まだ断熱していないの?断熱リフォームをするべきメリット4つ!

 

夏の異常な暑さで冷房を入れても、いつまでたっても気温計は40度付近。

 

それでも家事をしなくちゃと、ちょっと動けばダラダラと汗が滝のように流れる昼下がり。

 

冬の朝方に布団から出た途端、思わず身震いするほど骨身に染みる寒さに耐え切れず暖房をつける。

 

それでもなかなか温まらずに台所で冷たい水に手をさらしながら「ハァ~」っと吐く息は白い息。

 

冷暖房機のメンテナンスもしているのにも関わらず、年中あまり快適とは言えない家・・・。

 

もし、読者様がこんなふうに感じていらっしゃるなら、今が「断熱リフォーム」に踏み切る時かもしれません。

 

  • 冷暖房がなかなか効かなくて不快だ
  • 電気代がかかり過ぎて月々の出費が気になる
  • もっと室温を快適にしてストレスなく住みたい

 

これは断熱がしっかりしていない古い家ではよくある悩みですよね。

 

ただ、「断熱リフォーム」と言われて、今までも気になってはいるものの、こう思ってはいませんでしたか?

 

  • 「断熱リフォームは気になるけど、そんなに寒さや暑さが変わるものなの?」

 

  • 「断熱化というものが正直あまりよくわからない」

 

  • 「うちは古い家だから断熱はあきらめている」

 

 

実は、そのような疑問や諦めを抱く方は、とりわけ日本では多いのです。

 

なぜなら世界基準で見ても、日本の住まいの断熱化はかなり遅れているためです。

 

つまり、「断熱リフォーム」に対しては日本ではまだまだ馴染みがなく、普段意識もしないので、詳しい人があまりいないのです。

 

たとえば、「暑い夏は室内でも熱中症になるから気を付けよう」

 

そう思う人は多いですよね?

 

でも、「家が暑いのは断熱できてないからだ」とはなかなか思わないのではないでしょうか?

 

しかし、よくわからないからといって「断熱リフォーム」を躊躇しているのでしたら、読者様はかなり損をしています。

 

快適な室温が手に入れば、どんなに住みやすい家になることか。きっと体感すれば「はやくやっておけばよかった」と思うはずです。

 

この記事を読んで頂ければ、「断熱リフォーム」がどういうものか一通り理解でき、お伝えすることを実践して頂ければ、夏でも冬でも快適な室温が手に入ると思います。

 

よく言われる「断熱リフォーム」のメリットは電気代削減だけではありません。他にも様々なメリットがあります。

 

断熱することでどんなに快適な住まいになるのか、住んでいる人にどんないい影響を与えるのか、知りたい読者様はぜひ読んでみてくださいね。

 

いまさら聞けない!断熱ってなにをどうすること?

 

現在、住宅は「断熱化」「気密化」を目指しているといえます。

その理由は、断熱対策は1997年に京都議定書が採択されたことで、環境問題の一環として一気に加速していたからです。

 

京都議定書とは1997年に京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)で採択された、気候変動への国際的な取り組みを定めた条約です。先進国全体で、先進国の温室効果ガスの排出量を1990年比で5%減少させることを目標として掲げました。

引用:Sustainable Japan

 

断熱リフォームをしないことの弊害

「断熱」とは文字通り「熱」「断つ」ことです。

厳密に言うと「外気」を「断ち」、「気温などの室内環境を効率的に快適にする」ことです。

 

住まいの室温は外気温に比例するので、断熱対策をしない家では夏は溶けてしまうくらいに感じる暑さ、冬は骨の髄から染み入る寒さとなります。当然空調などで室温を調整します。

しかし・・・

 

家を断熱していない場合

家のあらゆるところから、空調は漏れ、外気が入り込むので空調の熱エネルギーが無駄になる。

空調を強めることで光熱費が増額

 

エアコンが効かないので高くなる光熱費を抑えようとして、夏もエアコンを我慢するようになります。

室内で熱中症の恐れも・・・

 

家の中は気温にムラがあります。たとえばリビングが24度として、暖房をしていないトイレや洗面所は7、8度くらい。気温差が16度くらいになることもあります。

ヒートショックをおこすことにもつながる

 

冬場は窓や使用していない部屋では温度が低くなりがちになります。その部分に結露が生じ、カビが生えます。また、床断熱や天井断熱を丁寧にしないでいると壁内結露を起こします。

