住宅ローン審査は個人事業主でも通る?重要な5つのポイントとは

 

誰もが夢見るマイホーム!

 

高価な買い物なので住宅購入時にはローンを組むという方が大半かと思います。

 

それに先だって必要なのが住宅ローン審査です。

 

個人事業主だと審査を通過するのは難しいのでは?とのイメージがありますがどうなのでしょうか。

 

ここでは特に外せないポイントを説明していきますので、一緒に住宅ローン審査の準備を始めましょう!

 

住宅ローン審査は個人事業主でも通せるの?

 

答えはYES。

 

個人事業主だからといって銀行から融資が受けられないということはありません。

 

長期間において滞りなくローン返済をできるか、という基本事項を守れれば大丈夫。

 

ただ、個人事業主は収入が不安定であると思われやすいため、住宅ローン審査のハードルが高いのも事実です。

 

安定性の面では、毎月決まった給料が入ってくる会社員と比べると仕方ないことかもしれません。

 

さらに返済能力の高さを見られるのは収入だけではなく、頭金の多さも関わってきます。

 

頭金を多く出せるということは貯蓄が多いと判断できるので、ローン返済において延滞リスクが少ないと考えられるのです。

 

個人事業主の場合の住宅ローン審査、ココを見られる!

 

会社員と個人事業主では住宅ローンの審査基準にも違いが生じてきます。

 

例えば、審査対象となる年収ですが、会社員は前年の年収のみが対象です。

 

個人事業主の場合は、過去3年分の年収が必要となります。

 

個人事業主における「年収」というのも事業収入ではなく、そこから必要経費を差し引いた後の事業所得の額が対象です。

 

仮に3,000万円の事業収入があって、色々と経費がかさんだ結果500万円が所得として残ったとします。

 

そうなると審査対象になる年収額は500万円で、その範囲で借りられる額が計算されることになるのです。

 

はるこ
それぞれお仕事をしていることに変わりないのに、個人事業主さんは大変なのね。

 

あつし
そうだね、会社がやってくれることも自分でしなくちゃいけないしね。

 

はるこ
審査では何が重要になるのかしら?

 

あつし
個人事業主だから気をつけたいことがいくつかあるんだ。説明していくよ。

 

経営が3年以上安定していることを証明できるか?

個人事業主の住宅ローン審査には最低でも3年分の所得証明が必要だと先に話しました。

 

過去3年の年収を平均した額が審査対象となるわけです。

 

そのため一時期に高収入があることよりも、継続して一定の収入が得られている方が有利となります。

 

直近3期分の確定申告書で収入が安定していることを証明できれば問題ありません。

 

1期でも赤字があると審査に落ちることもあるので注意が必要です。

 

個人事業主になったばかりという人は?

金融機関によっては、最低勤続年数3年以上を融資条件としているところもあります。

個人事業主1年目、2年目という場合は満たすことができませんよね。

でも、年数が足りていない場合でも諦めないでください!

後ほど紹介するフラット35なら申し込むことも可能です。

 

カードや納税の滞納はないか?

現在、車のローン等の他債務があったりクレジットカード・納税関係で滞納歴はありませんか?

 

これらの状態だと、住宅ローン審査の通過は難しくなってしまいます。

 

審査の際には納税証明書の提出も必要ですので、税金の未払い・滞納がないように注意しましょう。

 

住宅ローンの支払いも滞納するかもしれないと金融機関に思われてしまうからですね。

 

他の借金がある場合は早めに清算しておきましょう!

 

過去にクレジットカード遅延経験のある方はこちらもチェック!

住宅ローンの審査とクレジットカードの関係!延滞経験がある方は注意

2019年8月2日

 

節税対策をしすぎていないか?

個人事業主が行う節税対策で一般的なものといえば経費計上です。

 

必要経費を増やして、残る所得を減らすことで税金の額を抑えるという方法です。

 

節税対策をするかしないかで税額が10〜100万円も変わってくるというので、積極的に取り入れられています。

 

しかしあまりにやりすぎると、手元に残るお金が少ない!ということになりかねません。

 

住宅ローンの場合は、手元に残る所得額が低いとその額が審査対象となってしまうので注意が必要です。

 

頭金として購入額の2割以上を確保し、さらに手元にも現金を残しておくと安心。

 

個人事業主として収入の波があった時用の備えとしてはもちろん、購入した新居も暮らすうちに補修が必要となり費用が発生する場合があるからです。

 

住宅ローン手続きの流れや審査基準については、こちらをご覧ください!

住宅ローンの審査基準とは?重要な7つのチェックポイント

2019年8月7日

 

金融機関を賢く見極めよう!

