変えたい!外構・エクステリア!リフォーム費用の価格相場は?

門

自分の家を建てるとき、建物の外回りはどうしますか?

今から家を建てる方、使いにくくなった家の周りのリフォームを考えている方がいらっしゃるかと思います。そもそも建物の外回りのリフォームは、どこに頼んで、金額の相場はどのくらいか、予算に収まるか、そしてリフォーム会社の工事の質はどうなのか。

気になりませんか?

家を建てたとき、お金の面や時間の都合で、結果的に後回しにされることが多いのが家の外、つまり外構・エクステリアと言われるところです。ところが、外構・エクステリアこそが家の顔なのです。

考えてみてください。遠目から見たときには、建物自体が見えます。しかし近くで見たときに一番よく目に入るのは外構・エクステリアなのです。そんな大切なところは、誰に見られてもいいようにしておきたいと思いませんか?そして防犯面でも、整えておくことが大事となります。

 

人生のなかで家を建てるというのは、一般的にはそうはないことです。

結婚して、最初はマンションに住んでいたけど、こどももできた。大きくなった時のことを考えて一軒家を建てたい。引越しをすることになって、中古住宅を買ってリノベーションをしようと考えている。いずれにしても、それぞれの事情で自分の家を用意することって、人生の一大イベントの1つだと思ってもいいくらいではないでしょうか。

家を建てるからには、立地はここら辺、広さはこれくらいにしたい、動線や将来のこどもの成長を考えて間取りはこんな感じ。キッチンや水周りはどうする、インテリアはどういうふうにしようか。玄関とリビングはこだわりたい。

だってこの際だから…!

予算を考えたり、業者との打ち合わせ、スケジュール、いろいろやることがあって大変なことも多いですが、完成した我が家を想像したり、楽しみなことも多いですよね。

そんなふうに、家を建てる時にまず考えるのは当然建物本体です。建物の外に関しては、イメージは何かあるけど、最初から厳密な計画を立てる方は少ないのではないでしょうか?

 

そして、後になってリフォームしようかな、と考えたときに、意外とよくわからないっていうことがよくあるのも、外構・エクステリアです。リフォーム全般に言えますが、現状とプランによって費用も依頼先も計画も変わってくるからです。

 

ここでは、外構・エクステリアのリフォームの費用の価格相場、どこに依頼するか、依頼する時に注意することについてまとめてみたいと思います。

 

外構・エクステリアの範囲は思ったより広い

 住宅外観

あつし
まず、外構とエクステリアは簡単にまとめると建物の周囲全てが範囲なんだ。厳密には外構は家の構造にかかわる機能性を重視した外回り、エクステリアは外回りの装飾、という意味で違うんだけど、今はほとんど同じ意味で使うよ。

インテリアは家の内部のことをいうけど、その反対ってことだね。

 

 外構工事の種類としては主に次のものがあります。

エクステリアの範囲

1.門・門袖前・門柱 2.アプローチ 3.ポーチ 4.境界壁 5.カーポート 6.庭(芝生、花壇)7.テラス・バルコニー・デッキ 9.塀・フェンスなど

 

エクステリアと外構のスタイル

外構工事のスタイルは、家の構造面から見ると3つあります。

 

境界線を門扉やフェンスで仕切らない「オープンスタイル」

オープン外構   引用:スペースガーデニング

アメリカなどでよくみられるように、囲う物がない状態です。

オープンスタイルのポイント
●メリット

芝生や低い樹木で境界の代用をしながら、人の目を楽しませることもできます。開放感があり、明るく風通しがよいのが特徴です。

門扉などがない分費用も抑えられます。敷地を見渡せるので死角がなく侵入者の発見などがしやすいです。

 

●デメリット

簡単に侵入もしやすいリスクがあります。建物に防犯性能のある物を備え付ける必要があります。また、道行く人に建物の内部などが覗かれてしまう可能性があります。

お子さんやペットの急な飛び出し、交通量の多い道に面している場合は特に注意が必要です。

 

