住宅ローン借り換えで857万削減!賢くリフォーム費用を捻出せよ!

 

読者様は、住宅ローンをお持ちですか?

 

新築の家も10年ほど経過すれば、外壁や水回りなど少しずつ傷みが気になり始めます。

 

購入から10年だと住宅ローンがまだまだ残っている場合も多いので、リフォームしたいけど諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、諦めるのはまだ早いです!

 

もし、住宅ローンを減らすことができたら、その分をリフォーム資金にあてることができますよね!

 

現在、最低レベルの低金利が続いているので、過去に高い金利で住宅ローンを組んでいる場合、借り換えを行うとトータルの返済額を減らせる可能性があります。

 

今回はそんな読者様の手助けをしてくれる「住宅ローン借り換えセンター」 について、詳しくご紹介いたします!

 

■目次

「住宅ローン借り換えセンター」って?

引用:「住宅ローン借り換えセンター」

 

 

住宅ローン借り換えセンター 」とは、株式会社JMPパートナーズが運営する住宅ローンの借り換えをメインに行っているローンコンサルティング会社です。

 

主な特徴として、下記のような点が挙げられます。

 

「住宅ローン借り換えセンター」の主な特徴
  • 現在の住宅ローンをプロ(住宅ローン診断士)が無料で診断してくれる。
  • 借り換え時の自己資金0円も可能。
  • ローンの仲介だけではなく、借り換え時の煩雑な手続きを代行してくれる。

 

はるこ
あっくん、無料で相談できるのはとっても魅力的だけど・・・。

インターネットのこういう会社って、本当に大丈夫なのかしら?

 

あつし
わかるよ、母さん。僕もはじめはそう思ったよ。

だったら母さん、まずは実際に「住宅ローン借り換えセンター」を利用した人がどう感じたのか見てみよう!

 

 

「住宅ローン借り換えセンター」のお客様の声!

 

住宅ローン借り換えセンター」の運営会社であるJMPパートナーズのホームページから、利用者の声をご紹介いたします。

 

「最初はとても不安でした」東京都 NM様

最初はとても不安でした。

何度も借り換えに失敗したので・・・

半年あまり、橘さんの豊富で的確な早い対応のおかげで借り換えに成功でき、橘さんにはとてもとても感謝しています

また機会があればぜひまた橘さんにお願いしたいです。 本当にありがとうございました。

引用:住宅ローン借り換えセンター公式ブログ(この章以下同じ)

 

はるこ
やっぱり! 最初は不安だったって!

 

あつし
そうだね。この方は何度も借り換えに失敗していたようだから、なおさら不安だったろうね。

だけど、「住宅ローン借り換えセンター」 で借り換えに成功して、担当者の人にとても感謝してるみたい!

 

「担当者の方が親身になってサポートしてくれました」神奈川県 KJ様

色々とわからないことが多かった状態でしたが、担当者の方がとても親身になってサポートしていただいたおかげで無事に手続き完了できました。

必要な書類が多かったりと借り換えには本当に手間や労力がかかることを実感しましたが、担当者の説明もわかりやすく信頼できる方で非常に助かりました。

今回の借り入れのおかげで家計がかなり助かって、その分暮らしにゆとりが持てて本当に感謝しています。ありがとうございました。

特に徳田さんの気さくな対応には 本当に家族一同感謝しています。

 

「顧客満足度100%」千葉県 HS様

10年前に夫婦で住宅ローンを組んだのですが、生活環境も変わり、当時共働きだった。

私も今はパートのため、 ローンの借り換えが難しい状況でした。

しかし、金利も高く今後子供の成長と共に いろいろなお金がかかることを考えるととても不安でした。

銀行で相談もしましたが、いいお返事はいただけず、 困っていた所ネットでJMPパートナーズさんを見つけました。

借り換えの知識もなく、銀行では断られたこともあり期待を持てずにいたのですが、無事ローンが通り本当にうれしかったです。

今回、労金で借り換えることになったのですが、主人が会社の労働組合に加入していた事もあり金利もさらに下がり月々の支払いは約5万円ほど減額する事が出来ました

必要な書類は書面で分かりやすく伝えてくださったり、連絡もメールでマメにやり取りして下さり、借り換えは大変だと思っていましたが、あまり大変な思いはせずあっという間に終わったという印象です。

悩まずお任せしてよかったと夫婦共々心より感謝しております。 ありがとうございました!!

