玄関の床タイルをリフォーム!自分でもできるDIY!費用はいくら?

玄関の床タイルをリフォーム!自分でもできるDIY!費用はいくら?

はるこ
ねぇ?あっくん。実際玄関のリフォームのDIYしたらどれくらいかかるの?

あつし
やっぱりそこは気になるよね。正直広さによって違い出てくるけどざっくりと説明するね。

こちらに関しては読者様の玄関の大きさや、リフォームを考えている範囲によって異なってきますので、ざっくりとした感覚で見てください!

まず、上記の床タイルを基準に床タイルの費用計算表にしてみましょう!

タイルの種類 1枚 玄関サイズが1m²~1.5m²(内側のみ) 玄関サイズが3m²~4.5m²(外側も含む)
フロアタイル 300円~(450mm×450mm) 3000円~(450mm×450mm)約10枚 6000円~(450mm×450mm)約20枚
Pタイル 300円~(450mm×450mm) 3000円~(450mm×450mm)約10枚 6000円~(450mm×450mm)約20枚
ノンストップシート 2500円~(1350mm×1350mm) 2500円~(1350mm×1350mm) 5000円~(1350mm×1350mm)約2枚

また、床タイル以外にもタイル用のボンドが必要です。

もし、玄関の外側と内側をPタイルでDIYを考えているなら・・・・

6000円~(Pタイル約20枚ほど)+3500円~(タイル用ボンド)=9500円~

あつし
Pタイルの場合、価格300円~/1枚ですから正直、サイズをきっちり合わせて購入するのもいいと思いますが、失敗した時のことを考えると多少は余裕をもって購入してもいいかもしれませんね!

ちょっとした疑問!玄関はどうして床タイル?

はるこ
ねぇ?あっくん。玄関ってどうして床タイルが多いのかしら?どこの家も床タイルが基本だから少し気なっちゃって。

あつし
そうだね。玄関には床タイルが使われていることが多いね。理由は至って普通だよ!まずそこから説明していこうか?

読者様もちょっとした疑問で母さんみたいに思ったことはないでしょうか?

こちらに関しては玄関がどういった場所か考えてみてもらったらわかると思います!

玄関では土のついた靴などで歩くため、傷に強く、雨にぬれた靴で歩いても変質や剥がれが起こらない床材でなければいけません!

フローリングやカーペットなど、水を吸う床材は剥がれや変質や、カビの発生の恐れがあるため、玄関で厳しいと考えられます。

よってそういった条件をクリアするために丈夫で、水にも強い床タイルが玄関使われることが多いのです。

床タイルにも様々な種類があり、鏡面タイプで水はけにとても強いものや、凹凸があって防滑性がとても高いものなどもありますね。

はるこ
へぇー。そうなのね。玄関にフローリングも面白いかなって思ったけど、確かに雨の日とかに帰ってくると玄関って泥などでとても汚れるわよね。そう考えると水に強くなかったら大変ね。

あつし
そうだね!もちろん定期的に玄関の張替えをするのであればできなくはないと思うけど、やっぱり玄関は劣化が激しいと思うよ。でも最近だとフローリングみたいなタイルがあったりもするからそういうのを使うのもいいかもね!

玄関の様々な床タイル

まずはいろんな人の玄関を見て、どんなふうにリフォームしたいかイメージを膨らませてみましょう。

ということで、Instagramからいろんな方の玄関タイルをピックアップしてみました!

もちろん、ガンガン作業に入っていくこともいいことだと思いますが、いろんな玄関をチェックして自分のリフォームしたい玄関をイメージするのも大事ですよ!