家の周りをぐるりと囲う「クローズ ドスタイル」

クローズド引用:スペースガーデニング

『サザエさん』の家のように、日本古来の住宅の様式でよくみられます。比較的背の高い門扉やフェンス、壁を設け、駐車スペースにシャッターゲートを設けることがあります。

クローズドスタイルのポイント

●メリット 

プライバシーを確保でき、自由に家族が過ごせることです。こどもも庭で安心して遊ばせることができます。簡単に侵入できないようにしたり、取り入防犯カメラやセンサーなどをつけることで、防犯性能を高めることも可能です。

全体的に威厳のある重厚感ある雰囲気となることがあります。

 

●デメリット 

どうしても閉鎖的になり、敷地が狭い場合、圧迫感を感じることになります。

 

③その折衷になる「セミオープンスタイル」

セミオープン外構引用:スペースガーデニング

門扉だけ、門柱だけを設けて、覗かれたくないところだけ目隠しフェンスを建てる、といったように、オープンとクローズドの長所をとりいれたスタイルです。現在はこのスタイルをとる建物が多いです

セミオープンスタイルのポイント

●メリット 

完全に閉じないので、ある程度の開放感があります。近隣や地域住民との自然な交流がしやすくなります。

とはいえ、必要な部分に限定してフェンスな門扉などでガードするスタイルですので、防犯性能やプライバシーを高めることができます。建物と外構で二重に防衛が可能です。

デザイン性が高く、フェンス、塀などで自分の求める住まいを実現できます。部分的な工事なのでコストも抑えられるため、飽きたら変えるということも可能です。また、両方のいいデザイン性や雰囲気を取り込んでいるので、どんな街並みにも溶け込める外観となります。

 

●デメリット

両方の面をとっているので、中途半端なものになることがあります。オープンほど開放感はなく、クローズドほどセキュリティ面が及びません。

費用の面でも、クローズほどはかかりませんが、オープンほど抑えられません。ある程度のコストは見込んでおく方がいいでしょう

 

 

はるこ
エクステリアって、そんなに範囲が広いのね、それじゃあ、ほんとに自分の家をどうしたいかちゃんと考えないといけないってことね!

 

あつし
さすが、母さん!わかってるね!

 

エクステリアのリフォーム費用は100万円くらいで大丈夫!?

電卓

はるこ
はい、先生!じゃあ、結局エクステリア工事の費用っていくらかかるんですか?

 

あつし
やっぱり、そこ気になるよね。

 

結論を言うと、「いくらかかりますか?」という漠然とした質問に一言で答えられるものではありません

補足
エクステリアのリフォーム費用
=施工費+材料費+経費

 

あつし
費用の違いは経費の部分で異なってくるよ。例えばハウスメーカーだと、この経費がエクステリア専門業者に依頼する場合と比べて割高になるんだ。

 

はるこ
請負業者にお金がかかるから?

 

あつし
そうなんだよね。ハウスメーカーに限らないんだけど、他の業者に外構工事を頼んでいるところはそうなるよね。
 

 

例えば同じ300万円の外構工事をしてもらうにしても、ハウスメーカーはエクステリア専門業者には及ばないのが現実のようです。300万円の内容であれば、優秀なエクステリア専門業者はかなりの質の高さでリフォームを仕上げてくれます。

 

あつし
もちろん、ハウスメーカーにもメリットがあるし、エクステリア専門業者にもデメリットはあるんだ。それは、あとで説明するね

 

はるこ
じゃあ、どこに頼むかっていうこと以外に費用を抑える方法ないかしら?

 

リフォーム事例の相場

一部のリフォームの場合、10万円から100万円でおさまることが多いようです。最も事例の多い費用の範囲は60~100万円あたりという算出があります。

ただ、範囲にもよるため、全体的に外構をリフォームすることになると、300万円を超えることもあります。

また、外構工事の内容は立地、敷地の状況や、どのようにしたいかという希望によって異なってくるものです。

資材に何を使うかによっても違ってくるので、複数の会社から見積もりをとっても、100~200万円の違いが出ることも珍しくありません。

 

