外壁塗装で人気の色を大調査!クリーム色は好きですか?

 

家のリフォームを考えている読者様も多いことと思います。その時、外壁の色はどうしようと悩むこともあるのではないでしょうか?

 

なんといっても、外壁は家の顔ともいえる部分です。イメージと違った色にしてしまったら大変なことになります

そこで、今回は外壁の色で後悔しないようにいろいろ調べてみました。

それ以外にも、

 

  • 外壁塗装の施工例ってどうなっている?
  • 人気の色ってあるの?

 

このような悩みもあると思うので、外壁塗装での人気の色などもお伝えしたいと思います。

外壁の色に悩んでいらっしゃる読者様、一緒に色の世界で遊んでみませんか?

 

 

リフォームにおける外壁塗装とは?

 

外壁を塗り替えるリフォームを考える時はどんな種類の塗料を選ぶかということも大事なのですが、最も重要なのがどんな色を選んで外壁を塗るかということです。

 

一度塗ってしまえばその家のイメージはガラッと変わってしまいますので、デザイン性も重視したいところです。

 

たしかに施主が満足するならどんな色でもOKということですが、実は外壁の色合いにはある程度のパターンがあります。

なので、その法則をしっかりと抑えて満足ができる施工ができるようにしましょう!

 

外壁の色を選ぶときに注意すること

 

外壁の色を決めるのは悩むところだと思います。

そこで、ここでは外壁の色を選ぶ時に注意しておくことを説明していきたいと思います。

 

色見本だけを頼りにせず敢えてやや暗めの色調の色を選ぶ

色の選び方として一般的な方法は、リフォーム業者から見せてもらう色見本がありますね。

 

しかし色見本をそのまま鵜呑みにするのはマズいです。

 

はるこ
どうして、鵜呑みにしちゃなマズいの?

業者が見せてくれる色見本だから、信用してもいいんじゃないの?

 

あつし
母さんの気持ちはわかるんだけどね・・・でも、室内でみるのと太陽光の下で見るのでは印象が変わってくるんだよ。

 

はるこ
あ、あら・・・そうなの?

 

あつし
そうなんだ!

室内ではやや暗めかな、って思う色が昼間の光でみると明るく見えるからイメージとは違ったということにつながることが多いんだ!

 

はるこ
そうなったら、大変ね・・・わかったわ。色を選ぶ時はそういうことも意識しておかないといけないのね。
 

汚れが目立ちやすい色を使用するときは注意

真っ白真っ黒の外壁は施工当初はすごくハッキリした色味もあって美しい見た目になるのですが、汚れが目立ちやすい色でもあるという難点があります。

 

清掃などきちんとした管理ができるのならいいのですが、できる限りメンテナンスはしたくないという方はこのような色を外壁に使用しないようにしましょう。

 

色褪せしやすい原色系の色は極力使用しない

赤、青、黄など原色系の濃い系統の色は年月とともに色あせが進みます。

 

そして、最終的には壁全体の色が薄くなりますので施工当初とは大きくイメージの異なる外壁になってしまいます

 

そこでオススメしたいのが、実際に外壁の色を決めてしまってリフォーム業者さんに「このような色味で」と伝えた後に、実際にその系統の色で塗装した家を見せてもらうという方法です。

 

やはり実際の建物を見ることで、自分の家がどのような仕上がりになるのかイメージしやすくなると思います。

 

さらに施工してから「想像と違ってた!」みたいな問題に直面することも少なくなると思います。

 

あつし
外壁の色一つ選ぶのにも様々なポイントがあるんですね〜。

これだったら、外壁の色で悩んでしまうのも当然かもしれませんね。

 

外壁塗装で人気の色は?

 

外壁塗装を考えるうえで注意しておくことをご紹介しました。

では、次はお楽しみのどんな色にするか、ということですよね。

実は外壁の色には流行があるんです。そういったこともお伝えしたいと思います。

 

外壁で人気のある色は?

外壁の色で圧倒的に人気のある色というのも存在します。

 

それは・・・

 

ズバリ、白系統です!

