【和室リフォーム】楽しく障子の張り替えを!diy事例とやり方をご紹介

 

和室と言えば、思わずイメージするのはやっぱり「障子」ではないでしょうか?

 

障子には、夏は直射日光を遮り、太陽の光を柔らかくしてくれるという特徴があります。

 

また、障子紙は吸湿性があるため冬は保湿効果を上げて太陽の光を暖かく取り込むことができます。

 

最近では障子を取り入れる家は減ってきていますが、洋室に合う障子もデザインされているので選択肢は徐々に広がりつつあります。

 

 

良い所がたくさんある障子ですが、最大のデメリットはやはり、「障子の張り替え作業」なのではないでしょうか?

 

小さなお子様がいるお家やペットを飼っているお家は、障子を張り替えてもすぐに破られてしまうのでは・・・?

 

 

そんな障子ですが、実は思っているよりも簡単に張り替えることが出来るんです。

 

今回は気になる障子の張り替え方法と、「もっと障子をオシャレにしてみたい!」と言う方のために「和室diy」の事例をご紹介したいと思います。

 

 

「障子」のイメージが強い和室。

 

実は、和室にカーテンも合うんです。気になる方はこちらの記事をどうぞ!

 

【和室リフォーム】和室に似合うおしゃれなカーテンは?障子も捨てがたい!

2019年4月22日

 

 

障子を貼るメリット、デメリット

 

 

はるこ
障子を張り替えるメリットと言えば、やっぱり張り替えることで障子がきれいになることよね♪新しい障子は綺麗で気持ちがいいし、お部屋も明るくなる気がするの。

 

あつし
障子紙自体が白いから、張り替えることで部屋が明るくなるよね。

 

障子紙は通気性にとても優れているので、夏の暑い日は熱を外に出し、冬の寒い時期には温かい空気を閉じ込める作用があります

 

そんな障子が一枚でも破れてしまうと、せっかくの通気性の良さが意味のないものになってしまい外からの空気がどんどん部屋に入ってしまいます。

 

また、障子が破れている状況は「風水」でも運気が逃げると言われています。

 

せっかくの優れた通気性を持つ障子、一か所でも破れていたり穴が開いたりしたらすぐに処置をしましょう。

 

はるこ
破れても張り替えるし、破れてなくても汚れたりすると目立つから張り替えが必要なのよね・・・。そこが困りもの。障子の張り替え作業となると1日仕事なのよね。

 

あつし
メリットもあればどうしてもデメリットも出てくるからね。今回はそんな面倒な障子の貼り方について紹介するね。最近はのりを使わずにアイロンや両面テープで簡単に障子の張り替えができるんだよ。

 

はるこ
ええ!!アイロンで障子が貼れるの?

 

あつし
障子の貼り方も気になる所だと思うけど、まずは障子について説明するね。

 

 

和紙だけじゃない!障子の種類について

 

 

障子と言えば、和紙で出来た障子紙が一般的ですが実はいろんな種類のものがあるんです。

昔からおなじみ 手すき和紙

皆さんが障子紙と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、この「手すき和紙」になると思います。

 

昔から使われてきた一般的な障子紙で、手すき独特のあたたかみがある和紙になります。

 

染色加工していないものはややクリーム色になっています。

 

遮光率が高いため、手すき和紙を使った部屋は少し暗い感じがするはずです。

 

そのため部屋がやや暗めの方が嬉しい寝室などに使うのがおすすめです。

 

また通気性も高いので、湿気の多い和室には最適です。

 

手すきがあれば機械も 機械すき和紙

手すきではなく機械で作られた障子紙になります。

 

機械ですいたものになるので値段を抑えつつ、マニラ麻やレーヨン素材を使って手すき和紙に近い雰囲気を出すことができます。

 

見た目は手すきのものと変わらないようなきれいな仕上がりになっています。

 

とくに、パルプにレーヨンを配合して光沢や強度を持たせたものは「レーヨン障子紙」とよばれる実用的な障子紙になります。

 

丈夫がとりえ プラスチック和紙

小さいお子さんや、猫を飼っているお家なんかは障子を破かれることも多いはず。

 

そんなお家に便利なのが、丈夫さがとりえのプラスチック和紙になります。

 

プラスチック和紙は、2枚の薄い塩化ビニール製のシートで和紙を挟んだものになります。

 

手すき和紙のように、指で軽く押す程度では破けず耐久性が高のが特徴です。

 

あつし
ただし、プラスチック和紙は通気性が低いため、窓が結露してしまうものもあるので注意してください。

 

 

意外に重要!障子を張り替える時期とは?

