断熱化・気密化 リフォーム工事はどんなもの?いくらかかるの?

 

ちょっとした買い物などで家を空ける時はエアコンを付けたままにしておいたほうが良いという話を知っていますか?

 

家を空ける時間が30分程度の場合は、エアコンを消さないでいた方が電気代の節約につながります。

 

なぜかというと、エアコンは設定温度に下げるまでが一番電気代がかかるからです。

 

一度設定温度になって涼しくなった部屋でも、エアコンを消して、温かくなった部屋をまた設定温度まで下げようと思うと、そこでまた大きく電気を使うことになります。

 

・・・

 

では、30分家を空けても部屋がそれほど暖かくなってなかったら?

 

外が暑くなっても、家の中に暑い空気が入ってこなかったら?

 

当然、設定温度に下げるまでの時間も短縮され、その快適な温度もキープしやすいですよね?

 

その効果を感じられるのが「断熱・気密」です。

 

これから夏に向けてどんどん暑くなってきます。

 

日本の夏は、これからも暑い日が多くなると予想もされています。

 

「断熱・気密」リフォームのことを知って、検討してみるのはいかがですか?

 

断熱・気密リフォームって何?

 

断熱化・気密化とは、家を断熱材で覆い、気密材で隙間をなくすことです。

外の空気も中に入ってきませんし、住宅の中の空気も外に逃げていきません。

今では24時間換気システムというものも導入されて、空気が循環するように施工されているので、気密化による健康被害も起こりにくくなっています。

 

補足
気密化による健康被害とは・・・

建材からの化学物質やカビ・ダニの影響によってシックハウスや化学物質過敏症を発症する場合がある。

換気をしないことによって起こりやすくなると言われている。

 

引用:株式会社ダンネツ

 

あつし
築年数が数十年の家って壁際にいるとなんだかヒンヤリするんだよね。

 

はるこ
それ、分かるわぁ。

エアコン付けてても部屋の隅の方に座ってると体が冷えてくるのよね・・・

それも断熱すれば防げるってこと?

 

あつし
そういうこと!

壁からの熱の出入りが少なくなるから家中、快適になるんだよ。

 

断熱リフォームすると光熱費も削減できます。こちらの記事でも詳しく紹介しているので、ご覧くださいね。

まだ断熱していないの?断熱リフォームをするべきメリット4つ!

2019年3月26日

 

断熱リフォームってどうやるの?

 

木造住宅を断熱する時の方法は2種類あります。

「充填断熱」「外張断熱」です。

どちらの場合でも、断熱効果としては変わりなくしっかり断熱してくれるので、快適な家になります。

 

引用:断熱住宅.com

 

あつし
それぞれにメリットとデメリットがあるんだよ。

どちらを選ぶかで断熱材も変わってくるから、費用面でも考えることは大切だね。

 

はるこ
本当ね・・・。

どちらも良いところと悪いところがあるから、難しいわ。

 

あつし
そうだね。

例えば、壁は充填断熱で、屋根は外張断熱を使うっていうのも可能だし、最近は、充填断熱をして、その上に外張断熱をすることもあるんだって。

「付加断熱」っていうらしいよ!

 

はるこ
付加断熱!

すっごく断熱できそうね!!

 

充填断熱

「充填断熱」とは柱などの構造材の間に断熱材を充填する方法です。

壁の内部を断熱するので壁の厚みは変わりませんが、施工する場所や使用する断熱材によっては重みで垂れ下がってきてしまう場合があるので注意が必要です。

グラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなどの断熱材が主に利用され、この断熱材自体が低価格なので、外張断熱より費用が安くすむ場合が多いです。

 

引用:Youtube

 

外張断熱

こちらは柱などの構造材を外側から全体を包み、断熱材を張る工法です。

外側に断熱材を張るので、壁の厚みが増します。敷地の状態を確認してから施工するようにしてください。

硬質ウレタンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム、フェノールフォームなどの発泡プラスチック系断熱材が主に利用されます。

 

引用:Youtube

 

あつし
鉄筋コンクリートの場合は、ほとんど外張断熱で施工されるみたいだよ。

 

リフォーム費用

 

充填断熱の場合

1平方メートルあたり 約5,000~10,000円 とされています。

平均的な住宅で考えると 約50~100万円程度 になります。

 

外張断熱の場合

1平方メートルあたり 約70,000~9,0000円 とされています。

平均的な住宅で考えると 約70~90万円程度 になります。

外張断熱の場合は、外壁を解体するので、外壁の交換も同時に行うことがほとんどです。その場合は、 約80~110万円程度 になります。

 

とは言え、施工する住宅が、家なのかマンションなのか、構造はどのようになっているか、断熱材は何を使うか、によって金額は変わってきます。

リフォーム業者とも相談して、断熱効果がどれほどになるか、断熱材は何を使うか、費用はいくらかかるのか、などしっかり決めていきましょう。

 

断熱工事には補助金がある?リフォームを考えている方はこちらも参考にしてくださいね。

断熱リフォームするなら断熱材は何にする?補助金ってあるの?