 

あつし
実は外壁塗装をしている業者が自社で施工した外壁の色の調査結果っていうものがあるんです!

 

はるこ
え、本当なの?

だったら、参考にできるし、どんな色が人気なのか知りたいわ♡

 

あつし
母さんならそう言うと思ったから、ちゃんと表にしてあるよ!

これは外壁塗装110番のアンケート結果を表とグラフにしてみたんだ。

あつし
表だとわかりにくいっていうならこっちのグラフを参考にしてね☆
はるこ
たしかに表よりもグラフの方が分かりやすいかも♡

 

上記のグラフからも分かってもらえるように、白系統(ベージュ系、白色、灰色)での施工例は約70%にもなっています。

それだけ、この3色に人気があるということが言えますよね。

 

もっとも、日本人が横並びが好きだという民族性もあるので、近所と同じ色にしておけば間違いないと思ってこうなっているのかもしれませんが・・・

 

最近の外壁塗装の人気色ベスト5を知りたい方はこちら!

リフォームで外壁塗装をしたい!今人気のカラー5選をご紹介

2019年9月14日

 

どうして白が好まれるのか

外壁塗装での人気の色が白系統だということはわかっていただけたと思います。

では、どうして『白』が好まれるのか?

その理由、わかりますか?

 

【清潔感がある】

日本人は自他ともに認めるキレイ好きです。

ホテルのリネンなども真っ白で統一されていてキレイだと感じますよね。

 

外壁が白だと、それと同じ印象を与えることができます。

また塗り替えをしただけで、新築のような印象を与えられるのも嬉しいですよね。

 

【シンプル イズ ベスト】

赤や青といった色はキレイで目を楽しませてくれます。

でも、長時間みていると疲れてしまうということはありませんか?

 

その点、白は飽きにくい色です。また、ほかの色との組み合わせが自由にできるというのも魅力です。

なんといっても、サッシの色を選ばないので洋風でも和風でも大丈夫ですよ!

 

【気品や高級感がある】

ホテルでディナーを楽しむ時のリネンの色。ロイヤルウエディングで使われている色。

これらも白ですよね。

 

気品にあふれ高級感があるというのも白の特徴です。

家の外壁が白だと一気にセレブの雰囲気を味わうことができるかも?

 

白を選んだ時のデメリット

上でお伝えしたように、白にはいろいろなイメージがあります。

そのどれもが清潔感であったり、シンプルであったりというプラスのイメージだと思います。

 

では、白を選ぶ時にデメリットはないのか、と思う読者様もいらっしゃるでしょう。

実は、白を選ぶことで3つのデメリットがあるのです。白の爽やかなイメージを壊すかもしれませんが、ここはデメリットも理解してくださいね。

 

【汚れが目立ちやすい】

外壁には泥や車の排気ガスなどが付着しやすいです。

それだけではなく、外壁にはコケやカビが発生することがあります。

雨だれの跡やボールをぶつけるなどした時の汚れは白の場合、避けることができません。

 

【経年劣化が目立つ】

白にはピュアなイメージがあります。

となると、年月がたって薄汚れてきたという雰囲気は目立ってしまいます。

それだけではなく、汚れ+ヒビ割れという最悪のタッグがあります。

こうなってしまうとさらに古びた印象を与えてしまいます。

上記の汚れやこの経年劣化のためのメンテナンスや修復に手間とコストがかかるというのが最大のデメリットかもしれません。

 

【反射率が高い】

白という色の反射率が高いということをご存じでしょうか?

そのため、日中など見た目にまぶしい感じになってしまうのは避けられません。

 

この場合、隣家が近い場所にあると、窓から反射光が侵入して迷惑になる可能性もあります。

ご近所迷惑にならないように、塗料や外壁材の種類には気を付けるようにしてください。

 

それでも白を選びたい!

 

外壁塗装を白にするメリットとデメリットを紹介しました。

ここまで読んで、ますます『白がいい!』という読者様も多いと思います。

そんな読者様のために白にまつわることをもう少しお伝えしていきます。

 

白を好むのはどんな人?


引用:リショップナビ

 

読者様は『白』という色にどのようなイメージを持っているでしょう?

