火災保険と地震保険を比較しよう!何がどう違う?

 

ここ数年、台風などの自然災害により様々なところで大きな被害を受けています。

 

地震の被害も大きいですよね。

 

マイホームを購入する時や家を借りるタイミングで、火災保険と地震保険の加入を検討している人は多いのではないかと思います。

 

「とりあえず保険に加入しておけば安心。」

 

そう考え、内容をあまり理解せずに加入される方も多い事でしょう。

 

火災保険と地震保険の違いを知って頂き、保険に加入するためのご参考にしていただければと思います。

 

 

火災保険と地震保険とは?

 

あつし
まず初めに、火災保険と地震保険のそれぞれの特徴をご説明しましょう。

 

火災保険とは

火災保険とは損害補償保険の一種で、おもに火災による損害を補償する保険です。

 

火災保険は、一戸建てやマンションなどの建物と、建物の中にある家具などの動産を補償してくれます。

 

そしてもう1つ、自分が原因の火災でなくても補償されるというメリットがあります。

 

たとえば隣の家が火事になり延焼の被害にあった場合。

 

補償をするのは、火事を起こした当事者である隣人だと考える方が多いと思います。

 

しかし、絶対補償してくれる訳ではありません。

 

料理で使用した油や暖房器具、寝たばこなどを原因とした重過失に認定されない火事の場合、自分自身で被害の補填をしなくてはいけません。

 

これは「失火責任法」という法律で定められています。

 

他人が原因の火事で被害にあったにも関わらず、自分で補填しなければいけない。

 

そんな事にならないよう、もしもの時に備えて火災保険に加入さえしていれば、延焼の被害にあった場合も補償してくれます。

 

地震保険とは

地震保険も損害補償保険の一種になります。

 

地震保険は、地震や噴火またはこれらによる津波を原因とする損害に対して補償する保険です。

 

阪神・淡路大震災から地震保険の加入者は増加傾向にあり、2011年の東日本を初めとして大地震が起こった後も加入者は増加しています。

 

増加傾向ではありますが、地震保険が大きな関心を集めてはいるものの、加入者数は30%程度になります。

 

ここで注意して頂きたい点があります。

 

地震で火事が起きた場合、火災保険に入ってるから問題ないんじゃないの?と思う人もいるでしょう。

 

地震で火事が起きた場合、火災保険では補償されません。

 

地震による損害は地震保険でしか補償されないのです。

 

地震保険に加入していなかったら、住宅ローンが多く残っていると地震被害による大きな借金を抱えることになる場合があります。

 

地震保険は火災保険と違い、加入する義務はありません。

 

加入の判断は自分自身で行うことになる為、加入者が少ない現状となっています。

 

 

火災保険と地震保険の補償内容

 

火災保険の補償内容

火災保険はたくさんの補償があります。

 

火災保険の補償内容
  • 過失、放火などによる火災(契約者または被保険者などが放火犯の場合は補償されません)
  • 落雷による損害
  • ガス漏れなどによる破裂・爆発
  • 風災、雹災、雪災
  • 自動車の飛び込みなどによる、建物外部から物体の落下・飛来・衝突
  • 漏水などによる水濡れ
  • 自宅前で集団による破壊行為が起きるなどの暴力行為
  • 台風や暴風などによる水災

 

上記の他に、自宅の壁を誤って壊した場合などの偶然な事故による損害を補償してくれる保険会社もあります。

 

火災保険といえば、火災で起こった場合のみ補償してくれると思っている方が多いでしょう。

 

しかし実際は、火災保険だけでこんなにたくさんの補償があります。

 

保険会社によって補償内容は異なりますので、いくつか見比べて選ぶ事をお勧めします。

 

はるこ
火災保険ってたくさんの補償があるのね。加入している火災保険を見直してみようかしら。

 

 

地震保険の補償内容

 