あつし
詳細な見積もりを出すためには、業者に現場に来て見てもらい、こちらの用意できる予算、要望や、条件、状況などを詳しく伝えてからにしましょう。

 外構工事で費用をおさえるポイント

外構工事とは家の敷地部分に手を加えて設備や庭を整えることです。

都市ガスの引き込み工事や境界ブロック、フェンスの設置、タイル工事、その他にも駐車場や門扉・門柱の設置や砂利敷などがあります。

その費用は使用する部材や施工方法、希望する外構工事の内容、および現状の設備状況などによって違いが出てきます。それぞれの箇所の工事で使用する素材によって工事費用が大きく異なってきます。

 

費用を抑えるためのポイント

①外構工事をできるだけシンプルに仕上げる

例)外構をオープンスタイルにする

②必要最低限の工事だけに絞って行う

例)アプローチはデザイン性の高い敷石よりもシンプルなレンガなどを敷く

例)家の正面にある門柱だけ外構工事する

③DIYで対応する

例)駐車スペースはコンクリートを最小限にして、砂利をまく

 

加えて複数の業者に見積もりを依頼して比較検討をしましょう。費用を抑えたい場合は、使用する部材などについても業者と相談して、できるだけ安い商品の提案をしてもらうと良いですね。

 

あつし
母さんがガーデニングでやってる花壇とか土留めもりっぱなDIYで、費用を抑える大事なポイントなんだよ

 

はるこ
あら、そうなの?じゃあ、あっくんには近いうちにゴージャスで優雅なテラスとかをDIYでつくってもらおうかなあ

 

あつし
…無理です。デッキの取り付けくらいならできるかもだけど

 

依頼するなら、大手会社であればとりあえず安心!?

 

考える人

以上のことを把握したうえで見積もりをとる段階になったとします。

どこに相談して頼めばいいかということがわからない、と思う方も多いでしょう。エクステリアリフォームが初めての人もいるでしょうし、インテリアリフォームと比較しても何度も計画することではないですからね。

でもエクステリアも『一生付き合っていく空間』で、住む人にとっては建物と同じものです。ですから、ここで妥協してしまうと、後悔することになります。

 

後悔しないリフォームをするためには、優良業者と出会うことがカギを握ります。

 

エクステリアのリフォーム業者には 、大きく2つあります。

 

エクステリアリフォームの依頼先

①ハウスメーカー

②エクステリア専門業者

 

はるこ
さっきお金がかかるって言ってたけど、やっぱりハウスメーカーに頼むのが一番安心って思うわよね。だって今住んでる家を建ててくれたところなら、家の中と同じように家の外のリフォームも任せられるでしょ?

 

あつし
たしかに建物自体や中のリフォームに関しては、優れたハウスメーカーに頼むのがいいということはあるよ。ただ、さっきもちょっと言ったけど、エクステリアに関しては一概にそれが最適とは言えないみたいなんだ。

 

はるこ
え、どういうこと?ハウスメーカーで、なんか許可を持ってる会社を選ぶと安全とか言ってなかった?

 

あつし
母さん、すごい、覚えてるんだ。ただ、その話はリフォーム会社全般のことで、今話しているのはエクステリアのリフォーム依頼先としてのハウスメーカーのこと。

ハウスメーカーって本来は住宅建設が専門なんだ。エクステリアの工事やリフォームはついでに受注していることが一般的なんだ。

 

リフォームでどんなことが出来るの?こちらの記事では「ベスト@リフォーム」というサイトを紹介しています。

目的・予算・場所から選べるので、分かりやすいですよ!

リフォーム見積比較は安心のベスト@リフォーム!評判・口コミ調査!

2019年3月23日

 

補足

国土交通省の出す建設業許可の中で、外構工事に係るものは「造園工事業」と「土木工事業」です。この許可は500万円未満の工事であれば必要ないため、一部の大手のハウスメーカーを除けば、許可は持っていない、ということが多くあります。

ハウスメーカー自体は外構に関して、浅く広い知識を持っていることが多いので、たとえば営業担当との打ち合わせの際や疑問点で連絡した際にも、こちらの聞きたいことに的確に答えてくれるとは限りません。

専門的な知識を持つ下請け業者に確認してからの折り返し確認となります。

 

 