 

 

障子紙の種類にもよりますが、一般的には障子紙の寿命はおよそ3年といわれています。

 

和紙は吸湿性が高いため、湿気を吸い込むほど次第に劣化し日に焼けていきます。

 

そのため、2年半を目安に障子紙を張り替えるのがべストなタイミングになります。

 

ですが障子が破れたり、直射日光が当たったり、線香の煙がよくあたったりすると、この寿命も縮んでしまうのでご注意下さい。

 

雨の多い時期に張り替えるのがおすすめ

 

吸湿性の高い和紙は、湿気を含むと膨張して、乾くとぱりっと張りがでてきます。

 

この性質を利用して、湿気の多い時期(6月など梅雨の季節)に障子を貼り替えることをおすすめします。

 

湿気の多い時期や、雨が降っている日やその翌日は、簡単にピンと綺麗に張った障子を貼ることができます。

 

はるこ
梅雨時期に障子を張り替えるなんて思い浮かばなかったわ。湿気を逆に利用するのね。さっそく今年の梅雨時期にためしてみるわ。

 

あつし
梅雨ってどうしても気持ちがブルーになるけど、ちょうど気持ちが切り替わっていいかもね。

 

はるこ
障子を張り替えるときに霧吹きで水を吹きかけるんだけど、あれって貼り終えた後にピンと紙が伸びるようにわざと湿気を与えてたのね。

 

あつし
でも、乾かすときは湿度のない天候がおススメだよ。パリッと乾くはず!

 

はるこ
そんな都合よく天気が変わるかしら・・・
 

大切な行事の前に張り替える

一般的には、こちらのほうが多いかと思います。
 
 
新しい年が始まる年末に張り替えてみたり、お子さんがいるお家は家庭訪問のタイミングに合わせて張り替える方もいらっしゃいます。
 
 
家によって障子のある部屋を使う季節や時期はさまざまです。

 

イベントやお客さんがくるタイミングを考えながら、張り替えの時期を決めるのもいいですね。

 

はるこ
我が家はいつも行事前に張り替える派だったわね。

 

あつし
我が家はお客さんがくると綺麗になる家だったからね・・・

 

 

基本の障子の貼り方!

 

障子の張り替えに必要な道具

引用:カインズ How to

 

あつし
あと、霧吹きがあればよりきれいに障子が張れるよ。カッターなんかも障子紙専用ものがいいみたい。

障子の貼り方の基本!

引用:Youtube

 

障子の貼り方の基本
  1. 障子紙剥がし液を塗って、糊を浮かし障子を剥がす。
  2. ヘラを使いこびりついた紙を取り除く。
  3. 十分乾燥させる。
  4. さんに沿って障子のりを塗る。
  5. 障子紙を張り付ける。
  6. 障子紙の余分な端をカッターで切る。
  7. 障子紙のしわを軽く伸ばす。
  8. 障子紙の余った部分を障子紙カット用定規で切り取る。
  9. 仕上げに霧吹きをし乾燥させる。

 

はるこ
障子はがし剤ってすごく便利よね~。昔はこんな便利なもの無かったから、母さんは霧吹きで障子をしめらせてから障子紙をはがしたわ。もし持ってないって人も、わざわざ買わなくても大丈夫よ。

 

あつし
昔からあるのりで張り付けるタイプの障子だと、剥がし方を間違えると格子の部分に障子紙が残ったり、紙を剥がすときに誤って木材ごとはがれたりするので注意してくださいね。

 

 

障子の張り替えを上手にする3つのポイント

 

障子の張り替えをうまく行うには、3つのポイントがあります。

 