 

あつし
住宅ローンの借り換えで、生活にゆとりができたという口コミだね。

 

はるこ
月に5万円減るなんて、かなり大きいわね!

 

「借り換えによるメリットが400万以上出ました」千葉県 OT様

ネット上で借換えを検討していましたが他社ローンが複数あり、普通に銀行へ審査しても無理だと思っていた所、JMPパートナーズの事を知りダメ元で電話で話し色々なアドバイスを貰い、まず他社ローンを全て勤務先の会社で立替えてもらう事ができたので、個人情報上では完済することになったので、何とか希望が見えてきました。

借換え完了するまでは7~8ヶ月かかりましたが、担当の方には何度も書類の不備や書類入手に手間をかけて頂き、自分一人では無理だったと思います。

借換えによるメリットも400万以上出て大変助かりました。誠に有難うございました。

 

あつし
この方の場合は、住宅ローンの他にもローンがあったようだけど、アドバイスをもらって無事に借り換えが成功したようだね。

 

はるこ
へぇ~!

他にローンがあると住宅ローンの借り換えはできないものだと思っていたわ!

400万円のメリットなんて、夢みたい!

 

「債務移転という形が叶って満足」大阪府 YM様

債務移転という形が叶ってとっても満足しています。

当初は離婚による借り換え・所有権移転しかないと思い、経験豊富な代行さんに何とか力添え頂きたいとJMP様に依頼させていただきましたが、想像していたよりとっても良い方向で解決することができました

本当にありがとうございました。

また橘様には色々とご無理を言ったにもかかわらず、真摯に対応して頂き本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

はるこ
債務移転?

所有権移転??

あっくん、どういうこと?

 

あつし
うん、離婚するとなると、当然「財産分与」という話になるよね。

例えば、所有している家に妻が住んで、夫がローンを支払う、とかさ。

 

はるこ
そうね、よくあることね。

 

あつし
だけど住宅ローンが残っていると名義変更など色々な問題が出てくる場合があって、夫婦間でせっかく決着がついたことも銀行がOKと言わない場合があるんだ。

離婚は銀行には関係ないことだから仕方ないんだけど、結構困っている人がいるらしいんだよね。

 

はるこ
難しい問題があるのね。

・・・え? それも解決してくれるの?

 

あつし
すべて解決できるとは限らないだろうけど、この口コミの方は解決してよかったよね!

「住宅ローン借り換えセンター」 ローンの専門家集団だから、難しいことも相談できるんだ!

 

はるこ
なるほど~。

借り換えは銀行に相談するものだと思っていたけど、住宅ローン借り換えセンターという方法もあるのね!

 

\無料で400万の削減効果!/

 

 

こんな人は住宅ローンを減らせるかも!

 

▶ ローン残高が1000万円以上ある方

▶ ローン残期間が10年以上ある方

▶ 現在の金利が1.2%以上の方

▶ フラット35で契約した方

▶ 自分のローン残高がわからない

 

具体的に、どれくらいローンが減らせるの?

 

はるこ
具体的にいくらくらいローンを減らせるのかしら?

 

あつし
ケースバイケースだから一概には言えないんだけど、例えば・・・

 

住宅ローン例

借入金額:2,500万円

残期間:25年(購入から10年)

【借り換えシュミレーション】

  借り換え前 借り換え後
金利 1.8% 0.6%
総返済額 3,106万円 2,693万円
借り換え諸費用(例) 140万円
借り換えメリット(差額) ▲273万円

 

はるこ
えー! 273万円

諸費用がかかったとしても、大きく違うわね!

 

あつし
あくまでも例だけど、これだけあればリフォームができるかもしれないよね!

しかも「住宅ローン借り換えセンター」 なら、お得にリフォームローンが組める可能性があるんだ!

 

 

「住宅ローン借り換えセンター」5つのメリットとは?

