外構工事 おしゃれの鍵は一体何だ?施工例も一挙紹介!

 

外構とは、塀や門、庭、植栽、アプローチ、車庫など家の外側を形づくる構造物そのものを指す言葉です。

そのデザインによって印象を左右するので、外構は住まいの顔といっても過言ではありません。

リフォームによりセンスの良いおしゃれな外構にしたいという方もおられるほどです。

今回はその外構のおしゃれさを決定づける鍵について、外構工事の施工例を交えながらお話します。

後半は、その鍵について詳しく掘り下げますので少しでも参考になれば嬉しいです。

 

はるこ
おしゃれの鍵ってなぁに?すごく気になるわ。

 

あつし
これから順に話していくから楽しみにしてね。

 

はるこ
じらすわね~。でもあっくんのことだから今回も色々調べてくれてるのよね。楽しみだわ。

 

外構工事 おしゃれな施工例4つ

 

外構工事によりおしゃれなお家になったという声をSNSから集めました。

https://twitter.com/partnerhome_twi/status/1168433296700653570?s=21

引用:Twitter

 

アシンメトリーなアプローチ、やさしい緑色の芝を取り入れたお庭に郵便受けの赤色が映え、ポイントになっていて素敵ですね~。

建物の外壁には落ち着いた色が使われていますが玄関部分には明るい色の天然木が用いられ、ポップなお庭とすることでおしゃれな外観となっています。

 

引用:Twitter

 

こちらは天然芝や植栽だけでなく花壇には石、その裏には枕木材を並べて立て、すっきりとしたカッコいい印象を与えています。

さまざまな素材を用いていながら全体的に上手くまとまっていてお見事です。

 

ちなみにこの枕木材は腐食しにくいものが使われているそうです。

枕木材を取り入れる際は、防腐処理だけでなくシロアリなどの防虫処理が施してあるものを選ぶ必要があります。

その欠点を克服したコンクリート製の枕木なんかもあります。

ローメンテナンスなコンクリート製は助かりますね。

 

引用:Twitter

 

こちらはレンガと植栽、アンティークな外灯が訪問者の目を引き、しっかりと温かみのある雰囲気が出ています。

表札をこしらえた塗り壁と門手前部分に曲線を用いることにより、さらに優しい印象に仕上がっていてデザインへのこだわりが感じられます。

 

引用:Twitter

 

ラストはDIYの一例です。

こちらはIKEAのウッドパネルを使って敷地内通路の一角を自分好みに演出されています。

ウッドパネル自身に深いあじわいがありますし、パネルの隙間からにょきにょき生えてきた草とウッドパネルが良いコンビネーションとなって、DIYとは思えないほどのおしゃれ感が出ていますね。

少しでも生えてきたら気になってしまうことの多い庭の草ですが、趣が感じられむしろプラスになっています。

 

 

以上、施工例を4つ紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

これら外構デザインの共通点がお分かりでしょうか?

それは、木や草などの力的な雰囲気を作り出しているということです。

 

例えば、これまでの投稿写真において草木が使われなかったデザインだった場合はどうでしょう?

おそらく殺風景で物寂しい感じになります。

場合によっては冷たい印象を与えるような無機質な外構になってしまうかもしれません。

そうだとしたらとても残念ですよね。

 

外構デザインの好みは人それぞれなのは確かなのですが、自然なぬくもりが感じられるものは人気が高いです。

それではこちらの図をご覧ください。外構デザインの傾向をテイスト別に表してあります。

 

引用:ガーデンプラス

 

この図の中央に位置するナチュラルモダンはSOFTでもHARDでもなく、WARMでもCOOLでもない、万人に愛されるタイプだということがわかります。

そうです。

これまで紹介してきた施工例は全てナチュラルモダンタイプにあてはまります。

ナチュラルモダンとは、現代的なスタイリッシュさに自然な風合いを取り入れたスタイルのことをいいます。

 

自然は人を癒し、人は自然のもつ力によって元気づけられその結果、心惹かれるものです。

 

植栽や天然石を取り入れたり、レンガや木目調のアイテムを使ったりして自然と調和した優しい雰囲気で仕上げる外構は、非常に美しいです。

 

そして、ナチュラルモダンが人気だという決定的な理由をお教えしましょう。

 

それは・・・

 

日本では今、空前の北欧ブームがやってきているからです。

 

家具やインテリア、雑貨、ガーデニング、ファッションまで北欧スタイルが流行しています。

北欧風のデザインは男性からも女性からも大変人気がありますよね。

 

北欧スタイルの特徴は、機能性を追求しながら木製や布製などを取り入れた温かみのあるナチュラルなコーディネートにあります。

天然素材を多く用いるナチュラルモダンに類似した特徴であることがお分かりいただけると思います。

皆さんも是非、ナチュラルモダンタイプや北欧スタイルの外構デザインを取り入れませんか?