 

この色はすべての色の中で最も明るいです。

そのためにクリア清潔フォーマルといったイメージがあります。

 

そして、この色を好む方の傾向としても同じことがいえるのです。

 

『白』を好まれる方は清潔感を好む方が多いです。となると、美意識も非常に高いですしセンスもあります

読者様の中でそんな方、いらっしゃいませんか?

 

白は使いどころが難しい色です。

その色をオシャレに使いこなせるっていうことは、それだけファッションセンスが高いということなんです。

 

たしかに白は汚れやすいというデメリットがあります。

でも、そのデメリットを感じさせないくらいオシャレな家にすることってできるんです!

 

白い外壁の実例をご紹介

では、外壁を白にした場合の実例をいくつかご紹介していきます。

この場合、屋根の色でイメージに変化があるので、どのようなイメージになるのか見てくださいね。

 


引用:プロタイムズ杉並店

白+グレーはファッションでもよくありますが、スタイリッシュなイメージになります。

外壁塗装でも同じことがいえますね。

 

この事例では明るさが中くらいのミディアムグレーを使っています。

でも、もう少し明るいグレーを使うとホワイト系のイメージが強くなるので爽やかな雰囲気になりますね。

 


引用:プロタイムズ広島北店

ツートンカラーの外壁になっています。

ブルーを使うことでモダンな印象になっています。

 

この事例では下のブルーを暗めにしているので安定感を感じることができます。

上部にもダークブルーを使用するとよりクールな印象になりますよ。

 


引用:プロタイムズ広島北店

カジュアルでポップな雰囲気にしたいと思ったら、オレンジをチョイスするのがいいですね。

ビタミンカラーとも呼ばれるイエロー系はみているだけで元気になれます。

 

オレンジはホワイト系との相性もいいです。

親近感を与えたり、爽やかな印象を与えることができますね。

 


引用:プロタイムズ広島北店

とことん爽やかにしたい、という希望の方にはグリーンをおススメします。

明るいグリーンだと爽やかなイメージ、落ち着いたグリーンだとナチュラルなイメージになります。

 

グリーンを使用するときの注意点はサッシの色でしょうか。

明るいグリーンの場合は、サッシの色も白か明るい色にしておかないとちぐはぐな印象になってしまいます。

 

あえて、クリームを選択


引用:リショップナビ

 

とはいえ、

 

  • そこまでのセンスはない。
  • やはり、メンテナンスは簡単にしたい。
  • でも、白の爽やかさは捨てがたい。

 

そう思う読者様も間違いなくいらっしゃるでしょう。

そんな時におススメなのがクリーム色。この色は「ウォームホワイト系」とも呼ばれているので白に近いイメージで仕上げることができます。

 


引用:リショップナビ

 

それだけではなく、流行のツートンカラーにすることも可能です。

 

レンガのある家に憧れる読者様も多いと思います。

白でレンガを組み合わせるのもいいですが、こうやってクリームと合わせるのもオシャレだと思いませんか?

 

また、クリームは白のデメリットでもある埃などの汚れが目立ちにくいというメリットもあるのです。

白にしたいけれども、いろいろな面で考えているという読者様。

視点を変えて、こういう色を使ってみるのもありですよね!

 

人気のある色はコスパもいいです

外壁を塗装するためには塗料の量が必要だということはわかると思います。

個性的な色で気に入ったものがあるけれども、在庫がないっていうこともあり得ます。

 

ところが、白だとそんな心配はありません!

 

また、白を使った塗装は人気があるので需要も当然あります。

となると、手軽な金額で依頼することも可能だということです。

 

それ以外に、メンテナンスのことを心配する読者様もいらっしゃるでしょうが、白は思っているよりもコスパがいいんです。

なんと、月1回ペースでのお手入れをするなら「スポンジ清掃で済むことが多い」とまで言われています。

 

白を好む方は清潔感を好むということはお話ししました。

それならば、月に1度のお手入れっていうのは簡単にできることですよね。

 

つまり、汚れやすいというデメリット簡単に汚れが落とせるというメリットにつながってくるんですよ!