障子の張り替えを上手にする3つのポイント
  1. きれいにはがす
  2. 出来るだけたるみを少なくする
  3. 霧吹きを活用する

 

きれいにはがす

綺麗に障子紙を貼れない理由の1つに、「障子の桟にのりや障子紙が残っていた」という場合が挙げられます。

 

霧吹きでしっかり湿らせても、のりや障子紙が少し残っているだけで新しく貼る障子に影響が出てきます。

 

のりや障子紙が残っていると、でこぼこした面になりやすいので、見た目もピシッと張った状態になりません。

 

出来上がりに影響してきますので、面倒な作業かと思いますが、ここは念入りに、かつ丁寧に剥がしましょう。

 

出来るだけたるみを少なくする

障子の張り替えで起こりやすい失敗が、貼り終わった後に現れる「たるみ」になります。

 

この「たるみ」をなくすポイントが「仮止め」という作業になります。

 

仮止めとは

障子紙を貼る位置が決まったら、仮止め作業を行います。

一度ここで仮止めをすることで、貼っている途中で偏ってしまったりずれたりすることを防ぎます

 

はるこ
仮止めは、桟と障子紙が水平になっているかをしっかり確認して行ってね。ここ重要よ。ちなみに貼ったり剥がしたりが簡単に出来るマスキングテープは、仮止めをするときのおすすめグッズね。

 

霧吹きを活用する

障子紙に適度な湿り気を与えるために、霧吹きは必須のアイテムになります。

 

もし無くても買う必要はありません。家にある空のスプレーボトルなんかを使って大丈夫です。

 

ボトルはできるだけ細かく霧が出るタイプのものを用意すると良いです。大きな粒が出るものは障子貼りには向きません。

 

剥がすときにはスポンジに水を含ませたものを使っても良いですが、貼り終わった後に修復する際は霧吹きがあった方が便利です。

 
 
 
 

のり貼りだけじゃない!様々な障子貼り

障子の貼り方「両面テープ編」

引用:Youtube

 

はるこ
障子を貼った後ののりの処理って地味に面倒なのよね・・・。両面テープだとそんな手間が無いから魅力的だわ。しかも出来上がりがキレイ!!

 

あつし
障子貼りに使うのりって、普段使ってるのりとは違うから初めての人には両面テープがやりやすいかもしれないね。

 

障子の貼り方「アイロン編」

引用:Youtube

 

あつし
アイロンを使って貼るタイプの障子紙は、張り終わった後にゆっくりしわをとるようにアイロンをかけると、綺麗にぴんと張らせることができるよ。ただし、長時間アイロンを当てると色が変色してしまうのでご注意下さい。ちなみにアイロンはコードレスタイプのものがおすすめ。とても簡単にできます。

 

はるこ
アイロンで貼ると剥がすときもアイロンで出来るのね。何だか昔あっくんが保育園の時につけたアイロンワッペンを思い出すわ~。あの頃のあっくん、すごく可愛かったのよね~。

 

 
 

一部だけ障子紙を張り替えたい場合

 

 

障子紙によくあるのが、「子どもが穴をあけてしまった」「猫が爪をたてて破れてしまった」といったようなハプニング。

 

一部だけ破れてしまったのに、全部を貼りなおすなんて面倒ですよね?

 

安心してください。障子紙は一部分だけ張り替えることもできます

 

張り替えたい部分だけ綺麗に剥がし、のりなどがくっつかないようにマスキングテープで貼る部分を囲ってから新しい障子紙を貼るだけで完了です。

 

最後に霧吹きをかければ障子紙がぴんと伸びてくれます。

 

引用:Twitter

 

あつし
一部分を張り替える場合は、使う障子紙の色を合わせることがポイントです。色が揃っていないと張り替えたところだけ目立ってしまいます。色を合わせると修復跡も分かりにくくなます。逆にあえて全く違う色にしてみても面白いかもしれません。

 

引用:Twitter
 
 
修復箇所がそれほど大きくないのなら、少し大きめに和紙をカットして、裏からのりで貼り付けるだけで修復完了です。
 
 
いろんな形にするとお子さんは喜びそうですね。
 
 
100均に行くとシールタイプの和紙も売られています。
 
 
気になる箇所にシールを貼るだけで、簡単に修復が出来て、しかも桜や雪など可愛い形のものがたくさんあります。
 
 
 
はるこ
季節感も取り入れられ、手軽に使える、しかもコスパもいい!一石三鳥ね
 
 
 

障子の張り替えは業者に頼むといくらかかるの?