住む人の健康を害し、壁内結露の場合は特に住まいの寿命を縮めることに・・・。

 

補足

気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックといいます。この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。2006年のデータですが、交通事故による死亡者が約7,000人であったのに対し、ヒートショックでは倍の14,000人が亡くなっています。

引用:社会福祉法人恩賜財団済生会

引用:丸久建設株式会社

 

はるこ
け・・・けっこう、怖いことになっちゃうのね・・・

 

 

そこで、家を断熱材や断熱仕様の窓で包むことでその空気漏れや外気を防ぎ、快適な生活空間にするのが断熱対策です。

 

体感温度の仕組み

体感温度は室温+輻射(ふくしゃ)熱+湿度といわれます。

 

あつし

輻射熱は物体が発する暖気や冷気といった熱エネルギーのことだよ。だから室内にいる人は空気や温度とは別に、周辺の壁や床、天井といった室内の表面からなんとなくあったかいとか、涼しいとかを感じるんだ。

 

はるこ

じゃあ、どういう温度の時にどのくらい空調を付ければいいの?

 

体感温度=室温+壁面温度÷2で測ることができます

 

夏の場合、エアコンを25度に設定して室内の壁面が35度だとすると、体感温度は30度となります。

夏に30度は暑いですが、断熱対策をすることで室内の壁・天井・床・窓の表面温度を下げ、冷暖房が効率的に効く快適な住まいになります。

 

引用:大東住宅株式会社

 

はるこ
冬はこんな感じになるのね。これじゃあ、断熱しないとずっと必要以上の温度設定でエアコンかけることになるから、光熱費がかかるの当たり前ね~。

そういえば、よく「夏は涼しく、冬は暖かく」みたいなフレーズを聞くけどあれが断熱ってことかしら?

 

あつし
きっと、CMだね。冷暖房の熱エネルギーを無駄にしない。こういうことをちゃんと実現できれば家も快適になるし、本来の目的である地球温暖化にも役に立つ。それが理想だよね。

ほかにも断熱化することで「いろんないいこと」があるんだよ。

 

断熱リフォームしたらどんなメリットがある?

夏は涼しく、冬は暖かく、過ごしやすい家になる

最近の夏の暑さは、毎年のように「観測史上初」という言葉を付けて報道されるくらいに暑さがひどくなってきました。加えて日本の住宅は冬にとても弱いです。

 

そもそも冷暖房機で暑さ寒さを何とかするものではありません。

 

床や壁から伝わる冷気・暖気の輻射・床暖房やホットカーペットからの熱の直接の伝導・エアコンなどの空気の対流の3つがそろって初めて適度な涼しさ・暖かさを感じる快適な住空間になるからです。

 

断熱をすると、室外の暑さや寒さが天井・壁・床・窓などに伝わりにくくなります。

 

つまり、エアコンなどの冷暖房をつけると、その涼しさや暖かさがそのまま天井や壁、床にため込まれることになります。そのためエアコンを消しても、家の中全体がなんとなく涼しく、または暖かく感じるのです。

そして正しい断熱の仕方であれば、そのなんとなく涼しい・暖かい感じが長く続きます。温度のムラもないので、部屋を出てもそれほど気温差を感じることはなくなります。

ぐっすり眠って、気持ちよく起きることができるのです。

 

そしてこれが断熱リフォームすることのいちばんのメリットです。

 

私たちのLDKはすでにほぼ完成して実際使っているんですが
断熱した前後で、想像以上の変化にびっくりしています。
正直言うと、家の断熱にはあまり興味がなかったのですが
いや~
断熱工事やってよかった!!

この寒い時期なのに
朝起きてリビングに入った家族みんな
「あれ?暖房消し忘れて寝た?」って言うんですよ、いや、まじで。
それだけ、冷えてないんです。

今までだったら・・・(古い家ってどこもそうだと思うんですが)
自分が起きる前にタイマーかけて
暖房をONにしてしばらくしてから起きないと
寒くて朝食の準備もままならなかったのに・・・

今は起きた時にほんのり部屋があったかい!

今までは・・・
窓際や外壁の近くに座ってご飯食べてる人は
すきま風が直撃したり、外気の低気温がじわじわ伝わって
背中がめっちゃ寒かったのに
今は部屋中快適!!