 

 

家の外壁をレンガにするリフォームもあります。

気になる方はこちら▼をどうぞ。

 

外構工事 おしゃれにするなら植物にこだわろう

 

これまで天然素材を用いたナチュラルモダンの良さをお伝えしてきました。

建物とのバランスや外構を合わせた全体のデザインも大切ですが、ナチュラル感を出すためには欠かせない緑や花にこだわってみましょう。

 

外構に北欧風のナチュラルテイストを取り入れるための植物を選んでみます。

プロに相談してみるのもいいですね。

実は、外構工事の中でもガーデニング工事を請け負ってくれるみどりの専門家が存在するくらい外構工事の需要が高まっているんです。

 

 

庭まわりの空間づくりについてはこちら▼の記事を参考にしてください。

【リフォーム】庭周りの空間作りで押さえておきたいポイントは?

2019年10月9日

 

平成20年頃からお住まいを象徴する木のことをシンボルツリーという言葉で表現されるようになりました。

 

シンボルツリーにこだわるのも良し、植栽する際にバランスを取るようにその木の周囲に草花を植えるのもおすすめです。

そうすることで、なんとなく物足りなく感じていた方もシンボルツリーが引き立てられ満足できるはずです。

 

それではナチュラルテイスト・北欧スタイルの外構に必要な、今注目されているシンボルツリーや草花について紹介します。

 

シンボルツリーのおすすめ3選

お住まいを引き立てるシンボルツリーの種類はたくさんあります。

落葉樹や常緑樹、洋風に合うものや和風に合うもの、大きく成長するもの、コンパクトにまとめられるものなど色んな特徴の庭木が存在します。

中でもよりナチュラル感の強いシンボルツリーを今回は3種類紹介します。

 

まずはこんなツイートがあったのでご覧ください。絶妙な緑の使い方により、見る者を楽しませるような良い雰囲気をかもし出しています。

引用:Twitter

 

1.ソヨゴ

先ほどの写真はソヨゴという木です。

モチノキ科・モチノキ属の常緑樹。

細身だけどしなやかな木で柔らかい印象なのが人気の理由です。

日本原産なので日本の広範囲で植栽可能です。

 

葉が風に「そよそよと音をたててそよぐ」ということから名前がつけられた木なんです。

成長がゆっくりなため簡単な手入れで済み、年に1回くらい適切な整枝をすればコンパクトに維持が可能です。

場所を取らないのでお庭のあらゆる場所への植栽ができるというのがいいですよね。

生育の穏やかさから、上の写真のようにポストに寄せても植栽できます。

 

ソヨゴの花言葉は「先見の明」。

縁起が良さそうですね。

6月ごろに小さくて白い花、秋に赤い果実をつけるのでこちら1本で観賞価値が高いです。

 

短所といえば、夏に「渇斑病(かっぱんびょう)」というカビの仲間による病気が発生することがあります。

最悪の場合、枯れてしまうこともありますが発病した葉を取り除いてやれば大丈夫です。

 

2.オリーブ

平和の象徴でもあるオリーブは、モクセイ科・オリーブ属の常緑樹です。

栄養価の高いオリーブの実が有名ですが、白味がかった葉や枝も印象的で葉の付き方が可愛らしくおしゃれなカフェやサロンでも見かけます。

5~6月には芳香のある白い小花をたくさん咲かせます。

温帯気候である地中海地方原産ということもあり寒さに弱いですが、鉢植えにすればバルコニーやお部屋の中でも楽しむことができます。

 

オリーブは一般的に自然樹形で育てるため、剪定は容易です。

どちらかというと枝が伸びてしまった状態のほうが不思議と美しく見えます。

真っ直ぐにすらりと伸びた枝に表裏が異色の葉がきらめくように見えるからだと言われています。

 

3.シマトネリコ

シマトネリコもシンボルツリーとして人気が高いです。

モクセイ科・トネリコ属の常緑樹。

病害虫には強いですが、その生命力から成長スピードがびっくりするくらい速いので剪定や植栽するスペースには注意しましょう。

狭い場所に植栽すると成長速度が増す傾向があります。

 