あつし
ここでは、①ハウスメーカー②エクステリア専門業者にリフォームを依頼する場合のメリット・デメリットを挙げましょう。

 

ハウスメーカーに外構工事を頼むメリット

①一括管理 建物と外構を一緒にリフォームする場合、打ち合わせや確認が別々にならないので手間が省けます。仕事が忙しい人にはとてもありがたいことです。

 

②デザイン面 家のリフォームなどの工事も並行してできるので、家と合わせた動線・バランス・統一感を考慮したリフォームができます。

特にハウスメーカーオリジナルの建材を用いての外構工事はエクステリア専門業者には難しいところです。

 

③安心面 工事のサイズなど細かい規格があるので大きな間違いがなく、機能的なエクステリアになるといえます。

さらに大手の場合、ネームバリューにふさわしい実績や信頼性があります。

 

④保証面 不具合の際にもアフターサービスがしっかりしています。同じ保証でもやはりハウスメーカーの保証というだけでさらなる安心感があります。

 

⑤計画性 新築時、または建物と外構をセットでリフォームする場合、ローンの組みやすさなどの予算計画、また実際の工事計画が立てやすいです。

 

ハウスメーカーに外構工事を頼むデメリット

①予算面 コストがかかります。営業、広告宣伝、下請けへの仲介料が経費に乗せられるためです。

 

②効率面 実際の作業は下請けの業者が行います。注文内容に行き違いが起こった時、担当者が下請けの担当者に確認をとってから返事があるなど、二度手間である場合があります。またその際に言った言わないというふうに伝言がこじれる場合もあります。

 

③対応面 仲介する人材が多いので、どうしても対応が遅くなりがちになります。

 

④要望面 大手メーカーや住宅会社の傘下の場合、どうしてもそのメーカーの商品を使わざるを得なくなり、こちらの要望に応じた最適なものを選びにくいという事情が出てきます。

 

⑤提案力 やはり外構に力を入れていない会社も多いのでシンプルになり、バリエーションが少なかったり、魅力 あるエクステリアに仕上がらないこともあります。

 

 

エクステリア専門業者に外構工事を頼むメリット

①予算面 直接工事を行うので、下請け業者に支払う経費が発生しません。また、地域密着型の業者であると広告宣伝に経費を割かないので費用が安いです。

 

②提案力 こちらの意図を反映してくれる良質な業者を自分で選べます。少人数で行っている業者では、地元の評判が地盤になるので丁寧な対応をしてくれることが多いです。

 

③技術力 やはり地元での評判や口コミが地盤になるので、技術・経験・知識の3つが大事になってきます。耳にしたことのない会社名でも、ホームページを持っていなくても、地元での評判がいい会社は質が高いといえます。

 

④自由性 会社に決められた規格がないので、門、アプローチ、フェンス、ウッドデッキなどゾーンごとに自分で計画を立てて、自分の使いやすいエクステリアにすることができます。

 

エクステリア専門業者に依頼する場合のデメリット

①業者選び 引越し先などで地元のことがわからなかったり、リフォーム自体に慣れていない場合、良質な外構業者を選ぶことが一般の人には難しいことがあります。

 

②統一感 ハウスメーカーが建物にオリジナル資材を使っていた場合、その資材は使えません。建物との統一感を重視してデザインを決めたい場合は、バランスが悪くなることも考えられます。

 

 

あつし
もちろん、その他に一般のリフォーム業者に頼むのもありなんだよ。ただ、どこに頼むとしても、エクステリアのリフォーム業者を選ぶ時の基準を抑えておいた方がいいと思うよ。

 

はるこ
あ、ちょっとまって、メモメモっと。

 

リフォームを依頼するときのポイント

ハウスメーカー、リフォーム業者、エクステリア専門業者、どこに依頼するかは、自分がどこまでエクステリアのデザイン性、機能性にどれだけこだわっているのかによります。

お金をどれくらいかけられるのか、面積はどれくらいなのかなど、ご自分の状況と照らし合わせて上でどれを優先するのかということから決めていきましょう。

 