 

一般的に住宅ローン審査の難易度は、

 

  1. メガバンク・ネット銀行・信託銀行
  2. 地方銀行・信用金庫・信用組合
  3. フラット35

 

の順で通りやすくなっていく傾向があります。

 

メガバンク・ネット銀行・信託銀行は、変動金利を扱うことで低金利というところが多いです。

しかし審査対象となる所得が3年分必要となる点で、年数の浅い個人事業主には少々ハードルがあります。

 

地方銀行・信用金庫・信用組合は、自分の事業で取引のあるところなら条件を気にせず一度相談してみるのがオススメです。

金融機関が融資の際に考慮する重要点として、営業エリアを大切にする場合が多いというデータもあります。

地域密着型の金融機関だと、事業内容や現状を加味して融資しやすくしてくれるかもしれません。

 

そして、個人事業主になったばかりの方でも利用できるのが、フラット35です。

 

個人事業主に優しい借入先「フラット35」

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して取り扱っている住宅ローンです。

 

メガバンクやネット銀行、地方銀行や信用金庫といった様々な金融機関がそれぞれ扱っています。

 

金利は固定で、支払い利率のパーセンテージは金融機関ごとに異なり、融資率が9割を超えると9割以下の場合に比べて金利が高くなってしまうので、やはり頭金はある程度あった方がいいと言えます。

 

はるこ
あっくん、融資率ってなに?

 

あつし
融資率っていうのは、住宅の購入価格に占める借り入れ額の割合のことだよ。5,000万円の住宅の融資率9割なら4,500万円借りるってことだね。

 

なお、借り入れ申し込みができる額には以下の規定があります。

引用:SUUMO

 

年収が400万円以上の場合であれば、総返済負担率35%以下の借り入れ額となっています。

 

これは会社員でも個人事業主でも変わりません。

 

フラット35のメリット

・低金利の時にローンを組めば、その金利でずっと続けられる
・申し込み時の前年の所得のみで審査してくれる
・返済負担率による年収基準を満たせば勤続年数は問わない

 

近年は働き方も多様化が進み、各分野でフリーランスや自営業の人が増えてきています。

 

フラット35には勤続年数の基準がないので、1期分の所得を証明できれば3年未満でも申し込みできるというのが心強いですね!

 

返済負担率の落とし穴?

住宅ローン以前に、他の借り入れ金はありませんか?

金融機関の基準では、住宅ローン以外の借り入れ金がある場合はそれも年間返済額にしっかり組み込まれるんです。

・自動車ローン

・教育ローン

・携帯電話端末代金の分割払い

・クレジットカードのリボ払いやキャッシング

あとで驚かないように、これらは事前に清算するか、組み込まれる金額を把握しておきましょう!

 

はるこ
返済負担率・・・。また難しい言葉が出てきたわね。

 

あつし
返済負担率は、1年間の住宅ローン支払額が年収のどの程度を占めるかという割合のことだよ。この割合が基準を上回ると負担が重くなって、返済が滞るリスクが高まると予想されるんだ。

 

はるこ
なるほどね。なんだか住宅ローンに関わる“率”について一気に詳しくなれた気がするわ!

 

 

返済負担率の詳しい説明と年収に見合った無理のない返済額についてはこちらの記事をどうぞ!

住宅ローンは年収の何倍が目安?無理のない借入額はいくらか調査!

2019年7月13日

フラット35についての詳しい説明はこちらの記事で見られます!

住宅ローンを年収200万の人が組むための戦略を徹底調査!

2019年7月9日

住宅ローン審査を個人事業主が通すための5つのポイントとは

最後に、住宅ローン審査をいずれ考えている個人事業主さんが、今すぐにやっておいたほうがいい重要なポイントをおさらいしましょう。

 

  1. 3期連続での黒字が原則
  2. 他の借金や滞納はクリーンに
  3. 節税対策をしすぎず頭金を用意
  4. 年間返済額に含まれるものを必ず確認
  5. 個人事業主に比較的やさしいフラット35もチェック

 

これらのことを事前にやっておくことで、いざ住宅を購入したいというときにスムーズに審査の申し込みへ進むことができると思います。

 

焦らずじっくり準備してみてくださいね。

 

あつし
住宅ローンの借り換えで最大で857万も得をしたという方も実際にいます。毎月の家計費の負担を減らすが出来ますし、リフォーム費用にも充てることができます。今は空前の低金利ブームなのでプロに一度聞いてみるといいかもしれません。詳しくはこちらをご覧下さい。

住宅ローン借り換えで857万削減!賢くリフォーム費用を捻出せよ!

2019年7月23日

 

\ローン借り換えが自己資金0円で /

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です