引用:ミヤガクスタイル

今年になって初めての熱波で、日中35度を越す日が2日続いている。でもアトリエの中は十分に断熱材を使ってあるので今のところ24度以上には室温が上がらない。 クーラーもないのに暑い外から入ってくるとヒヤッと感じるほど快適である。 

引用:住まい工房にしいち

 

んな風に暑さ寒さに関係なく、自分の家で気持ちよく暮らせるのが理想ですよね。

 

光熱費が安くなる!

「断熱化」して熱の出入りを防ぐことで、エアコンが早く効き、その効果も持続します。

エアコンからの二酸化炭素の排出量も減り、地球温暖化対策にもつながります。また、節電対策にもなるので、光熱費が安くなります。

 

 

引用:断熱.com

 

はるこ
え!?年間で大体19万円?こんなに変わるの!?

 

あつし
そうだね、これは例のひとつなんだけど光熱費が安くなるのは間違いないね。

あと母さんのことだから断熱リフォーム費用が気になってるよね?

 

はるこ
そりゃそうよ!断熱リフォームの費用なんて想像つかないもの。

 

あつし
ここでは断熱リフォーム費用は207万円となってるね。もちろん現地調査や、使う断熱材や工法の違いで変わってくるよ。

例えば平均的な戸建て住宅120㎡の場合、どうしても必要な部分のみの改修で150万円ほど、家全体の断熱リフォームをしっかりするとなると、400万円ほどになるという概算もあるんだ。

 

はるこ
じゃあ、家全体の断熱リフォームで400万円かかったとしたら、21年住めばその元手がとれるのね!

 

あつし
そうだけど・・・。お金のことになると鋭いね・・・

 

リフォームローンを検討されるときは金利の比較をしましょう

リフォームローンの費用相場! 金利はいくら?比較ランキング!

2018年11月13日

 

家が健康だと家族も健康になる!

エアコンが効率的に効くことで、快適な住宅環境になることは確実です。また、光熱費が安くなると、エアコンを適度に使うようになります。そうすることで、健康状態にもいい影響がたくさん出てきます。

 

【熱中症】

 

引用:ハウスINハウス

 

このグラフは消防庁による2015年「熱中症になった場所」を調査した結果です。これを見ても熱中症になる場所の4割が「室内」であることがわかります。エアコンを効果的に使うことで熱中症を予防できます。

 

【血圧など循環器疾患】

厚生労働省の調べ(2015年)では家庭内の不慮の事故のうち最も多い死因が溺死・溺水で約35%という結果が出てきました。原因は血圧の急な上昇・降下によるヒートショックです。

 

それに対し、家の断熱化が健康を改善するデータも出てきました

 

「健康長寿住宅エビデンス取得委員会」調査(2011年~2014年)

断熱性能を高めるリフォームを行った家に住む人の血圧が、1年後には最高血圧・最低血圧共に下降。

また、一般的に血圧は起床後に大きく上昇することがあり、健康上の大きなリスクですが、断熱リフォームによって、起床後の血圧上昇が抑制される結果も出てきています。

 

 

あつし

このことからもわかるけど、住まいの断熱性は住む人の健康にも大きな影響を与えてるんだ。そして、熱中症や血圧だけじゃなく、総合的な健康状態に大きく影響するんだよ

 

先日、岩前篤近大教授と新建ハウジングの三浦祐成社長のセミナーがありました。
岩前先生からはセミナー資料はどんどん使って下さいと言われているので
少しご紹介しましょう。

調査対象は24000人の新しく家を建てた人達
以前住んでいた家の断熱性能はわかりませんが
ほとんどの場合、無断熱かあってもとても低いレベルの住宅だと思われます。

2015-02-10 (11).jpg

その人達が
新しく建てて引っ越した家の断熱性レベルは次の通り
2015-02-10 (12).jpg

G3 グループ3は 断熱等級3 新省エネ基準レベル
G4 グループ4は 断熱等級4 次世代省エネ基準レベル
G5 グループ5は 温暖地(美濃地方レベル)で北海道仕様の断熱レベル

調査当時、
新築住宅に占める次世代省エネ基準レベルの断熱性がある建物は約30%程度
その他の家はひと握りのより高断熱の家と、
過半数を占めるより低い断熱性の家という割合です。

調査に占める次世代省エネ基準が49%ありますが
これはあくまで調査をした家のレベルです。

さて、次の資料は
建てた家の断熱のグレードと
表記された症状の改善率
2015-02-10 (13).jpg

引用:株式会社 紙太材木店

 