View this post on Instagram

៸៸៸ 今日は我が家の玄関タイルを 紹介させて下さい⌄̈⃝ 興味ない方はスルーで大丈夫です🙆‍♀️ ・ 我が家は#平田タイル の#ピエドゥラ を採用しました! お家計画始めた頃から 玄関タイルは100角サイズのタイルがいいなぁ と思って見つけたのがピエドゥラでした。 ・ HMさんからは取り扱ったこと がないから難しいかも… と渋られましたが、 なんとか採用できました( ⸝⸝⸝⁼̴́◡︎⁼̴̀⸝⸝⸝) ・ 全色mixと悩んだ末 我が家は1002 1003 1004 の均等mix にしました(˙˘˙*) 1004が入る事で少しアクセント になりました⌾ 玄関タイルの目地は HM推奨はホワイトかグレーでしたが どちらでもなくベージュにしました! LIXILのイナメジアファシリーズのベージュです。 ピエドゥラとも馴染みがよく 凄く自然です( ᵒ̴̶̷̤໐ᵒ̴̶̷̤ ) 細かいけど、目地までこだわった甲斐が あったかなぁと今となって思います😊 汚れも目立たないのでおススメ😂😂 ←これめっちゃ重要w もしこれからピエドゥラを採用 されるか悩まれてる方の参考になれば いいなと思います♡ ・ #おうちのこと#マイホーム#マイホーム記録#マイホーム完成#注文住宅#新築#漆喰の家#ナチュラルな家#小さなお家#シンプル#玄関#玄関タイル

mikiさん(@mik__house)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

あつし
こちらの方はいろんな色のタイルを使って、色合いをうまく活かしてます!とてもおしゃれですね!

View this post on Instagram

玄関タイル❤️ 良い色で満足😍😍 #マイホーム #マイホーム建築中 #マイホーム計画 #玄関タイル

K..houseさん(@sark710)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

あつし
タイルの柄とてもいいですね!僕も石材のような材質は好きですね!

引用:Instagram

あつし
モノクロでとても遊び心のある玄関ですね!タイルの並べ方でおしゃれ感をアップできますね!!

さぁ始めよう!床タイル!自分でDIY!

では、実際に床タイルのDIY方法を見ていきましょう!

床タイルのDIYに必要なもの

あつし
まずは床タイルのDIYに必要な道具だね!基本的なものを紹介していくよ!

必要な道具

・金づち・金属ヘラ・スクレイパー・スケール・チョークライン(チョークリール)・ボンド用の刷毛

・油性ペン・定規(大)・さしがね・カッター(大)・スポンジ・ローラなど

必要な材料

必要な材料

・使用したい床タイル

・使用したい床タイル用のボンド

聞きなれない道具もあったと思います。少しピックアップしてご紹介しますね。

チョークライン(チョークリール)

チョークラインとは糸の先端に付いているパーツを材料に固定し、あとは線を引きたい場所まで本体を持って「糸」を引っ張ります。

チョークラインの糸には「粉」がついているので、あとは材料の上に張った糸を指で弾くと、粉がつくのでまっすぐ罫書き線が引ける優れものです。

引用:Amazon

シンワ測定 ハンディチョークライン 5倍速手巻 粉付3倍太糸 ブルー 77560

価格:2091円 通常配送料無料

あつし
基本的にはマジックなどで凹凸があって線などがうまく引けない時に使うためのものです!

スクレイパー(スクレーパー)

知っている方は知っているかもしれませんが、簡単なものだとシールはがしなど、はがしものをするときに使うコテみたいなものですね!

今回はタイル用のスクレイパーを用意してくださいね!

引用:Amazon

土牛 Pタイルスクレーパー 65L300

価格:1319円

あつし

ちなみにローラーなどは木材にタオルまくことで代用品として応用することもできます!

どの道具もほかのDIYでも使えるものが多いのでぜひこの機会に購入してみてもいいかもしれませんよ!

まずは貼りたいタイルの種類を選ぼう!

あつし
次はタイルについてだけどこれはやっぱり好みがあると思うから特徴だけ説明するね!

タイルにもいろいろな種類があります!自分の玄関にあったタイルを選びましょう!