しかし、このような投稿がありましたのでご覧ください。

こちらはご自身で植栽されているので、成長速度の理由から育てるのが難しそうなシマトネリコでも留意点さえおさえておけば扱えることがわかります。

ウッドデッキに植栽を合わせることでナチュラル感がすごく出ていますね。

引用:Instagram

 

シンボルツリーを植えることで自宅に居ながら季節を楽しめるなんて贅沢すぎます。

冬に葉を落とす落葉樹のほうが四季を感じられますが、今回は常緑樹を3つおすすめしました。

なぜなら常緑樹は一年中葉をつけるので、外から家の中が見えないよう目隠しの役割を果たしてくれるからです。

玄関やリビング側に植えると良いですね。

 

また、シンボルツリーはおめでたい行事や出産祝いの記念樹とするご家庭もあります。

家族とともに歴史を刻んでいくなんて素敵ですよね。

 

シンボルツリーを考える上で注意したいことは、常緑樹であっても落葉があるので掃除が必要だということと、病害虫に強い品種であっても虫が全くつかない木はないということです。

そのあたりもしっかり理解した上でシンボルツリーの植栽を考えましょう。 

 

シンボルツリーは、なにより五感を刺激してくれる素晴らしいものだと思います。

カラフルな花や実、その香りを楽しんだりや葉が揺れる音を感じる、果実を味わうことができるものもあります。

手に取って感触を確かめたり押し花をして楽しむのも良いですね。

 

気を付けるべき点を理解した上で植栽を選び、色彩豊かにそして生活をより豊かなものにしてみませんか?

 

はるこ
ナチュラルテイスト、母さんも大好きなのよね~。

 

あつし
趣味のガーデニングに取り入れてみたらどうかな。小物からなら取り入れやすいと思うよ。

 

はるこ
そうね。シンボルツリーはあっくんが結婚して家族が増えてからということで取っておくわ。

 

あつし
なんかまたプレッシャーをかけられているような・・・。

 

はるこ
気のせい木のせい。なんちゃって。。。

 

あつし
木もいいけど、次は草花を紹介するよ。

 

おすすめの草花

イワダレソウ

クマツヅラ科・イワダレソウ属の植物。

地を這うように生育する習性から、芝生に代わるグランドカバーとして最近注目を集めています。

春から夏にかけて小花を咲かせ、手入れも芝生ほど必要でないため人気があります。

 

ラベンダー

シソ科・ラヴァンドラ属の多年草です。

日用品に利用されるほどハーブとしてよく知られています。

ラベンダー畑とまではいかなくても片隅においてやるだけでも、春に咲かせる花の色味に雰囲気があるし優雅な香りもするのでおすすめです。

その香りは天然の害虫除けにもなります。

 

ベロニカ・オックスフォードブルー

オオバコ科クワガタソウ属の多年草です。

ベロニカはとっても種類の多いお花です。

3~6月になるとあざやかなブルーのお花を咲かせます。

見た目はオオイヌノフグリという花に似ていますが、こちらのほうが花径が大きく色が濃いのが特徴です。

茎はよく分岐し横に広がるためグランドカバーとしても利用されます。

 

https://twitter.com/funifuniena/status/979956915085037568?s=21

引用:Twitter

 

お庭の大切な植物を病害虫により枯れてしまうのを防ぐためには、まずは毎日の観察をしっかりおこなうことから始めましょう。

早い段階で対処すれば被害を食い止めることができるかもしれません。

 

緑をバランスよく外構に取り入れておしゃれにしたい。

メンテナンスはなるべく手の掛からないほうがいい。

 

植物の生態や経年変化、メンテナンスを考慮した設計を希望する場合は、外構・ガーデニング工事のプロに相談してみましょう。

 

外構工事 おしゃれの鍵は一体何?まとめ

 

・おしゃれな外構への鍵は緑と花。

 

・外構デザインはナチュラルモダンタイプが人気。

 

・ナチュラルモダンの外構には天然素材を意識してバランスよく取り入れる。

 

・ナチュラルテイストの北欧ブームに乗るのも、おしゃれ度UPの外構にすることができる。

 

・シンボルツリーや草花は見た目と特徴から条件をしぼって選ぶのがおすすめ。

 

 

 

【外構リフォーム】玄関アプローチに関する記事に興味がある方はこちら▼をご覧ください。

【外構リフォーム】玄関アプローチの素材別おしゃれな実例10選!

2019年11月19日

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

リフォーム費用削減するならここがおすすめ!

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。



■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です