あつし
改善率をみると、断熱グレードが上がるに連れ向上して、特に手足の冷えの改善はすごいね。でも、グレード4の次世代基準程度の断熱性でもまだ不足していことがわかるよね。

 

省エネ基準では地域ごとに断熱の値が決まっています。しかし実際はこの調査のように、今住んでいる地域より一つ上の地域の基準で断熱リフォームをするのがいいと言われています。

 

はるこ
すごいわね~。喘息やアレルギーにも良い影響があるなんて、本当ビックリだわ。

 

あつし
地域の基準については、あとで話すからね。

 

寒いと単純に体は冷えますし、肺が冷えることで免疫力の低下につながりさまざまな病気を引き起こします。さらには肩こり・腰痛・認知症も室温と関係しているという研究結果もあります。

しかし適度な湿度を保つことと、室温が快適になることで着る衣服の数が減ることで、目や皮膚のかゆみなどの皮膚系疾患も改善するとみられています。結露が起こりにくいのでアレルギーも改善していきます。

 

補足

英国では、病気になる恐れがあるという理由から寝室温度を18度以上に設定するよう奨励されています。

18℃未満・・・血圧の上昇、循環器系疾患

16℃未満・・・呼吸器系疾患に対する抵抗力が低下

9~12℃・・・心疾患、血圧上昇の危険

5℃・・・低体温症を発症する危険

 

家が健康だと家の寿命が延びる

家が健康だと、家の寿命も延びていくのも大きなメリットです。

 

家の大問題・結露が起こりにくいからです。

 

結露は家の中の気温のムラがあることで発生します。気温が高ければ水分を多く含めます。でも、気温の低いところでは水分を含むことができなくてカビになるのです。

 

引用:アイリス

 

冬の窓でよくみられる現象ですよね。

 

結露になる仕組み

部屋の暖かい空気が窓の寒さにさらされる

 ↓ ↓ ↓

水分を含めなくなり、水蒸気となって結露になる

 

注意
窓についた水滴を放置してはいけません。

なぜなら、サッシや壁紙、ひどい時には押し入れや床にもカビが生えてくるからです。

 

外壁からの水分で結露が起きると壁内結露となり、知らない間に柱や梁(はり)、壁自体をぼろぼろにしていくことになります。

 

でも、正しく断熱化することで結露が起きにくくなります。こうすることで、住んでいる人への健康だけでなく、家自体の柱などの構造物がいい状態で保たれます。

 

ただし、断熱材を入れるにしても隙間なく詰めないと結露します。

 

引用:OK-DEPOT

 

はるこ
でたわね、天敵カビ・・・!

 

壁内結露を起こさないようにするには、施工業者の技術が必須となります。

 

施工業者を見極める基準
  • 断熱材を入れることのメリットを十分認識していること。
  • 熱抵抗の計算、結露計算の意味を理解して、正確にできること。
  • 断熱材などを正しく施工することのできる技術力があること。

 

あつし
リフォーム業者選びは慎重にしないとね。使用予定の断熱材の熱伝導率を聞いてみて、丁寧に説明してくれるかどうか反応をみたほうがいいよ。

 

断熱リフォームの注意点

断熱リフォームの基準は住んでいる地域による

断熱リフォームするメリットに「家が健康になれば家族も健康になる」とあげました。断熱リフォームの基準は、基本的に現在1999年に制定された次世代省エネルギー基準となっています。それをもとに何回かの改正が行われてきました。

2013年改正版の基準では国をを8つの地域に分けて、それぞれの断熱の基準値を設けています。

 

 

引用:ミサワホーム

ここでみると、例えば東京都はおおよそ5~6の地域に設定されています。

では、5~6地域での基準で断熱化すればよいかというと、実際はそうでもありません。日本は世界的に住まいの断熱化が大幅に遅れており、次世代省エネ基準自体が、世界でようやく最低限の住まいとして成り立つレベルなのです。

 

結論としては、

東京であれば、青森や仙台の基準で断熱化してちょうどいいレベルだとされています。

 

一定の省エネ基準を満たすリフォームにはこちらもお役に立ちます。

消費税増税10%!リフォームには次世代住宅ポイント制度を

2019年5月7日

 

