する】ということ。

 

先ほど金融機関タイプによる審査期間の違いをお話ししましたが、申し込みをWebで行なっている金融機関だと、即日で事前審査が終了するという場合があります。

 

そして、Web申し込みを行なっているのはネット銀行だけではありません。

 

店頭で申し込む場合とWebで申し込む場合とでは同じ金融機関でも審査期間に違いが生じることもあるので、どちらが自分にとって好都合か、ぜひ事前に確認してみてくださいね。

 

審査期間中に注意したいこと

 

せっかく住宅ローンの事前審査を通過したのに、ちょっとしたミスで自分を窮地に追い込んでしまうこともあり得ます。

 

住宅ローンの事前申し込みをしたら、審査期間中には次のことに気を付けましょう。

 

  • 審査申込後に退職や転職が決まる
  • 新たな借り入れをする
  • 他のローン返済やクレジットカードの支払いを延滞する
  • リボ払いで買い物をする

 

審査中に退職や転職が決まるということはほとんどないと思いますが、審査には勤務先や収入の安定度が重視されるのですから、事前審査の結果を白紙に戻すこととならないよう慎重に過ごしましょう。

 

新たな借り入れをするというのは、絶対やってはいけないと想像できますよね。

 

審査前に他の借り入れをできるだけクリーンにしておくことが前提なのですから、審査中に新たなローンを組むことは避けるべきです。

 

クレジットカードの支払いを延滞するリボ払いで買い物をする、この2つも考え方としては審査中に新たな借り入れを作るようなものなので、審査期間中という時期にはオススメできません。

 

自分の首を絞めることとならないよう、クレジットカードの使い方には気をつけて過ごしてくださいね。

 

あつし
クレジットカードはとっても便利だけど、何種類もカードを持っている場合は要注意だよ。

 

はるこ
ポイント貯まるとかって勧められるのよね〜。

大丈夫よ、あっくんが整理しやすいように全部ひとまとめにしてあるから。

 

あつし
・・・整理は今度ね。

クレジットカードが多いってことは、それだけキャッシング枠も多いということ。

たとえ使っていなくてもキャッシング枠が融資の上限額に影響を与えたりするから気を付けたいね。

 

住宅ローン審査とクレジットカードとの密な関係性については、こちらの記事でご確認ください。

住宅ローンの審査とクレジットカードの関係!延滞経験がある方は注意

2019年8月2日

 

住宅ローン審査期間を短くするコツのまとめ

 

住宅購入において緊張する瞬間の一つである住宅ローン審査ですが、審査に有利な準備をしっかりしてから申し込むことで、できるだけ短い審査期間が目指せるとわかりました。

 

ぜひ事前に身につけておきたいコツは次の5つです。

 

住宅ローン審査期間を短くするための5か条
  1. 年収に見合った借り入れ金額で申し込む

  2. 勤続3年以上で収入が安定している

  3. 他に借り入れがない

  4. これまでに支払いの延滞等がない

  5. 過去に大病をしておらず健康である

 

Web申し込みのできる金融機関を利用すると、即日で事前審査をクリアできる場合もあるという情報もお伝えしました。

 

そして、せっかく通過した事前審査をムダにしないためにも、住宅ローン審査に申し込んだら注意すべき点も忘れないようにしましょう。

 

審査中の注意点
  • 審査申込後に退職や転職が決まる
  • 新たな借り入れをする

  • 他のローン返済やクレジットカードの支払いを延滞する
  • リボ払いで買い物をする

 

これらの知識をつけた上で過ごす住宅ローン審査期間は、あまり不安なものではなくなるはずです。

 

ぜひどっしりと構えて、良い知らせを待ってみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

住宅ローンの金融機関の選び方については、こちらの記事をご覧ください。

住宅ローンはどこがおすすめ?銀行と金利だけで決めてはいけない理由

2019年7月2日

 

あつし
住宅ローンの借り換えで最大で857万も得をしたという方も実際にいます。毎月の家計費の負担を減らすが出来ますし、リフォーム費用にも充てることができます。今は空前の低金利ブームなのでプロに一度聞いてみるといいかもしれません。詳しくはこちらをご覧下さい。

住宅ローン借り換えで857万削減!賢くリフォーム費用を捻出せよ!

2019年7月23日

 

\ローン借り換えが自己資金0円で /

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です