また、自分の意向を組んでくれるかどうかというところは、ハウスメーカーであるかどうかではなく、会社のシステムによります。

営業だけが打ち合わせに来る会社ではなく、設計者と直接話すことのできる会社を選ぶほうが、自分の意向をエクステリアに反映しやすいです。

 

良いリフォーム業者を選ぶポイント
優良な業者は一握りです。その業者に巡り合うために見極めるポイントがあります。

 

①資料請求をする

必ず電話で資料請求をしましょう。受付時の口調でどんな会社か雰囲気がわかります。また、資料請求の時点で契約まで推し進めようとしてくるようであれば、少なくとも優良業者ではありません。

加えて、現場を見ていないこの段階でプランを提供してくるような会社も候補から外しましょう。優良な業者は、必ず現場を見て、こちらから「契約したい」と申し出たくなるようなプランを用意できます。

 

②資料の中身を確認する。

適当な資料の量で、分かり易く簡便にまとめてある資料は良い資料です。さらに、分かりやすい写真やイラスト、あるいは実際の施工状況のDVDなどを配っている業者であれば問題ありません。

無料で配る資料配布を作ることに力を入れている会社には、いい工事を行おうとする姿勢が表れます。

 

③外構工事のなかで「得意とする分野」を確認する

それぞれ、外構工事の中で、門柱が得意だったり、庭が得意であったり、得意分野が違います。

もしリフォームしたい箇所が一部であればそれに見合った業者を選べばよいのですが、全体的にリフォームを考えているのであれば、総合的なレベルを見る必要があります。ホームページで実績を確認することで選ぶこともできます。

 

④実際に足を運ぶ

ホームページを持たない業者も多いのですが、その場合は店舗まで赴いて、まず雰囲気や接客態度を見ましょう。おもてなしの態度に、その会社がお客様に対してどんな姿勢でいるのかということも感じることができるでしょう。

また、実際の店舗自体のエクステリアを見れば、資料や図面よりはるかに手っ取り早くレベルやセンスを確認できます。

できれば施工したお宅を見せてもらうことができれば確実です。その際、施工した物件への案内を渋るようでしたら、それなりの理由があり、お客様とのやり取りができない状況にある可能性がありますので、そのような業者も回避しましょう。

 

⑤営業担当ではなく、設計者と直接話す。

そこで図面を描いてもらったり、基本的な知識や専門的なことについてきちんと説明をしてくれるかをみて判断しましょう。

こちらの意向をよく聴いてもらってから現状を見てもらい、解決したい課題やどういう状態に改善してどう使っていきたいのかを的確につかんでプランを提案してくれる会社を選びましょう。

あつし
どこに依頼するかは、家庭や個人の状況や事情によって違ってくるよね。どこに依頼してもメリットデメリットがあるから、自分が何を重視しているのか、優先順位を明確にして、それに合う会社を選ぶといいよ

 

具体的なイメージをして、しっかりと伝えること

依頼する側としてもリフォーム業者を選んで実際に行動する前に、ちゃんと家族とも相談してから内容を詳しく決めておきましょう。

外構、エクステリアをリフォームする方法は、住んでいる人が最初に家を建築した形から、これからどのような形にしたいか、どう使いたいか、何に困っているかで決まります。

例えば、駐車場の増設であったり、土の庭からコンクリートまたはブロックにしたり、反対に庭に芝や木を植えたりなどですね。

 希望する工事は何か、どのようなイメージに近づけたいのか、どこをどうしたいのか、また工事する範囲をできるだけ詳しく考えておきましょう。

漠然ときれいに、とか使いやすく、というイメージだけですと、いざリフォームを依頼したとして業者のほうでも、図面を描いて全体像をつかんだり、リフォームに必要な工程を組むことができません。

 

はるこ
例えば「アプローチの部分はこの石を使いたい」とか「カーポートは家のデザインに合わせて、できるだけコンクリートを使わないでほしい」という風に考えておかなきゃってことなのね

 

あつし
そうだね、作るだけで終わるものじゃなくて、家族で使っていく中で、ずっと管理をしていかないといけないことも考えておかないとね。

例えば、ガーデニングだと、植物を植える場合にはただ植えるだけではなくで手入れも重要になってくるでしょ?

