中古マンションの値引き交渉ってどうなの?気になる本音や裏話

値引きの交渉をすると聞くと、苦手だなぁとか、言いにくいなぁと感じませんか?

 

実は、中古マンションを購入するときは、価格交渉は当たり前の世界なのです。

 

中古マンションを表示価格で買うのは損です!

 

中古とはいえども、住宅購入というのは人生において、とても高い買物です。

 

なるべくお得に買いたいですよね!

 

そのためにも値引き交渉に関する予備知識を持っておくことはとても重要です。

 

どのくらい値引きしてもらえるの?

 

引用:twitter

 

中古マンションの値引き相場は一般的に5~10%と言われています。

端数の50~90万円は値引き交渉できることが多いようです。

物件によっては、数百万単位で値引きしてもらえたというケースもあります。

 

値引き交渉のポイント
  • 値引きされやすい物件を知る。
  • 周辺物件の価格の相場を知る。
  • 中古マンションの売買市場の動向を知る。
  • 物件の傷み具合を確認する。
  • 自分の購入条件が良いことをアピールする。
  • 不動産仲介業者のしくみを理解する。

 

値引きされやすい物件とは

販売されてから3ヵ月~6ヵ月以上経過している物件は値引きされやすいと言われています。

買手がつかなければ、段階的に価格を下げざるを得ません。

スーパーの閉店間際の値引きシールと同じです。

 

また、売主がもとの家を売却して得たお金を新居の頭金に充てたい場合や住宅ローンの支払いが残っていてる場合など、

売主が売却を焦っているときは、値引きにも応じてもらいやすいようです。

 

物件の価格の相場を知る

不動産仲介業者は、買主は必ず値切ってくるだろういうことを考慮して、あらかじめ値引き分を見込んだ価格設定にしていることが多いため、マンションの販売価格と周囲の相場が必ずしも一致しているというわけではありません。

 

このエリアでは築〇年の物件はだいたいいくらで売りに出されているということを知っておけば、いくら値引きをしてもらえば適正金額で購入することが出来るのかが分かります。

 

相場を調べるのに便利なアプリ

引用:カウル

 

相場を調べるのに便利なサイト

引用:土地総合情報システム

 

中古マンションの売買市場の動向を知る

売り物件が多いときは値下げしやすい傾向があるので、希望するエリアの中古マンションの売却物件を掲載している不動産ポータルサイトで普段からチェックしておくとよいでしょう。

 

大手ポータルサイト

引用:SUUMO(スーモ)

引用:HOME’S(ホームズ)

引用:at home(アットホーム)

 

物件の傷み具合や設備を確認する

物件のリフォーム設備の設置を理由に値引き交渉をすることも可能です。

 

例)

はるこ
トイレのリフォームとエアコンを設置したいので、あと40万ほど安くなりませんか?

 

自分の購入条件が良いことをアピールする

住宅ローン事前審査を受けておく

せっかく値引きしてもらったのに、審査に落ちてしまっては、元も子もありません。

 

また、中古マンションは住宅ローンの事前審査を通過した上で、購入申し込みをした人順に購入できるので契約がスムーズに進みます。

 

事前審査にかかる期間は3~4営業日程度で、最近はインターネットで手軽に事前審査の申し込みができます。

 

中古マンション購入にあてる自己資金を準備しておく

物件購入の契約時に手付金を支払う必要があります。

手付金とは、契約時に一部先払いで支払う代金のことです。

 

手付金は物件金額の5%~10%が目安ですが、金額が多ければ多いほど売主に購買意欲を伝えることが出来ます

 

手付金が用意できないと、価格交渉どころか売買契約自体を行うことが出来ないので、しっかりと準備するようにしましょう。

 

不動産仲介業者のしくみを理解する

中古マンションでは、売主も正しい情報や知識を持たず、買主ともに不動産仲介業者に操られています。

不動産仲介業者が主導権を握っているのが、中古マンション市場の現実です。

 

仲介手数料のしくみ

仲介手数料とは、中古マンションの購入や売却を仲介してくれた不動産会社に成功報酬として支払う手数料のことです。

法律により物件金額の3%+6万円+消費税が上限として定められています。

 

仲介手数料ってけっこう高額ですよね…

 

仲介手数料って値引きできるの?

 

答えは、できないとこはないが、難しい!です。

 

仲介手数料は不動産会社の利益になるので、値切られるのを嫌がる業者がほとんどです。仮にできたとしても大きな値引きは期待できないでしょう。

 

もし、値引き交渉をする場合は、契約前に行いましょう。

営業の方は、仲介手数料が入ってくる前提で契約を進めるので、契約後に値切られるといい気はしませんし、値引きしてくれる確率も下がってしまいます。

 

引用:東京グランドネクスト不動産

 

上の図を見ると、仲介手数料が半額になるよりも、マンションの本体価格が3%下がった方がお得ですね。

仲介手数料を下げる交渉をするより、物件価格を値切る方が簡単です。

 

しかも、仲介手数料は物件価格と連動しているので、物件価格が下がれば、仲介手数料も安くなります。

 

中古マンションの購入費用を抑えたいなら、仲介手数料以外の部分で値引き交渉を行うことをおすすめします。

 

しかし「少しでも仲介手数料を安くしたい!」というのが本音ですよね。

 

仲介手数料無料や半額って聞くけど、実際どうなの?