 

はるこ
あっくん、「お得にリフォームローンが組める」ってどういうこと?(瞳キラキラ☆)

 

あつし
(母さん「お得」って言葉、大好きだよねー・・・)

 

「住宅ローン借り換えセンター」 には5つの強みがあります。

 

「住宅ローン借り換えセンター」5つのメリット
  1. 金利を安くできる!
  2. 月々の返済額を低くできる!
  3. 家電購入費も含めることができる!
  4. 手続きを代行してくれる!
  5. 現金持ち出し0円も可能!
※お客様の信用状況や選定する金融機関によってできない場合があります。

 

あつし
それぞれについて詳しく説明します!

 

① 金利を安くできる!

 

住宅ローンの借り換えで削減できた金額でリフォームを行う場合、新たに「リフォームローン」を組むことになります。

 

「リフォームローン」は担保が不要な代わりに住宅ローンよりも金利が高く、借りられる期間も短めに設定されています。

 

「住宅ローン借り換えセンター」 では、住宅ローンの借り換えと同時にリフォームローンも申し込んで交渉することにより、住宅ローンと同じ金利で借りられる可能性があります。

 

【金利の例】

リフォームローン  2.5%
住宅ローン  0.6%
金利差 ▲1.9%

※金利は選定する金融機関や借入時期によって変動します。

 

はるこ
住宅ローンとリフォームローンをまとめることができるのね。

 

あつし
そうなんだけど、どこの銀行でもOKってわけではないから、銀行選定力と交渉力がポイントになるんだ!

 

はるこ
つまり、「住宅ローン借り換えセンター」が最適な銀行を選んで、交渉してくれるってこと?

 

あつし
その通り!

 

② 月々の返済額を低くできる!

 

リフォームローンの返済期間は10年前後が一般的で、住宅ローンよりも短く設定されています。

 

「住宅ローン借り換えセンター」 に依頼すると、交渉により住宅ローンと同じ返済期間(25年などの長期)で借りることができる可能性があります。

 

【試算例:リフォーム資金230万円借入の場合】

  リフォームローン 住宅ローン借り換えセンター 差額
金利(例) 2.5% 0.6%
返済期間(例) 10年 25年
月々返済金額 21,682円 8,257円 ▲13,425円
総返済額 2,601,849円 2,477,384円 ▲124,465円

※金利と返済期間は選定する金融機関や借入時期によって変動します。

 

あつし
こちらも対応できる銀行は限られているから、選定と交渉がポイントになるよ!

 

③ 家電購入費も含めることができる!

 

通常、住宅ローンやリフォームローンに家電購入費用を含めることはできません。

 

あつし
だけど、家をリフォームするのに、家財を一時的に片付けないといけない場合があるよね。

そうすると、古い家電を最新のエコ家電に買い替えたいって思うこともあると思うんだ。

 

はるこ
確かに! 壁のエアコン外さなきゃいけなかったり、キッチンリフォームなら冷蔵庫を動かさないといけないかも。

だったら古いものを処分して、新しい家電が欲しいわ~♪

 

あつし
「住宅ローン借り換えセンター」 なら、そんな家電費用もリフォーム費用の一部として認めてもらえる場合があるんだ。

リフォームローンに含めることで、住宅ローンと同じ金利、同じ返済期間で借りることができるよ。

 

銀行の家電ローンの金利は、1.7%~2.5%が一般的です。

 

また、無金利の分割払いを取り扱っている家電量販店もありますが、返済期間は最長でも5年です。

 

あつし
家電ローンよりも安い金利で、毎月の返済額も抑えることができるんだ。

 

はるこ
なるほど~。毎月の返済額は余裕を持ちたいわよね。

それに最近の家電は電気代が安いって聞くから、買い替えればきっと電気代が節約できるわ。

 

あつし
さすが母さん、目のつけ所がいいね!

例えば冷蔵庫の電気代は、10年前と比べて半分から3分の1になるらしいよ。

 

はるこ
まぁ!

毎月かかる電気代も、月々のローンの返済も、両方抑えることができるなんて嬉しいわ!

 

④ 手続きを代行してくれる!