 

障子紙の張替えを業者に依頼した場合、1枚当たりおよそ2,500~3,500円が相場と言われています。

 

ただし和紙の種類、障子のサイズ、枚数によって費用は大きく変動します。

 

自分で張替えを行うよりは、費用がかかってしまいますが、短時間で綺麗に仕上げてくれます。

 

また、自分でごみの処理や掃除をしなくてもよいので費用に余裕がある方は、一度業者にお願いしてみるのもおすすめです。

 

あつし
自分で張り替えを行う最大のメリットは、「コストが安い」ことです。おそらく業者に頼むよりも自分で張り替えた方が材料費を含めても半額以下の場合もあります。でも、何帖もの障子を自分で行う手間を考えたら業者に頼むのもありだと僕は思います。

 

はるこ
そうよね。業者によっては、何帖もお願いすると割り引いてくれるところもあるみたいよ。しかも業者は障子の種類も多いから、丈夫なプラスチック和紙なんかを選ぶことも可能よ。

 

やっぱりおしゃれな障子にしたい!障子のdiy事例

 

柄モノの障子紙を使ってみる

引用:Twitter

 

「白い和紙に飽きた」「もっと障子のイメージを変えたい」という方にはピッタリの柄モノの障子紙。

 

あまり派手な柄を選んでしまうと和室の雰囲気に合わずに、障子紙だけが浮いてしまうなんてことに・・・!

 

選ぶ際は色のトーンをおさえたシンプルな柄の障子紙をおすすめします。

 

もう破れない!布を使って丈夫な障子に

引用:Twitter

 

引用:Twitter

 

「破れた障子を張り替えるのが面倒」「破れない障子にしたい」。

 

そんな方は素材を「紙」から「布」に変えてみましょう。

 

丈夫さと言う点から考えても和紙よりもはるかに布の方が丈夫です。

 

子どもやペットが触っても気にならないはずです。

 

 

障子紙でなく、布に張り替える場合は素材選びが重要になってきます。

 

あまりにも安っぽい素材の布を選ぶと、部屋全体も安っぽい感じになってしまいます。

 

和室の雰囲気に合う、上品な素材を選ぶようにしましょう。

 

コスパ最強!やっぱり100均はすごい!

 

引用:Twitter

 

最後は皆さんおなじみの100均になります。

 

いろいろと考えるよりも、まずはお近くの100均に足を運んでみませんか?

 

店内を何となく散策するだけで、diyに使えそうなものが見つかるかもしれませんよ。

 

もし失敗したり、気に入らなかったとしてもそこまで痛い出費にはなりません。

 

「お手軽に」「コスパよく」diyをたのしみましょう♪

 

障子の張り替えもdiyも「楽しく」をモットーに

 

はるこ
障子を張りかえるの、すごく面倒だな~と思ってたんだけど、あっくんの話を聞いてたら何だか張り替えるのが楽しみになってきたわ♪

 

あつし
よかった。障子の張り替えであってもやっぱり楽しく出来るといいよね。

 

はるこ
のりを使わない障子の貼り方も画期的だったし、和室diyはすごく奥が深いのね。母さんはとりあえずこれから100均に行ってみるわ。

 

「和室だし」「障子だし」と言ってあきらめるよりも、何か1つでも足してみるとすごく和室の雰囲気が変わったりするかもしれません。

 

失敗しても、また張りかえればいいんです。それも障子の魅力です。

 

和室に合うインテリアについての記事はこちらになります。

 

【和室リフォーム】インテリアを足しておしゃれな寝室へ!

2019年4月5日

【和室リフォーム】インテリアでおしゃれな和モダン空間へ!

2019年3月18日

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

 

リフォーム費用削減するならここがおすすめ!

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。



■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です