 

仲介手数料の裏話

引用:CONY HOUSE

 

このように、両手取引では不動産会社の利益が2倍になるので、他社物件よりも自社物件をすすめたがります。

 

自分の希望条件に合う物件を購入するためにも、この不動産会社の実情は知っておいた方が良いでしょう。

 

一部の不動産会社は、仲介手数料の無料や割引によってライバルとの差別化を図ろうとしています。

 

自社物件の場合、物件の売却自体で利益が出るため、仲介手数料無料や、あえて薄利多売のスタイルを取り、売り主もしくは買い主の片方からのみ仲介手数料を得ている不動産会社もあります。

 

その様な業者を通すことによって、仲介手数料を節約することができます

しかし、不動産会社の中には、無理な手数料無料や割引をするばかりで顧客のサポートに力を入れていない会社もあるので注意が必要です。

 

仲介手数料値引きの裏技

仲介手数料を値引きするのに、株主優待券を利用する方法もあります。

株主優待に仲介手数料の割引サービスを行っている不動産会社があるので、該当すれば、ぜひ活用することをおすすめします。

 

仲介手数料を値引きすることのデメリット

 

  • 営業担当者のやる気がなくなる。
  • 他の物件販売を優先されてしまう。
  • 販売に対するサービスの質が落ちる。
  • アフターフォローが手薄になってしまう可能性がある。

 

値引き交渉を成功させるためには、不動産業者を味方につけることが重要です。

仲介手数料を払った方が、営業担当者も価格交渉をがんばってくれそうですし、何かあった時も言いやすいといった考え方もできます。

 

値引き交渉の失敗例

いくらお得に買いたいといっても、欲を出しすぎると失敗します。

 

希望エリアの相場より、500万円安い物件が出ており、180万円の値引きを申し出た結果、売りに出たその日に、他社から入った満額申込みの買主に物件を取られてしまったという例があります。

 

相場よりも安いマンションに値引きを持ちかけるのは、典型的な失敗例です。

 

また、過度の値引き交渉は失敗します。

売主にとっては、思い入れのある物件を売るわけですから、そんな非常識なことをいう人とは取引したくないと、断られてしまいます。

 

売主に対して、横柄な態度を取ることも失敗の原因のひとつです。

買主がお金を出すので、買主が偉いと思いがちですが、不動産の取引において、売主と買主の立場は対等です。

横柄な振る舞いを受ければ、売主もヘソを曲げて値引き交渉に応じてくれなくなってしまいます。

 

上手な値引き交渉術

 

ポイント
  • 物件を悪く言わない。
  • いくら下げてほしいと具体的な数値をあげる。

 

はるこ
 × キッチンが汚いし、水回りが古いから、もっと安くなりませんか?

 

はるこ
 〇 とても魅力的な物件ですが、ローンの支払いも考えて、あと100万ほど安くなりませんか?

 

売主は、物件に対していろんな思い入れがあると思いますので、それを悪くいってしまうのはNGです。人は褒められると嬉しいものです。

 

ポイント
  •  とりあえずで購入申し込みをしない。
  • 本気で購入する気を見せる。

 

 

はるこ
 × 買うかどうか分からないけれど、値引きしてもらえませんか?
    

 

はるこ
 〇 値下げしてもらえれば、必ずこの物件を買います!

 

下がるかどうか決まってから考えるというのは、この業界ではタブーです。

不動産業者は値下げをお願いすることに会社の信用リスクを負っています。

売主は買ってくれる可能性が高い購入者であるほど、値引き交渉に応じてくれやすいものです。

 

中古マンションの値引き交渉まとめ

値引き交渉を成功させるためには、値引きに関する知識を持っておくことがとても重要です。

 

  • 売主が売り急いでいる時は値引きされやすい。
  • リフォームなどを理由に値引き交渉をするのは有効。
  • 住宅ローン事前審査を受けておく。
  • 物件の価格相場や、中古マンション販売市場の動向をチェックしておく。
  • 中古マンション市場の主導権を握る不動産仲介業者の攻略。
  • 仲介手数料を値引きすることは可能だが、デメリットも知っておく。

 

値引き交渉に応じてもらえるかは、タイミングであったり、売主の状況次第なので、必ず値引きができる裏技は存在しません

 

ですが、最後はやっぱりです。誠意をもって売主に交渉してみましょう。

 

常識の範囲内で真摯に対応することが値引き交渉の秘訣です。

 

 

あつし
母さん、どうしたの?うれしそうな顔して。

 

はるこ
さっき、八百屋さんで大根を値引きしてもらっちゃった!ラッキー☆

 

あつし
へーよかったね!どんな手を使ったの?

 

はるこ
わーきれいな大根ですね。おいしそう!

って言っただけよ。

 

あつし
そっかぁ。人って褒められると、嬉しくてサービスしたくなっちゃうんだね。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です