 

「住宅ローンを借り換えたら得するのに、借り換えしない理由」は、手続きが面倒だからです。

 

楽天インサイト株式会社が行ったインターネット調査によると、住宅ローンを借り換えしない理由として最も多い回答は「手続きが面倒だから(47.1%)」という結果が出ています。

引用:楽天インサイト

 

住宅ローンの借り換えには必要な書類も多く、順調でも手続きに2~3ヶ月はかかります。

 

書類に不備があれば審査は止まってしまい、何度も銀行に通う場合もあるでしょう。

 

はるこ
住宅ローンの申し込みって大変なのよ・・・。

あの手続きをもう一度するのかと思うと、ちょっと腰が引けちゃうわ。

 

あつし
だけど「住宅ローン借り換えセンター」 なら、銀行選びから仮審査の申し込み、必要書類の取得から銀行とのやりとりなど、ほとんどの手続きを代行してくれるんだ!

一番ネックになる「面倒くさい」ところを、まるっと任せられるんだよ。

 

はるこ
ラクしてお得だったら、利用しないともったいないわね!

 

⑤ 現金持ち出し0円も可能!

 

住宅ローンを借り換えすればお得だと分かっていても、

「諸費用として用意できる現金がないからムリ!」

「現金は手元に残しておきたい!」

という方がほとんどだと思います。

 

住宅ローンを借り換えると銀行の手数料がかかりますし、「住宅ローン借り換えセンター」に依頼するとコンサルティング費用も必要です。

 

あつし
でも「住宅ローン借り換えセンター」 なら、それらの費用をまとめて諸費用ローンを組むことができるんだ。

もちろん住宅ローンと同じ金利、同じ返済期間でね!

 

はるこ
ローンに組み込むことができるってことね。

現金を用意しなくても大丈夫なのは助かるわ~。

 

あつし
この場合も対応できる銀行は限られているんだ。

銀行選びや銀行との交渉が必要だけど、「住宅ローン診断士」という資格を持ったプロだから安心して任せられるよね!

 

はるこ
今までと同じ返済額でリフォームできるなら家計に打撃もないし、家もキレイになってルンルンね♪

 

\空前絶後の低金利で今がチャンス!/

 

 

「住宅ローン診断士」ってなに?

 

はるこ
ところであっくん、「住宅ローン診断士」ってどんな資格なの?

 

あつし
うん、簡単に言うと、住宅ローンのスペシャリストだよ。

「住宅ローン借り換えセンター」 の相談にのるスタッフは、全員この資格を持っているんだ。

 

住宅ローン診断士について

住宅ローンを取り扱う金融機関は全国で500を超え、それぞれが違うローンを提供しております。また、金利/変動・固定などの 金利タイプ/保証料や事務手数料などの諸費用/団体信用生命保険など、一つの金融機関でも様々な選択肢やローンがあります。 それ以外に、審査基準も違うなど、適正なローンなのか判断するのは困難な状態であり、コンサルティングのニーズが高まっております。

住宅ローン診断士認定講習は、このニーズに対応する為の講座であり、指導能力を育成する為の資格制度です。

引用:LEC東京リーガルマインド

 

はるこ
住宅ローンって500種類以上あるのね!

500種類のローンを母さんのようなシロウトが調べて比べて・・・なんて、絶対ムリだわ~。

 

あつし
だよね。

「住宅ローン診断士」の仕事は、その人に合った最適な住宅ローンを見つけ出してプランニングすることなんだ。

 

はるこ
素晴らしいお仕事ね!

ぜひお友達になりたい!

 

「住宅ローン借り換えセンター」と「住宅ローン診断士」の関係について

 

あつし
住宅ローン借り換えセンター」のようなローンを仲介する仕事は、貸金業登録が必要なんだ。

 

住宅ローン借り換えセンター」(運営:JMPパートナーズ)は、株式会社トービルという貸金登録業者の代理店として登録を行っていて、コンプライアンス(法令遵守)体制の整った会社です。

 

そもそもローンの仲介は、監督官庁の認可を受けた純資産額5,000万円以上の事業者のみが行えると貸金業法で定められています。

 

ですから、住宅ローン診断士が直接住宅ローンの仲介を行うことは法律上できません。

 

住宅ローン仲介業の枠組み

住宅ローン診断士は借り換え先のプランニングを行い、住宅ローン借り換えセンターへ報告する。

住宅ローン借り換えセンターは、住宅ローン診断士のプランニングをもとに、顧客へのコンサルティング内容の説明と金融機関への仲介を行う。

 

はるこ
う~ん、難しいけど・・・個人ではムリってことはわかったわ。

でもあっくん、こんな難しい話をなんでしたの?

