外壁リフォーム・塗装でトラブル発生!失敗の事例はどんなもの?

そうだ!!外壁の塗装をきれいにしよう!!

 

よし!リフォームしよう!

 

そう思ってリフォームしたのに、トラブルに巻き込まれることってありますよね。

 

はっきり言ってリフォームにトラブルは付き物です。

 

一体、なぜでしょう?

 

まず自分の思ったことを業者に伝えられていない、ということが挙げられます。

 

お店にある商品を買うわけではないので、イメージを伝えて、それに合うように業者に施工してもらわないといけません。

 

一生懸命、思いを伝えてリフォームして「なんかイメージと違うな・・・」そんなことも多いと思います。

 

でも・・・

 

リフォームでのトラブルはこれだけではありません。

 

今回は、出来るだけトラブルを未然に防ぐためにも、どんなトラブルがあるのかを例に出して、そうならないための方法をお教えしたいと思います。

 

外壁塗装のトラブル・失敗事例

はるこ
トラブルとか失敗って・・・言葉を聞くだけで、嫌な気持ちになるわ

 

あつし
そうだね。

誰もトラブルにはあいたくないし、失敗したくないからよね

 

あつし
でも、だからこそ、実際リフォームした人がどんなトラブルに合ったのかを知っておくことが大事なんだよ。

他の人のリフォームを参考にさせてもらって、自分だったらって考えておけば、大きなトラブルは防げると思うんだよね。

 

はるこ
そうねぇ。

知っておくのは大事なことね!

 

事例1 予想以上に高額に・・・

外壁塗装と内装のやりかえを計画していたのですが、いざ工事が始まってみると、日当たりのいい南西の壁面にはヒビ割れが発生していて、すきまを埋めてあるシーリング材も劣化して細かいヒビ割れが起きていることが分かりました。

外壁面の劣化がかなり進んでいて内部に水が浸入、一部構造部分も腐食していて、外壁塗装の費用の他に、補修費用として大工工事、左官工事などが必要になったり、終わって見ると当初の予算よりはるかにオーバー、予定外の追加費用が発生するトラブルに見舞われてしまいまいた。
(投稿:エミリさん)

引用:リフォームジャーナル

 

外壁の内部となると、どの程度傷んでいるかは見えません。

外壁の塗り替えのタイミングは10年程度と言われていますから、10年以上経った外壁のリフォームをする場合は内部が傷んでいる可能性も考えておきましょう。

 

また内部の傷みが見つかった場合でも、しっかり施工をしてくれる業者であることを確認しておきましょう。

 

外壁の耐用年数はどれくらい?気になる方はこちらの記事もどうぞ!

 

【外壁塗装】耐用年数30年は本当?国税庁の法定耐用年数とは?

2019年2月12日

【外壁塗装】耐用年数と相場は!?塗料種類ごとの違いをリサーチ!

2018年12月23日

 

あつし
内部が劣化していると、外壁材・屋根材の張替えや下地材の補修などの追加工事が発生しちゃうんだよ。

外壁のリフォーム費用は70~90万円といわれているけど、それに追加で数十万かかることもあるんだって

 

はるこ
数十万って・・・

 

あつし
しかも、それってリフォームを始めて分かることだから途中でやめる訳にもいかないんだよね。

 

はるこ
工事を途中で止めるわけにもいかないし・・・お金かかってもやるしかないってことね。

しっかり考えないと・・・

 

トラブルに合わないために
特に年数が経っている外壁をリフォームする場合は、追加工事になることも頭に置いておきましょう。

見積もりの段階で、しっかりと現場に立ち会い、追加工事になる可能性はあるのか、その場合にどれくらい費用が上乗せになるかを先に聞いておくのもお勧めです。

 

事例2 悪徳業者につかまった

15年程前、鉄筋コンクリート2階建ての自宅の外壁を、塗り直した時のこと。当時、築18年の自宅は、クリーム色の外壁に少しづつ、すすけたような汚れが目立って来ていました。
そこで思いきって業者に、塗り直しを依頼したのです。色は同じクリーム色。100万円近くかかったので、一大決心の末のことでした。塗り直しはうまく行き、満足した仕上がりでした。ところが、半年もしないうちに、色がくすんできて、ずいぶんと汚い感じになってきてしまいました。私はがっかりして、こんなことなら塗り直しなどしなければよかったな、と思うようになりました。
結局、数年後、別の業者に塗り直してもらうことになりました。やはり100万くらいかかったと記憶しています。さすがに、もう失敗することはなく、あれから何年もたちますが、外壁に目立った汚れはありません。

やはり、依頼する前に業者の選定について、しっかり吟味することは大切だと思います。また、施工方法について調べたり、経験者に話を聞いてみることも、しておいた方がよいのではないでしょうか。
2度もしてしまった、塗り直し。授業料が高くついてしまったなあ、と、つくづく思い返されます。
(投稿:ともPINさん)

引用:リフォームジャーナル

 