断熱リフォームの費用と節約の仕方

家全体の断熱リフォームをする場合の目安で、120㎡の戸建て住宅で考えたとして約400万円かかるという概算があります。もちろん状況によってさまざまに変わってきますので、1つの例です。

 

でも、今はそんなにおかねを使えない

 

そういうこともありますよね。

本当にどうしようもない場合は、やはり一番熱エネルギーの出入りの激しい窓と天井の断熱、そして必須作業である外壁の気流止めをおすすめします。窓を8か所二重窓にしたとして、150万円ほどに抑えられる計算になります。

窓のみ二重にした断熱リフォームの場合、約40万円ほどです。

 

また節約するのであれば、壁紙を替えたり、耐震補強、外壁塗装、床の張替えなど他のリフォームが必要になった場合は一緒に断熱リフォームを検討しましょう

断熱リフォームは場合によっては足場を組んだりして行うので、家全体的になると規模も大きなものになります。解体や回復工事・仮住まいの必要性などが他のリフォーム工事の内容と重なることも多く、一緒に行った方が長い目で見て経済的・効果的です。

 

節約して真壁のままにしましたが、大壁にして、断熱材をしっかり入れればよかったです。
壁の工事は、あとからだと家具が邪魔だったりと難しいので、お金がかかっても最初にやっておけばよかったかもと思いました。
それと、防音対策にもなったんじゃないかと思っています。

引用:住まい工房にしいち

 

あつし
これは、和室の特徴である真壁を残して他のリフォームをしたけど、節約して断熱リフォームをしなかったことの後悔の思いだね。

 

はるこ
和室の雰囲気はすごくいいけど・・・暑くて寒い家のままだったら、今度また断熱リフォームしないといけないものね。二度手間だし、お金も結局かかっちゃうわよね・・・。

 

 

耐震と断熱リフォームを一度に行うと費用は・・・?

耐震・断熱リフォーム両方同時に実現!?費用面でのメリットは?

2019年5月8日

 

換気を定期的に行う

断熱には気密性が重要になりますが、この気密性が高くなることで、ハウスダストや化学物質も外に出ることができません。

現在は新築に関しては、24時間強制換気や化学物質が発生しにくい建材使用が義務付けられています。しかしリフォームの場合、元の建物寸法で行うため難しい部分があります。

換気をしやすくないならば、特に石油ストーブなど可燃性の暖房を使う時には定期的な換気を意識しましょう。

一酸化炭素が発生してしまう可能性があります。

 

はるこ
なるほどね!空気が出ていかないんだから、換気は必要ね。

 

あつし
換気ってうっかり忘れちゃうから、気をつけないといけないよね。

 

どこに、どんな断熱リフォームをすれば効果的?

 

住宅の場合、居室における窓などの開口部は、採光のため床面積に対して7分の1以上でなくてはなりません(建築基準法第二十八条第一項)。

したがって家の熱エネルギーの出入りは窓からが一番多いですが、もちろん床や壁からも出入りがあります。

熱の性質上、温度の高い空気が温度の低い方へ集まってきます。ですから、夏は外気が室内に・冬は室内の空気が外へ移動して、熱エネルギーが無駄になるのです。

 

引用:YKKap

 

はるこ
熱の出入りってほとんど窓からなのね。

ってことは窓だけ断熱化すればいいってこと?

 

あつし
う~ん、そうとも言えないんだよね。

 

あつし

一番効果を感じられるのは、窓の断熱なんだけど、窓だけを高断熱にしてしまうと、家全体の水蒸気を含む量のバランスが悪くなって、押し入れの中に結露が起こったりするんだ。

 

はるこ
押し入れがカビるなんていやっ!カビとはおさらばしたいわ・・・。

 

あつし
そうなんだよ。

だから断熱は窓・壁・天井・床の家全体で考えないといけないんだよね。窓以外の断熱はこんなイメージかな。

 

引用:住宅サポート建築研究所

 

基本的に断熱の効果があるのは、空気を含むもので周りを囲んでいる状態の時です。空気は熱が伝わりにくいので熱が移動しにくくなります。

 

はるこ
じゃあ、家をまるごと包んじゃう感じなのね。

 

あつし

冬の寒いときに人間もダウンジャケットを着ると暖かいでしょ?あれもダウンの中に空気を含んでいるからなんだ。

 

はるこ

だから軽くても暖かいのね~。あっ、次の冬はダウンジャケット買おうっと♡

 

断熱リフォームの方法ってどのようなもの?

