住宅ローンを賢く借り換えよう!借り換え手数料はいくら?

 

住宅ローンを借り換えると、月々の支払額が減るかもしれないいう素敵な情報はご存知でしょうか?

 

もちろん、借り換えるには手数料が必ず発生するので、そこはしっかり把握しておかないといけません。

 

ここでしっかり情報入手してから、銀行へ行って頂ければと思います!!

 

月々の支払額を減らして、浮いたお金を貯金にまわすのもいいですね!

 

住宅ローン借り換えに発生する手数料は??

 

あつし
母さん、この前高校時代の友達に会ったんだけど、住宅ローンの借り替えをしたら支払額が減ったって喜んでたよ。

 

はるこ
あら!そうなの?住宅ローンの借り替えってそんなお得なの?!あっくん、教えてよ♪

 

あつし
(言わなきゃよかった、、、)しょうがないなー。ちゃんと聞いてね!

 

まずはざっくり見ていきましょう!

 

  • 印紙税
  • 保証料
  • 事務手数料
  • 抵当権設定費用
  • 抵当権抹消費用

 

この5つが借り替えに発生する費用になります。

 

印紙税

印紙税は「金銭消費貸借契約書」を交わすときに必要な税金になり、借入金額によって料金が変わります。

 

100万円超~500万円以下 2,000円
500万円超~1,000万円以下 10,000円
1,000万円超~5,000万円以下 20,000円
5,000万円超~1億円以下 60,000円

 

印紙税は書面の契約書に張り付けるものです。

 

、、、という事は、電子契約の場合は印紙税がかからないという事になりますね!

 

電子契約を利用している銀行もありますので、銀行に相談される際は確認してみてはいかがでしょうか。

 

はるこ
電子契約書なんて最近はあるのね〜。

 

住宅ローン借り換えにかかる保証料と事務手数料

 

次に保証料と事務手数料について見ていきましょう・

 

保証料

まずは保証料から説明していきましょう!

 

保証料というのは、銀行が保証会社に代位弁済をお願いする為の費用となります。

 

万が一住宅ローン利用者の返済が滞った時、利用者に代わって保証会社が銀行へ返済し、代位弁済した分を保証会社が利用者に直接請求をするという流れになります。

 

保証料がある銀行

保証料がある銀行→都市銀行、地方銀行、信託銀行

 

  金利上乗せは、金利+0.2%

 

  一括払い型は、借入額の2%

 

保証料がない銀行

保証料がない銀行→ネット銀行、各銀行のWEB専用商品

 

保証料なしでお得ですが、その代わり保証料がある銀行よりも審査が厳しくなります。

 

保証料がない場合、借り換え費用が抑えられるのは良い点ですが、審査が厳しいのが難点です。

 

また、保証料がない銀行は事務手数料が高いケースが多いので、次に事務手数料を見ていきましょう!

 

事務手数料

事務手数料というのは、銀行が住宅ローン借り替えの申込に関する契約業務で発生する作業費用となります。

 

【事務手数料の相場】

 

都市銀行、地方銀行、信託銀行3万円(税別) 

 

ネット銀行、各銀行のWEB専用商品借入額の2%

 

相場を見て頂いてわかる通り、ネット銀行の方が圧倒的に事務手数料が高いですね。

 

例えば2000万円の借り入れをした場合、都市銀行は3万円(税別)のみ。

 

それに比べてネット銀行は2%なので事務手数料は40万円になります。

 

この差はなんでしょうか?

 

それは保証料と関係します。

 

ネット銀行は保証会社を使わずに自社でローン審査を行なっている為、保証料が発生しません

 

その代わり自社で全ての業務を行なっている為、業務の作業費用である事務手数料が高いという訳です。

 

ネット銀行は低金利サービスを提供しています。

 

その為、金利で利益がほとんど出ないので事務手数料を高くとる事で利益を出しています。

 

保証料に関してはネット銀行がお得ですが、事務手数料に関しては都市銀行がお得になります。

 

保証料と事務手数料はセットで考えて計算し、総合的にお得な住宅ローンを選びましょう。

 

あつし
保証料がかからない銀行は事務手数料が高いんだね。

 

はるこ
その逆で、保証料が必要な銀行は事務手数料が安いのね。

 

こちらでは住宅ローンを借り換えるタイミングについて紹介しています。

住宅ローン借り換えのタイミングはこの5つ!後悔しないのはいつ?

2019年8月17日

 

住宅ローン借り換え手数料の抵当権設定費用と抵当権抹消費用とは

 

住宅ローンを借り換える銀行が変われば、抵当権を変更しなければいけません。

 

借り替え前の銀行の抵当権を外す為に「抵当権抹消」を行い、その次に新しく借り替えをする銀行の「抵当権設定」をします。

 

抵当権抹消費用

登録免許税:不動産1個あたり1000円

司法書士への報酬:設定済み抵当権1件につき1~2万円

 

抵当権設定費用

登録免許税:借入額の0.4%

司法書士への報酬:3~10万円

 

住宅ローン借り換え手数料の支払い方法

 

借り替え手数料の支払い方法は、銀行によって異なりますが主に3つあります。

 

  • 一括払い
  • 借り入れ時に支払わず、金利に上乗せして月払い
  • 手数料分もローンで借り入れる

 

金利に上乗せして支払う方法は、金利が高くなる分返済額が増えます

 

毎月の返済額を抑えたい場合は注意して下さい。

 

手数料分をローンで借り入れる方法は、残高に上乗せして借り入れるものと、住宅ローンとは別で借り入れをするものがあります。

 

これは銀行によって異なりますが、どちらにしてもローン残高は増えます。

 

しかし、残高は増えたとしても金利が低くなる事により返済額が減るのであれば、借り換えをして損はないと思います!

 

こちらで住宅ローンの費用相場について紹介しています。

住宅ローンの借り換え費用はいくら?かかる諸費用の相場は?

2019年7月22日

 

住宅ローンを賢く借り換えよう!借り換え手数料はいくら?のまとめ

 

今回は、住宅ローンを借換える際の手数料に注目してみました。

 

【住宅ローン借り替え時にかかる費用】

  • 印紙税(電子契約の場合は発生しない)
  • 保証料(ネット銀行は保証料は発生しない)
  • 事務手数料(ネット銀行は借入額2%、都市銀行は3万前後)
  • 抵当権設定と末梢費用(司法書士により料金は異なる)

 

【手数料の支払い方法】

  • 一括払い
  • 金利に上乗せして月払い
  • 手数料分をローンで借り入れる

 

金利に上乗せして支払う方法と、手数料をローンで借り入れて支払う方法は、ローン残高が増えて支払額が高くなる可能性もあります。

 

しかし支払額が減る場合が多いので、一度銀行でシュミレーションしてもらう事をオススメします!

 

はるこ
いくつか銀行でシュミレーションしてもらおうかしら♪あっくん、付いて来てくれるでしょ??

 

あつし
そう来ると思ったよ、、、。

 

あつし
皆さんも銀行でシュミレーションをしてもらい、いくつか見比べてお得な借り替えをしましょう♪

 

こちらでも住宅ローンについて紹介しています。

住宅ローン借り換えは本当にお得?メリットデメリットを基本から解説

2019年6月22日

 

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です