 

汚れの対策知っていますか?

 

白系の塗料のデメリットとして汚れやすいということをお伝えしました。

でも、それを防ぐことができれば、白系の塗料で外壁をしてみたいと思うのではないでしょうか。

そこで、汚れを防ぐ対策をお伝えしようと思います。

 

雨筋ストッパーって知ってますか?

白い壁が汚れる理由をご存じですか?

上のデメリットでもお伝えしましたが、埃や車の排気ガスなどが原因になっているのです。

 

埃を含んだ雨

 ⇓ ⇓ ⇓

窓サッシから外壁に伝って流れる

 ⇓ ⇓ ⇓

汚れが蓄積する

 

あつし
つまり、白い壁が汚れるのは、窓サッシが水の通り道になっているっていうのも大きいんだ。

 

はるこ
でも、あっくん。窓サッシは必要よね?

 

あつし
うん。だから、それを防ぐためのアイテムを使うんだよ!

 


引用:リフォームジャーナル

 

この窓サッシに雨筋をつけないようにするのが「雨筋ストッパー」と呼ばれるものです。

メーカーによっては「伝い水防止水切り」という名称の場合もあります。


引用:リフォームスタジオ ニシヤマ

 

あつし
こうやって窓サッシの下につけておくんだ。

換気扇のダクトの下につけておけば、油汚れなんかも防いでくれるよね。

 

塗料は進化しているんです

雨筋ストッパーを使えば、たしかに雨筋の防止はできるかもしれません。

でも、紹介した画像でもわかるように、見た目がもう一つだと思う読者様もいることと思います。

 

そんな時は塗料を考えてみましょう。

今は、汚れを防止することのできるものもあるのです。

 

それが機能性塗料と呼ばれるものです。

 

この機能性塗料には、低汚染塗料と光触媒塗料というものがあります。

この低汚染塗料ですが、汚れに強い塗料だということがいえます。

 

その理由ですが、低汚染塗料は親水性が高いのです。

親水性が高いということは、水との馴染みがいいということがいえます。

 

そのため、外壁についた汚れが雨と一緒に流れていきます。

ということは、汚れを流すということなので、外壁はキレイなままでいられるというわけです。

 


引用:リフォームジャーナル

 

ただし、この低汚染塗料にもデメリットがあります。

雨に濡れることで汚れを流すという性格上、軒下などの雨が当たらない場所では効果がありません。

そのことを忘れないようにしてください。

 

もう一つの光触媒塗料は汚れを防ぐだけではなく、空気をキレイにするという効果があります。

 

光触媒塗料のシステム

日光で汚れを浮き上がらせる

 ⇓ ⇓ ⇓

雨が降ることで汚れを洗い流す

 

この塗料は、建物の上にかけられている看板など、メンテナンスがしにくい場所によく使われています。

ただし、この塗料はシリコン塗料の1.5倍の価格となっているので、費用が少し高くなるというデメリットがあります。

また日光の当たらない場所にはあまり効果がありません。

 

光触媒の塗料を使うときは、日当たりなども考えるようにしましょう。

 

外壁塗装の色見本と人気色のまとめ

 

ここまで外壁塗装の色選びの法則人気の色についてご紹介をしてきました。

色選びのポイントとしては、

 

  • 色見本だけに頼らない。
  • 白や黒などの汚れが目立ちやすい色はメンテナンスができるか考える。
  • 原色系は色あせの問題があるので注意。

 

このため、業者に色味を伝えた後で、実際にその系統の色で塗装した家を見せてもらうのもいいことです。

 

塗装した家を見せてもらうメリット
  • 仕上がりのイメージができる。
  • 業者がどのような仕事をしているのか確かめられる。

 

このようなメリットが考えられます。

外壁塗装は10年に1度と言われますが、家の印象を変える大きな工事です。納得のいくようにしたいですよね。

 

また外壁の色選びは、リフォームする際の大きな問題ともいえます。ですので、できるだけ慎重かつ丁寧に選んで下さいね。

 

せっかくの我が家ですから満足のいく施工が出来るようにしましょう!

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です