 

あつし
うん、あのね、例えばインターネットでローン仲介業を検索するといっぱいヒットするんだけど、中には無登録の業者もたくさんあるんだ。

 

はるこ
えっ!? そうなの?

それって・・・違法ってこと?

 

あつし
さすがに全部ではないと思うけど、違法な業者がほとんどらしいんだよね・・・。

 

はるこ
えーっ、そうなの?

違法業者にはお世話になりたくないわ!

 

あつし
「住宅ローン借り換えセンター」 は、登録済の正規仲介業者だから安心だよ!

 

 

住宅ローンの借り換えにデメリットはないの?

 

ここまで、住宅ローンを借り換えるメリットや、「住宅ローン借り換えセンター」が法令を遵守したローン仲介業者であることをご説明してきました。

 

では、デメリットはないのでしょうか。

 

あつし
いいえ、どんなことにもデメリットはあります。

デメリットについてもきちんと把握して判断しましょう。

 

住宅ローンを借り換えるデメリットは主に次の3点です。

 

① 諸費用がかかる!

 

住宅ローンを借り換えると事務手数料や印紙代など諸費用が発生しますし、「住宅ローン借り換えセンター」を利用して借り換えが成功した場合は、その手数料もかかります。

 

これらは借り換えをしなければ必要なかった費用なので、最大のデメリットと言えます。

 

はるこ
あっくん、「住宅ローン借り換えセンター」の手数料って、どれくらいかかるのかしら?

 

あつし
うん、手数料はね、借り換え先の融資金額の1%~5%の間で審査の難易度によって決まるんだ。

たとえば・・・

 

手数料計算の例

手数料1%とすると、

借り換え後融資額2,500万円 × 1% = 25万円

となります。

 

あつし
だけど!

 

「住宅ローン借り換えセンター」なら

「住宅ローン借り換えセンター」では、この諸費用も試算した上で、借り換えするメリットがあるかどうかを無料で診断してくれます。

 

 

② 手続きに時間と手間がかかる!

 

住宅ローンの借り換え手続きは煩雑で、必要になる書類も多く手間がかかります。

 

ローンを組んだ時と同じように審査があるので時間も必要です。

 

あつし
だけど!

 

「住宅ローン借り換えセンター」なら

「住宅ローン借り換えセンター」 では、顧客と銀行が直接取り交わす契約以外のほとんどの手続きを代行してくれるので、時間や手間を取られることはありません。

 

③ 審査に通らない可能性も!

 

新規で住宅ローンを借りるときと同じように借り換え時にも審査があるので、当然審査に通らない可能性もあります。

 

借り換えは、新規借り入れした時よりも建物が古くなり担保価値が下がっているので、銀行にとってはリスクが高いのです。

 

そのため銀行は借り入れする人の信頼性審査を厳しくして、リスクを小さくしようとする傾向があります。

 

はるこ
借り換え審査は厳しいって聞いたことがあるけど、そういう理由だったのね。

 

あつし
だけど!

 

「住宅ローン借り換えセンター」なら

「住宅ローン借り換えセンター」 では、候補となる銀行の審査基準がわかっているため、どの銀行なら審査に通るか、申し込みをする前に判断できます。

 

もし審査に通らないなら、どうすれば通る可能性が高くなるのか教えてもらえます。

 

審査が通ると分かってから銀行に申し込むので、審査に通る可能性は高くなります。

 

あつし
しかも成功報酬制なので、費用は借り換えが成功した時だけ。

成功しなければ0円だよ。

 

はるこ
相談は無料だったら、いちど聞いてみるのも悪くないわね!