2019年4月5日

 

気密化する場合

 

あつし
断熱と気密は一緒に使われることが多い言葉だけど断熱したからと言って、気密化もできるわけじゃないんだ。

 

はるこ
そうなの!?

じゃぁ、高断熱・高気密っていうのはどうすればいいの?

 

あつし
2つの断熱方法、それぞれで違うから、リフォーム費用みたいにそれぞれで説明するね!

 

充填断熱

断熱材を充填することで同時に気密化するということは、現実的ではありません。

そのため、気密化リフォームもしたい時は断熱材の他に気密フィルムなどで施工することになります。

 

後付けでエアコンを設置する場合はきちんと調べてから穴を開けるなどしないと断熱・気密効果が薄れてしまいます。

 

外張断熱

充填断熱と比べると、気密化は簡単です。

発泡プラスチック系断熱材自体が空気を通しにくいため、そのまま気密材として使えるからです。

ただその際は、断熱材と断熱材の間、その他の建材との間には、隙間ができないように埋める目地処理が必要です。

 

壁の内部は空洞のままなので、充填断熱では注意が必要な配管は外張断熱の場合は特に問題ありません。

 

断熱・気密化リフォーム後の注意点

高断熱・高気密住宅に施工後には注意点があります。

 

まず1つ目は石油ストーブやガスファンヒーターが使えないということです。

これらの暖房機器は、室内の酸素を消費し、二酸化炭素と水蒸気を大量に排出します。

高断熱・高気密化した住宅でこれらの暖房機器を使用すると、結露が多く発生してしまい、カビの原因となってしまうのです。

また機器が古くなってくると、不完全燃焼による一酸化炭素等のガスが発生するという危険性もあります。(ガスが発生すると、ガスも家にこもってしまいます)

高断熱・高気密リフォームをした後は、高性能エアコン、もしくは床暖房がお勧めです。

 

2つ目は空気が逃げない=匂いも逃げないということです。

食事の匂い、ペットの匂い、これまでは空気の流れとともに自然に換気できていたそういった匂いが、外に出なくなってしまいます。

今までは空気の出入りによって外に出ていっていた気にしていない程度の匂いが、リフォーム後に家にこもり、匂いが不快に感じる人も多いようです。

高断熱・高気密の住宅には24時間換気システムを付けることが決められていますが、匂い対策としてはそれだけでは不十分な場合があり、別に換気扇を付ける、もしくは空気清浄機を置いておくという解決策があります。

 

はるこ
高断熱・高気密って言っても良いことばかりじゃないのね・・・

 

はるこ
匂いかぁ・・・中高生の男の子がいるお家は要注意かも・・・。

 

あつし
男の子?どうして?

 

はるこ
だって、その頃の男の子は、本当汗臭いんだから!

部活の後の匂いが家中に充満するなんて考えられないわ!

 

あつし
そ、そうなんだ・・・。

でも、それ以上に快適な温度で過ごせる家っていうのは魅力的じゃない?

 

はるこ
それは・・・そうよね!

子どもには、帰ってきたらすぐシャワー浴びてもらって、ヒーターは使わなければいいだけの話だしね(笑)

 

あつし
まぁ、そういうことになるかな(笑)

暖房に関しては、床暖房を付けていればエアコンなしでも昼間は快適に過ごせるみたいだよ!

エアコンも断熱化していない家より、しっかり効いてくれるしね。

というか、石油ストーブやガスファンヒーターって高断熱化していない家でも、換気は必要な暖房なんだけどね(笑)

 

まとめ

 

リフォームには様々な種類があります。

 

今回は「断熱化・気密化」についてお話しましたが、住んでいる住宅によって、家族によって、必要なリフォームは違ってくると思います。

 

この高断熱高気密リフォームは、家の温度を快適にすること、光熱費を削減することにおいては大きな効果を発揮します。

 

家の中の温度差が少なくなることは健康にとっても重要です。

 

ヒートショックが起こりにくくなりますし、温度変化が少ないため、湿度も安定しやすく乾燥を防ぎ、風邪予防にもなります。

 

エアコンの効きが早くなり、また冷えた(暖められた)空気が逃げにくいため、光熱費はかなり安くなります。

 

自分たちにとって、今だけじゃなく、10年後の家族にとって住みやすい家にリフォームしてみるのはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

あつしおすすめリフォーム一括見積サイト!

あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。見積もり会社をうまく使い300万以上のリフォーム費用を削減した僕がもし読者様にオススメの見積会社を紹介するなら、タウンライフリフォームが一番おすすめです!と答えます。僕の母親にもなぜオススメしたのかついては下記をご確認ください!

無料で読者様の家を見積もりできますのでもし良かったらお試しくださいね。

なお、リフォーム会社の選び方については、「賢いリフォーム会社の選び方」で解説しています!

■ タウンライフリフォーム ★★★★★

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です