 

はるこ
それもそうね。家もそうだけど、エクステリアも人生で長くお付き合いするものだものね

 

これから作るものに関しては、依頼された業者の側もイメージをするしかありません。コンピューターを使っても限界があります。こちらの意図を汲みこんでもらえるようなイメージを描いておきましょう。

以上のことを考えたうえで業者とコミュニケーションをとることが大事になっていきます。

 

現場をしっかり見てもらい、説明を受けること

 依頼をした際には必ず現場を見てもらいましょう。

どの業者も現場を見ないことには、何の判断もできません。たまに、何社もの人に家の敷地に入ってほしくないなどの理由で、『どうしたいかを具体的に伝えるので、大体で見積もってください』と言う方がいますが、それはまず無理な話です。

玄関から道路まで傾斜があるとか、隣家との境界であったり、特に基礎にかかわる部分に入る工事は費用に大きく関わるため、しっかり確認する必要があるからです。現場を見ずに見積りを出しても、状態によっては費用がかさまししてしまい、あとでトラブルになることがリフォーム業者にはわかっています。

 また、外構工事を行う際には、地盤をしっかりと形成することが必要になります。地盤が緩いと施工後にアスファルトが歪んでしまうことが多いため、十分に配慮することが求められます。傾斜についても考慮することが必要です。雨水が大量に溜まることがないように排水溝などを設置することも大切になってきます。

 

注意

隣家との境界はできれば測量をしてはっきりとしておいた方が良いでしょう。フェンスもできるだけ長持ちのする素材の物を選びましょう。後々のトラブルを避けることになります。

 

まとめ

まとめ

 

今回は外構・エクステリアリフォームについて、以下のようにまとめました

エクステリアリフォームのポイント

①家の顔となる外構・エクステリアの範囲は意外と広いものです。どこを何のために、どのようにしたいか考えておきましょう。

 

 ②リフォーム費用の価格相場としては、100万までという事例が最も多いです。でも工事する範囲や資材に何を使うか、どの業者に依頼するか、どこをどのようにするかで変わってくるので一概には言えません。相見積もりをとって詳細を確認しましょう。

 

 ③どこに依頼するのかは、ハウスメーカー、エクステリア専門業者、リフォーム会社、それぞれメリットデメリットがあります。家族や自分が何を優先し、どこまでこだわるのかを明確にして決めましょう。

安さに妥協すると、リフォームをやり直しになったりするので、結局高くつくこともありえます。優良業者に巡り合うために、見るべきポイントを押さえておきましょう。

 

 ④リフォームを依頼する時には、具体的なイメージと工事の範囲、スケジュール、予算などしっかり考えてからにしましょう。その際、現場は必ず見てもらい、基本的なことであっても、境界線や基礎についても、わからないことがあればトラブルや劣化を避けるためにしっかり説明を受けましょう。

 

⑤こちらの計画や、現在どのようなことに困っていて、具体的にどのような状態にしたいのか、しっかりイメージして、リフォームする業者にきちんと伝えましょう。

 

はるこ
そういえば、友達のお母さんが実家を全体的にリフォームしたとき、インテリアにこだわりすぎて、お金も時間も余裕がなくなっちゃって、外には全く手が回らなかったて言ってたわねえ。駐車スペースなのに砂利を敷いていて、とても使いにくかったって。

 

あつし
人によっては家の外回りは別にオシャレじゃなくてもいいかもしれないけど、草むしりが大変だったり、不便だったり、段差があって将来不安だったりすると困るよね。安全に使いやすい環境にするのがリフォームの目的だからね

 

 

せっかく建物が素敵な外観で、努力してきれいにし続けていても、家の外周りが壊れてる、使いにくい、安全じゃない、自分の好みでないというように、家族が気持ちよく過ごせなければ非常にもったいないことです。

リフォームするならしっかりきれいにして、安全で、おしゃれで、長持ちのするような、我慢をして暮らさなくていいエクステリアにしたいものです。

 

この記事を読んでくれた方が、自分の家を見るたびに少し嬉しくなってしまう、そんな後悔のないリフォームをしてもらえたらと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です