 

\借り換えのデメリットもカバー!/

 

 

住宅ローンを借りている銀行に相談してはダメなの!?

 

はるこ
ところであっくん、住宅ローンを削減するのに、いまローンを組んでいる銀行に相談したらどうなの?

少しでも金利を安くしてもらえば、諸費用がかからないで済むでしょ?

 

あつし
うん、それも方法のひとつだね。

だけど・・・

 

住宅ローンを借り換えられてしまう銀行にとっては、今後得るはずだった利益が得られなくなるため、何のメリットもありません。

 

ですから恐らく、全力で引き留めようとします。

 

住宅ローンを組んだ時にお世話になった人との関係性もあり、全力で引き留められると断りづらくなるのが人情です。

 

また、この「引き留められる」ことを逆手にとって、金利交渉するという方法もあります。

 

顧客の流出を食い止めたかったり、売り上げを落としたくない銀行であれば、確率は低いですが交渉に応じてくれる可能性もなくはありません。

 

住宅ローンを組んでいる銀行が金利交渉に応じてくれれば、諸費用もかからず手間も省けますが、当初の目的である返済負担軽減のメリットは少なめになるのが一般的です。

 

あつし
「ダメもと」くらいの気持ちで交渉してみるなら、アリかな~と思います。

 

ただし!

 

その場合でも必ず他の金融機関で借り換えを申し込んで審査が通ってから、金利引き下げ交渉をしましょう

 

でないと現実味がなくて銀行は交渉に応じてくれない可能性が高いですし、「どうぞ借り換えしてください」と開き直られるとこちらが困る事態になってしまいます。

 

銀行と交渉するには、根拠のある材料が必要です。

 

はるこ
母さん、値切るのは大好き♪

だけど相手は銀行でお金の専門家だし、事前に調べることもたくさんあって、母さんにはちょっとハードルが高そうだわ。

 

あつし
方法のひとつとして、検討する価値はあるよね。

ただ、借り換えしてメリットがあるかどうか、専門家に聞いてみた方が早いかも!

 

 

「住宅ローン借り換えセンター」のサービスの流れは?

 

では、実際に「住宅ローン借り換えセンター」 に申し込みをした場合の流れを見てみましょう。

 

サービスの流れ
  1. 無料診断
  2. 契約・金融機関選定
  3. 申し込み・審査
  4. 審査通過・融資実行

 

① 無料診断

 

まずは無料診断で借り換えのメリットがどの程度あるのかを試算します。

 

試算結果は下のようなシートで報告があります。

引用:株式会社JMPパートナーズ

 

また、金融機関の審査が通るかどうかの診断も行い、通りにくい場合は何をどうしたら審査に通るかのアドバイスがもらえます。

 

あつし
ここまでは無料だよ!

これ以降の手続きを進めていくかどうかは、この段階で判断します。

 

② 契約・金融機関選定

 

「住宅ローン借り換えセンター」 とプランニング契約を結びます。

 

具体的な金融機関のサービス内容や金利を比べて、希望に合った金融機関を決定します。

 

③ 申し込み・審査

 

決定した金融機関に融資の申し込みをします。

 

あつし
審査結果はフラット35で1週間程度、それ以外は2~3週間ほどかかります。

 

④ 審査通過・融資実行

 

審査が通ったら、借り換え先の金融機関と契約手続きを行い、融資が実行されます。

 

 

「住宅ローン借り換えセンター」に相談してみよう!

 

「住宅ローン借り換えセンター」 への相談は無料です。

 

借り換えが成功しなかった場合の費用は一切発生しないので、「借り換えできなかったのに料金だけ支払う」というようなリスクはありません。

 

あつし
住宅ローンの借り換えに制限はなくて、何回でも借り換えできるんだ。

だからと言ってむやみに借り換えするのはオススメしないけど、あんまり慎重になり過ぎなくても大丈夫なんだよ。

 

はるこ
迷ってるなら専門家に相談しちゃった方がいいわね!