外壁のリフォーム業者の中には、アポなしで自宅を訪問してきてリフォームを勧めてくる場合があります。

「あの場所が傷んでいる」「すぐリフォームした方がいい」といって工事をすぐに勧めてきたり、「今なら半額(○○%引き)ですよ!」と割引をアピールしてきたり・・・

そんな業者の場合は、その場で話をせずに、一度家族と話し合うなど、時間を置きましょう。

 

トラブルに合わないために

悪徳業者かどうか見極めるためには、やはりその会社の評判を調べるのが一番です。

インターネットの口コミを調べたり、知り合いがリフォームした同じ業者に頼むなど、時間をかけてゆっくり選びましょう。

 

 

事例3 色が思っていたものと違う

建売の家にすんでいたので、一からの家づくりにワクワクしていました。外壁の色になり、いろんな情報を入れすぎたため、混乱してしまい、出来上がった家を見たとき、あまりの派手さに絶望しました。お話しをして、再度塗り変えていただくことになりましたので、その分料金はかかりました。カタログでみるより、実際に少し塗ってもらってから全体を塗ったほうが安心できると思います。
(投稿:やなちゃんさん)

引用:リフォームジャーナル

 

外壁塗装のリフォームを検討する時に見るのが「色見本」

でも注意しないといけないことは、「色見本」と実際の色が違うということです。

見本はA4サイズと小さいので、目の錯覚で濃く見えてしまうのです。

また太陽の光に当たると、部屋の中で見る色とは違った印象になります。

 

トラブルに合わないために
試し塗りや、カラーシュミレーションをしてもらうという方法があります。

ベニヤ板へ試し塗りをしてもらったものを、太陽光の下へ持っていき色味を確認するのも良い方法ですので、業者にしっかり相談しましょう。

 

その他にもこんなトラブルが・・・

近隣とのトラブル

外壁のリフォームとなると、足場を組んだり、トラックの出入りがあったり、音がうるさくなってしまったり・・・近隣の方にも迷惑がかかる場合があります。

ご近所さんには工事の程度に応じて、先に挨拶をしておきましょう。

 

ご近所さんへの挨拶ってどうしよう?何か持って行った方がいいの?と迷っている読者様には、こちらの記事に工事前の挨拶方法についてまとめてあります!

リフォームの挨拶マニュアル!手土産は何がいい?

2019年3月21日

 

アフターフォローがなかった

業者によっては1年点検をしてくれるところがあります。

業者が自ら点検をするということは、それだけきちんとした工事をやってくれる、ということだと思います。

やっぱりプロの目で見てもらえると安心できますし、施工した業者であれば、工事内容が分かってくれているので、その点でも安心です。

出来ればアフターフォローをしてくれる業者を選びましょう。

 

トラブルになってしまったら?

業者と話し合う

これで解決すると一番早いのですが、この方法はあまりお勧めしません。

言った言わないという話し合いになることも多く、話が先に進まず、結局根負けしてしまうことも多いからです。

 

専門機関に相談する

専門機関に電話で相談したり、弁護士・建築士に相談するという方法です。

各都道府県の住宅相談所や消費生活センター、公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターが相談に乗ってくれます。

 

住宅紛争処理支援センターって?そんな方はこちらをご覧ください。

住宅紛争処理支援センターって何?第3者の専門相談機関って本当!?

2019年2月14日

 

リフォーム瑕疵保険を利用する

「住宅瑕疵担保責任保険法人」に登録されているリフォーム会社に施工を依頼していた場合のみとなりますが、リフォーム後に欠陥が見つかった場合には、補修費を補償してくれます。

リフォーム瑕疵保険とは

瑕疵(かし)とは・・・リフォームの契約時に、契約通りの性能や品質を確保できていない状態のこと。

保険に入っていれば、契約通りになっているかの検査を行ってもらえますし、業者が倒産してしまった時の保証があります。

 

まとめ

今回はトラブルについて説明してきましたが、予想以上に良いリフォームとなることも少なくありません。

 

こちらの意向をしっかり聞いて、それをより具体的に説明してくれて、施工もしっかりしてくれる業者に頼むことが出来れば、外壁がきれいになった家で気持ちよく暮らしていくことができるでしょう。

 

そのためには、やはり大事なのは下調べです。

 

リフォーム内容、業者の選定、一つ一つに時間をかけ、後悔しないリフォームを目指しましょう。

 

はるこ
良い買い物をするためには、ちゃんと調べないといけないってことなのね!

 

あつし
そうそう!

高い買い物なら、なおさらだよね!!

 

はるこ
そうよねぇ~!

そういえば、この間、テレビで最新の炊飯器を紹介してたけど、あれってどうなの?

 

はるこ
そろそろ買い替え時かな、と思ってたから、あっくんに聞いてみなきゃと思ってたのよ!

 

はるこ
安くない買い物だし、あっくん、調べてくれるわよね??

 

はるこ
そうよね!

ありがとう!!

 

あつし
え?

う、うん・・・

(こんな展開になるとは・・・)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です