地震保険の補償は、地震による建物の全損または半損、一部損に該当すると認められた場合に保険金が支払われます。

 

地震保険の保証金額
  • 全損→100%補償
  • 半損→50%
  • 一部損→5%

 

一部損に満たない場合には、保険金は一切支払われません。

 

また、地震保険は単独で契約する事が出来ません。

 

火災保険に入る必要があり、主契約は火災保険で付帯契約が地震保険となります。

 

もし火災保険に契約する際に地震保険に加入しなかったとしても、後から加入することはできますのでご安心ください。

 

気になる地震保険の保険料ですが、どの保険会社に加入しても同じです

 

気をつけて頂きたい点は、地震保険の保険金額が主契約である火災保険で設定した保険金額の30~50%の範囲内なるということ。

 

火災保険の保険金額は、戸建であれば請負工事金額が保険金額となります。

 

しかし、地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30~50%なので、もし、全損して100%補償が出たとしても、建物金額の30~50%しか補償されないことになります。

 

以下で、わかりやすく例を用いて説明します。

 

【火災保険額が3,000万円の場合の地震保険の保証金額の場合】

 

地震保険は火災保険金額の30%〜50%の為、地震保険補償金額は900~1,500万円となります。

 

そして、もし仮に地震保険補償金額が1,500万円だった場合、

 

  • 全損の場合 →地震保険金額 1,500万円
  • 半損の場合 →地震保険金額 750万円
  • 一部損の場合→地震保険金額 75万円

 

はるこ
地震保険の補償金額って意外と少ないのね、、。

 

火災保険は補償金額にもよりますが、建て替えができるほどの補償がもらえます。

 

しかし、地震保険の場合は30~50%の補償となる為、建て替えに資金が必要となってきます。

 

 

こちらでは地震保険の保険料改定について紹介しています。

地震保険の保険料改定は2021年!?どのくらい上がるの?

2019年8月23日

 

火災保険と地震保険を比較しよう!何がどう違う? まとめ

 

地震保険は火災保険の付帯契約になる為、補償金額はあまり多くありません。

 

地震により建物が全損した場合も、自己資金が必要となります。

 

ですが、地震による補償は地震保険でしか補えないのです。

 

火災保険も同様に、火災による補償は火災保険でしか補えません。

 

どちらかだけ加入しておけばいいという事はありません。

 

たとえ地震保険の補償金額が少なかったとしても、もしもの時は保険金を数ヶ月分の生活費として使うことも出来ます。

 

地震は周辺からの被害を受ける場合もあるので、補償額が少なかったとしても地震保険に加入しておく価値は十分にあると思います。

 

火災保険の場合、マイホーム購入時や賃貸契約の際に加入しなければいけないケースが多い為、加入されている方は多いと思いますが、加入されていない方は加入をお勧めします。

 

保険は万が一に備える為のものです。

 

もし火災や地震が起こらず生涯を終えることができたら、払った保険金額が無駄になると感じる方は多いと思います。

 

しかし、もし保険に加入していない場合に火災や地震が起こったら、多額な借金を負う事になる場合もあります。

 

将来どうなるかは誰にもわかりませんが、ここ最近の自然災害の多さを考えると、万が一に備える必要性は高いと思います。

 

補足ですが、地震保険は原則として保険金額が同じである為、補償内容を上乗せする事はできません。

 

しかし、保険会社や共済が独自でやっている地震補償を使えば補償内容を上乗せする事は可能です。

 

火災保険に付帯されている地震保険の補償金額だけでは心配な場合、民間の各社が行っている商品を使う事により、補償内容を上乗せしてはいかがでしょうか。

 

 

あつし
火災保険と地震保険はどちらも必要不可欠な保険です。

加入されていない方は是非、検討して頂ければと思います。

 

 

こちらでは地震保険の県民共済について紹介しています。

地震保険は安い県民共済で大丈夫?損保会社の保険と徹底比較!!

2019年7月27日

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です