 

まず、「住宅ローン借り換えセンター」 のホームページにアクセスします。

 

申し込みフォームはホームページの一番下にあります。

 

下記のピンクボタン【ローン借り換え 無料相談はこちらから⇒】をクリックすると、申し込みフォームにジャンプします。

引用:「住宅ローン借り換えセンター」 (この章以下同じ)

 

申し込みフォームに、必要事項を入力します。

 

  • 姓☆
  • 名☆
  • 都道府県(プルダウンから選択)☆
  • 携帯番号☆
  • メールアドレス☆
  • 相談内容(プルダウンから選択)☆
  • 質問・要望など
  • 紹介者・会員特典等

 

☆は必須項目ですので、必ず入力しましょう。

 

ちなみに相談内容ですが、下記のように多岐にわたります。

相談内容
  • 住宅ローン借り換え相談
  • 住宅ローンをこれから借りる相談
  • アパートローン借り換え相談
  • アパートローンをこれから借りる相談
  • 離婚のローン1本化相談
  • 借地権の借り換え相談
  • リフォームローン組み込みの相談
  • ソーラーローン組み込みの相談
  • 審査落ちの相談
  • リバースモーゲージの相談
  • 親族間売買の相談
  • その他の相談

 

住宅ローンの借り換えと同時にリフォームローンの組み込みもしたいなら、その下の質問・要望欄に記入すると話がスムーズにいくでしょう。

 

すべて記入し終わったら個人情報の取り扱いを一読し、「同意する」にチェックを入れて【送信】ボタンをクリックします。

 

あつし
これで申し込みは完了です!

近日中に登録したメールアドレスに連絡があるから、確認しましょう。

 

\完全無料で費用削減!/

 

はるこ
住宅ローン借り換えセンター」って、住宅ローンの借り換えやリフォームローンの組み込みだけじゃないのね!

 

あつし
そうなんだ。

ちょっと難しそうな案件も取り扱ってるね。

 

はるこ
こういった相談場所があるなんて知らなかったわ。

何かあったときのために、覚えておきましょ!

 

あつし
(母さん・・・いったい何を想定してるの・・・汗)

 

「住宅ローン借り換えセンター」で住宅ローンを削減しよう!

 

あつし
「住宅ローン借り換えセンター」 は住宅ローンの専門家集団で、僕たちの「わからない」「時間がない」を手助けしてくれる強い味方なんだ!

 

✅ 現在の住宅ローンを無料で診断してくれる!

✅ 面倒な手続きのほとんどを代行してくれる!

✅ 借り換え時に自己資金0円でもOK!

✅ 住宅ローンの専門家「住宅ローン診断士」が相談に乗ってくれる!

✅ ローンのプロが丁寧に教えてくれる!

✅ 借り換えが成功しなければ費用は0円!

✅ 住宅ローン削減分でリフォームができる!

✅ 住宅ローンとリフォームローンをまとめることができる!

✅ 金利の安い住宅ローンと同じ金利でリフォームローンが組める!

✅ 住宅ローンと同じ返済期間でリフォームローンが組める!

✅ 月々の返済金額を少なくできる!

✅ ネットでは手に入らない金利情報や特典を知っている!

✅ 20以上の金融機関を比較し、交渉で一番安い金利を引き出せる!

✅ 審査基準を把握しているから審査に通りやすい!

✅ 審査が通らない場合は信用状態の改善案を教えてくれる!

✅ 全国どこでも対応できる!

✅ 審査落ちの方など難易度の高い相談にも対応してくれる!

✅ 親身になって丁寧に相談にのってくれる!

 

 

住宅ローンは定期的に見直すと、コストが削減できて家計にゆとりが持てる可能性があります。

 

ローンについて詳しく知らなくても、「住宅ローン借り換えセンター」 に相談すれば借り換えにメリットがあるかどうかを無料で診断してくれます。

 

住宅ローンだけでなくリフォームローンなど他の金利の高いローンの借り換えに成功すると、家計のコストを大幅に削減できる可能性があるので、ぜひ検討してみましょう。

 

住宅ローン借り換えセンター」はメールや電話で全国どこでも対応できる体制が整っていますから、忙しい人でもスムーズに話を進めることができますよ。

 

 

あつし
読者様のが叶いますように!

 

\読者様の夢が叶うチャンス!/

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です