窓は一番断熱したい場所

先に書いたとおり、窓は室内の中で最も外気の入りやすいところです。

たとえ断熱材がないとしても壁や天井などは厚さ自体があります。

しかし窓の場合はガラスのみであり、加えて通常使われるサッシの断熱性が非常に悪いのです。ですので窓の断熱は必須と言えます。

 

【断熱フィルム/断熱シートを張る】

 断熱対策をしたいけど、窓やサッシを替えると壁なども替えなくてはいけない。でも時間もお金もそんな余裕はない!そんな方がよく使われるのが断熱フィルムや断熱シートです。

窓に張り付けるだけなので、とても簡単です。

 

この場合、「断熱」「遮熱」という効果があることを理解しておく必要があります。

引用:イエコマ

 

「断熱」は外気が室内に入る量を小さくすること。「遮熱」は外気をはじき、室内に入り輻射熱をおこすのを防ぐ仕組みとなっています。

なので、夏、冬両方で窓からの外気の出入りを抑えようとすると、「断熱」と「遮熱」の両方を兼ねそろえるように対策をする必要があります。

 

  • 断熱フィルム

主にオールシーズン用として遮熱効果を持つものです。他にもUVカットやマジックミラー効果、ガラスの割れの飛散を防止するなどの機能もあります。

ステンドグラスのような色合いやすりガラスの風合いのデザイン性の高いものもそろっています。

引用:Amazon

 

引用:Amazon

 

あつし
これは断熱用ではなくてインテリアとして台所やお店でも使えるタイプだね。

 

はるこ
あら、すてき・・・♡うちのキッチンの窓もこうしようかしら♡ 

 

 

補足

2015年2月の段階で、断熱フィルムの断熱効果をめぐっては以下のように報道されています。

「夏涼しく、冬暖かい」とうたい、窓ガラスに張るだけで断熱効果があるとするフィルムには根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は27日、製造販売する翠光トップラインと子会社ジェイトップライン(いずれも東京)に、再発防止を求める措置命令を出した。

引用:日本経済新聞

製造販売会社である翠光トップラインと子会社ジェイトップライン会社が提訴しましたが2016年11月に敗訴、2017年7月の段階で会社よりお詫びとお知らせが公示されています。

 

  • 断熱シート 

主に冬用として断熱効果を持ちます。シートの裏が何層か緩衝材のような状態になっていて、そこにたまった空気が入ってくる外気の量を小さくしてくれます。プチプチシートの付いた使い捨て用途のため、見た目としてはよいものではありません。

 

引用:Amazon

 

 

あつし
シートもフィルムもだいたい2mで2000円くらいだから、とりあえずの対処としてはいいかもしれないね。

ただね、断熱シートや断熱フィルムではやっぱりその効果は十分に感じることができないんだ。遮光カーテンを合わせることで夏の断熱対策はある程度できるけどね

 

はるこ
じゃあ、ちゃんとした断熱をしようとしたら、やっぱり窓自体を何とかしないといけないのね・・・。

 

 

日差し対策は遮光タイプカーテンがおすすめです

【カーテン遮光・遮熱】損してない?!安い・おしゃれなおすすめ通販

2018年12月17日

 

【ペアガラス(複層ガラス)にする】

 2枚のガラスの中に乾燥空気もしくはアルゴンガスを入れている窓です。空気やアルゴンガスは熱伝導率が低いので、外気の熱気・冷気が室内に入りにくくなります。

  • 一般的な複層ガラス

 

引用:日本板硝子株式会社

 

  • 遮熱複層ガラス

寒冷地以外で効果的です夏の冷房効果をより高め、冬の寒さも逃がしません。

複層ガラス室外側に特殊金属であるLow-E膜を入れて日射熱を反射し、窓に熱を伝わりにくくします。室内側との間に空気を挟んでいるため、冬場も室内の熱が外に逃げないようにしています。

 

引用:AGC株式会社

 

  • 高断熱複層ガラス

寒冷地に適した断熱窓です主に暖房効果を確保する構造です。

複層ガラスの室内側にLow-E膜を入れています。外からの日光や熱を効率よく取り入れ、冬の室内の暖かい空気は膜で反射し、なおかつ外に逃げないように空気でくるむ構造です。

 

引用:AGC株式会社

 