フロアタイル

フロアタイルは塩化ビニル製のタイル状の床材のこと。

柄バリエーションが豊富で素材感をリアルに表現した凹凸加工も魅力です。

土足対応でキズにも強く、カッター1本でカットができ施工が簡単な事から、住宅や店舗によく使用されています。

あつし
内側のタイルであれば問題ないかもしれませんが、外側のタイルではあれば少し耐久性が低いかもしれませんね。タイルを選ぶときしっかり確認しましょう!

Pタイル

Pタイルとは磨耗に強い塩化ビニル系床材のこと言います。

塩化ビニル樹脂や炭酸カルシウムなどの原料を混ぜ、薄い板状に形成した床材をPタイルといい、一般的にはコンポジションビニル床材と呼ばれています。

Pタイルの大きな特徴は傷や汚れに強く、耐薬品性、耐水性、難燃焼性に優れていることから様々な場所で使用されています。

あつし
一般的に玄関使用されているタイルはこちらが一番多いと思います!加工のしやすさと耐久性を考えたら1番の理由に頷けますね!

ノンストップシート

ノンスリップシートはマンションの外階段や浴室、厨房など水に濡れやすい場所などによく使われている、表面にエンボス加工を施したシート状床材で、防滑シートとも呼ばれています。

完全屋外対応品や室内・半屋外対応品、消臭などの機能性がある物があり、幅広いシーンに対応します。

あつし
雨の日など、滑り止めがついていると転ぶ心配もなくなりますね。子供がおられる方などはこちらを選ぶのもいいかもしれませんね!

始めよう!床タイルのDIY!

あつし
じゃそろそろ床タイルのDIYのやり方についてだね!今回はPタイルでの工程を説明するね!

・今貼ってるあるタイルをはがす

①フロアタイルの境目に金属ヘラを差し込み、ヘラの先が下地に届くまで金づちで叩き込みます。

②手で掴める位まで剥がせたら、両手でめくりあげていきます。同じようにして他のフロアタイルも剥がしていきましょう。

③フロアタイルがすべて剥がせたら、下地に残ったボンドの凹凸をスクレイパーで削り取り、下地を平坦にしておきます。

しっかり基準線を引こう!

①土間の長い面の長さを測り、その長さの中央に印を入れます。

②印から印までチョークラインを使って真直ぐに線を引きます。

タイルを固定するためのボンドを塗ろう!

①ボンドを土間に適量出し、ボンド用クシで広げていきます。

②端からのボンドのはみ出しを防ぐために、端は1cmほど開けて塗っておきます。

③ボンドが塗れたらオープンタイムを取ります。

Pタイルを貼っていこう

①室内側から貼り始めます。基準線にPタイルの端を合わせ、室内側の框に突きつけて置きます。

②Pタイルが置けたら、ローラーでしっかりと圧着します。次に置くPタイルは先に貼ったPタイルに突きつけて貼り進めます。

③途中でボンドがはみ出てきた場合は、すぐに濡らしたスポンジできれいにボンドをふき取りましょう。

まとめ

  • 玄関で床タイルが多い理由は、土のついた靴などで歩くため、傷に強く、雨にぬれた靴で歩いても変質や剥がれが起こらない床材でなければならないため!
  • いろんな玄関をチェックして自分のリフォームしたい玄関をイメージするのも大事!
  • 床タイルのDIYで使う道具は、ほかのDIYでも使えるものが多いのでぜひこの機会に購入がおすすめ!
  • タイルにもいろいろな種類があります!自分の玄関にあったタイルを選びましょう!

読者様もDIYをやってみると分かりますが、床タイルのリフォームは意外と簡単にできますよ!

この記事をみて、ぜひ挑戦してみて下さいね。

ところで玄関ポーチの柱は劣化していませんか?この機会に点検してみましょう!

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

トップへ戻る

 

見積を無料でするなら絶対この3社がおすすめです!

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心
リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり
リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり
タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です