  • 真空層複層ガラス

日本板硝子株式会社が初めて開発した「スペーシア」が該当します。

空気層を真空にすることで通常のペアガラスより断熱性能を高めたものです。また片側のガラスをLow-Eガラス(高遮熱ガラス)にすることで、遮熱性能も高めたてています。

リフォーム用のガラスとしても使えますので、既存のサッシをそのまま利用できます

 

引用:日本板硝子株式会社

 

あつし

ガラスの間の真空層とLow‐E膜で空気の対流・伝導・輻射を防いで、室内外の熱エネルギーの移動を防いでくれるんだよ

 

【二重窓にする】

 現在ある窓の内側に内窓を付ける方法です。1つの窓枠に対して外窓と内窓の2つのサッシがとりつけられています。外窓の外気を内窓が断つことや空気層が生まれることで室内の断熱性を高めます。

 

よく間違えられますが、先述の複層ガラスは1つの窓が2枚のガラスでできている構造です。

 

 

 

引用:窓の防音

 

【サッシを替える】

従来の窓を複合ガラスに替えた場合でも、二重窓の場合でも、最も重要なのはサッシの部分です。

従来と同じアルミサッシの窓を使うのでは断熱効果は不十分です。しっかり断熱化したいと思う方は樹脂製サッシの内窓がお勧めです。

従来の窓のサッシは加工しやすいアルミであることがほとんどでしたが、暖気や冷気が伝わり安いのが難点です。アルミサッシは窓の200倍の熱伝導率と言われています。

 

  • 二重窓の場合の樹脂製サッシ

引用:LIXIL

遮熱・断熱複層ガラスを内側にした二重窓、窓を支えるサッシの室内側を樹脂・室外側をアルミというふうに全体を交換することで、見た目も新しく、快適な部屋になります

 

はるこ
内窓は樹脂製のサッシ、遮熱複製ガラスの二重窓・・・お金がかかるわね・・・

 

あつし
確かにお金はかかっちゃうけど、断熱性は確実だよ。それにここまでしても、日本の窓の断熱性はどの国と比べてもまだまだ低いんだ。

 

 

窓のリフォームについてはこちらもご覧ください。

窓のリフォーム費用はいくら?価格相場を調べました!

2019年1月18日

 

壁の断熱は大変だけど必須

壁の断熱には、柱など構造物の間に断熱材を詰める充填断熱工法・建物の外側から断熱材で包みこむ外張り断熱工法があります

【充填断熱工法】

引用:木の香の家

 

通常室内側から壁を壊し、柱と柱の間に断熱材をいれる工法で、安い費用ですみます。柱などの構造物の間に断熱材を入れるため業者の技術によっては隙間ができやすく失敗しやすいのがデメリットです。工期は2~4日程度ですみます。

 

あつし

「内断熱」とよく言われるけど、内断熱は室内側に断熱材を入れること。厳密には違うものなんだ。区別しておくといいね

 

【外張り断熱工法】

引用:木の香の家

 

外壁を壊し、柱などの構造物の外から断熱材を入れる工法です。費用が高くなりますが、断熱性も高くなります。室外のスペースを必要とし、足場を組むためにかなり大掛かりな作業になります。工期は12~30日間ほどかかります。

 

はるこ
断熱って一言で言ってもいろんな方法があるのね!

 

床の断熱で足も守る

同じ部屋で暖房をつけていても、足元がやたら寒いということがあると思います。それは空気が温められて軽くなり、部屋の上の方に上って行ってしまうからです。断熱性の低い家によくある現象です。

適正な断熱をすると部屋の位置による温度の差は少なくなります。

 

引用:住宅サポート建築研究所

 

はるこ
わかるわあ・・・。冬は足元だけすごく寒いんだもの。

 

あつし
床の断熱が足りてないかもしれないね。床下の冷気が床の表面温度を下げてるんだ。

 

最初に書いた通り、体感温度は室温+輻射熱(+湿度)です。室温を上げても床下の冷気を床を伝って感じているので、寒く感じます。

その場合は床断熱をするといいでしょう。

 

引用:住宅の評判ナビ

  • 床下から断熱する

床下からグラスウールなど根太など構造柱の間に入れる、あるいは既存の断熱材の下からさらに断熱材を追加する工法をとります。この場合は1、2日で完了する比較的簡単な工事です。

 

  • 床上から断熱する

フローリングが傷んでいる場合などは、床材を交換する時に床上から土台などの構造を確認し、断熱化するという方法もあります。この場合は3~6日位かかります。

 

床暖房を設置して、床下に断熱材を追加すると断熱効果は非常に高くなります。

 

あつし
他には基礎の部分の断熱をする方法もあるよ。

 

天井の断熱は慎重に、確実に

一軒家で1階より2階の方が暑い、という話はよく聞くことかと思います。これは屋根裏の熱気が2階に伝わっているのが原因になっていることが多いようです。

断熱材を追加することで、熱気が部屋に伝わりにくくなります。

天井のリフォームは現在、仕上げ天井の上に断熱材を追加する工事がよく行われています。

 

引用:木の香の家

 

あつし

ただ、天井裏には電気配線や換気ダクトがあるから、隙間ができるし、下手すると火災の危険性もあるんだ。

 

はるこ
火災!?・・・こわいわよ、あっくん・・・

 

あつし
だから、正しい管理の出来るリフォーム業者を選ぶことがとても大事になるんだ。

それから、天井の断熱リフォームには、他にも桁上断熱・桁中断熱っていう方法があるんだよ。

 

【桁中断熱】

【桁上断熱】

引用:木の香の家

 

桁中断熱方法と桁上断熱方法のメリット
 

  • 電気配線・換気ダクト・ダウンライトに影響することなく断熱層を設けられるので、気密性が高い。
  • 電気配線などに触れないので火災の可能性がない。
  • 仕上げ天井の上部に断熱層があることで、本来絶対に必要な気流止めが不要。

 

したがって本来はこちらのリフォームの方法が適しているとも言われています。

 

補足

床・天井・壁の断熱については、必ず気流止めが必要です

気流止めをしないと各部に断熱材をいれても暖かい空気は上に上り、圧力の関係で床下からの冷気が引き上げられます。そうすると断熱効果はなくなり、壁内結露・表面結露が生じます。

 

引用:木の香の家

 

あつし
気流止めができれば断熱の8割ができているっていうほど重要なことなのに、実は大手のリフォーム会社でも正しく理解して施工していないところもあるんだ

 

はるこ
えっ・・・大手の会社でも?

 

あつし
やっぱりリフォーム会社を選ぶときは慎重にしないとね。

 

断熱リフォームをするメリットのまとめ

 

光熱費がかかるから断熱したい…そう思われていた方も多いかと思います。ですが・・・。

 

本当のメリットは、「家族が快適にその家に住み続けられること」です。

 

そのうえで断熱リフォームについて次のような内容をご紹介しました。

 

  • 日本の断熱リフォームは世界の先進国で最も遅れている。
  • 室内で冷暖房を使っても夏が暑く、冬寒いなら家の断熱を考える時。
  • 断熱することであらゆる健康上の問題が改善する。(次世代省エネ基準の2013年改造版でいう、自分の地域より一つ北の地域基準で断熱化をした場合)
  • 室内暑さ寒さは熱の対流+伝導+輻射で感じるもの。
  • 断熱は窓・壁・床・天井のすべてで行うことが大事。できなければ必須の部分に行う。
  • 断熱リフォームと同時にやれるリフォームをまとめて行うほうが長い目で見て経済的。
  • 正しい断熱化は住まいを健康にし、寿命を延ばす。

 

断熱リフォームをすべて行うと確かにお金はかかります。

 

しかし家は長く住むものです。

断熱リフォームを正確に確実に行えば、家族がその家でストレスなく快適に、健康に暮らせます。結果的に光熱費・医療費・介護費も少なくなるのです。やがてお子さんが大きくなって家を離れることになっても、安心してご両親を家に託しておけるでしょう。

 

繰り返しますが、日本の家の断熱性は特に低く浸透もしていません。次世代省エネ基準を最初に発表した時には世界から笑われてしまいました。つまり、世界の人々はもっと我慢しないで快適に家に暮しているということですね。

 

外にいれば夏は酷暑・冬は極寒でも、家ではぐっすり眠れてきもちよく目覚める、そんな住まいにしてみませんか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

消費税増税の前にリフォームローンを考える方はご参考にしてください。

消費税増税10%目前!知って得する!リフォームの補助金2019年度決定版

2019年5月11日

リフォームプランに合った低金利なところを比較する時にどうぞ。

リフォームローン低金利を比較した結果!ろうきん・イオン・楽天編

2018年12月12日

 

 

 

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です