カーポートが壊れた!!補修の仕方は?費用は?補償は受けられる!?

以前、駐車場のことで相談に乗った後輩の車は予定通り納車され、カーポートを家の敷地に建てました。

本人は大満足でしたが、その後またまた僕に相談にやってきました。

 

今度の彼の悩みは

「カーポートを壊してしまったときの費用は?」

それというのも、後輩はさっそく車をカーポートに軽くこすってしまったらしいのです。

後輩のお母さんは心配性で、「これじゃ早いうちに車もカーポートも壊しちゃいそうね・・・」と言われたとか。

本当に自分のところのカーポートが倒れたらどうしたらいいのか急に不安になってきたそうです。

 

あつし
いや、だからね、なんで僕に聞きに来るのかな?

・・・まあいいけど

 

どこまでも母さんみたいなタイプの人をほっておけない僕は、今回も困っている後輩のために一肌脱ぐことにしました。

 

 

後輩がカーポートを建てる時も、僕が相談に乗っていたんです。

カーポートを建てたいと思っている方はこちらも参考にして下さい。

カーポートをリフォームしたい!気になる費用や注意点を大公開!

2019年4月8日

 

カーポート壊れた!!どうやって直す!?

カーポートが破損する原因は、①台風などの強い風 ②塩害 ③積雪 という自然災害の他に、経年劣化や施工不良が原因で起こることがあります。

リフォーム業者に依頼する場合

基本的には既存カーポート撤去から始めて、新設の工事内容を順序を逆に行っていく形になります。

 

1.屋根部分の解体工事 

ほとんどがボルトどめなので手作業で解体します。解体の順番は屋根、梁、柱となります。

 

2.基礎の部分の工事

基礎工事には2つの方法があります。これは後でカーポートなどの建物を建て直すかどうかで違ってきます。

 

基礎ごと撤去する

壊れたカーポートを撤去して、その後で同じ場所に新しいカーポートを建て直すとすると、基礎部分を掘り起こして全て撤去する方法を主にとります。コンクリート舗装してある駐車場であれば、掘削機械も必要になってきますので費用が高くなります。

 

基礎を残す

撤去後なにも建てない、あるいは違う場所に柱を立ててカーポートを立て直す場合、撤去する柱の根元を切ってモルタルで補修します。費用としてはこちらのほうが安くなります。

 

 

●撤去費用

作業員の数にもよりますが、以下が相場となります。期間は作業人数2~3人で1日程度です。

解体費用の例

①2台用カーポート(4本柱)を解体し、基礎まで撤去、コンクリート舗装は部分撤去~補修あり

カーポート解体費用:5万円+基礎撤去費用:3万円+コンクリート舗装補修費用(4か所):4万5千円

12万5千円

 

②1台用カーポートを解体し、基礎を残す カーポート解体費用:3万円

 

豪雪地帯に分類される地域で設置される豪雪用折板型(カスケードガレージ)については、重機を用いて解体します。その分高額になり、1台:20~30万円 2台:25~35万円が相場です。

 

あつし
カーポートの種類や基礎の撤去範囲などの条件で決まってきますので、リフォームの基本、信頼できる地元の外構業者に相見積もりをとりましょう

 

DIYする場合

カーポートの構造上、台風など強い風の場合には柱を守るため屋根が飛びやすくなっています。

壊れたのが屋根パネルだけで、比較的小さなものなら、自分で工具を使って直してみると費用はかからないですよね。

破損が大きいケースでは、パネル自体の強度に問題が生じますので、パネルを丸ごと交換することになります。

 

●破損した屋根板の補修

引用:youtube

高いところの作業になるので脚立は必ず用意して、安全に作業を行いましょう。

 

●本体の解体

本体はまず雨樋(あまどい)をはずしていきます。屋根材を抑えているビスもはずして1枚ずつ屋根材を撤去していきまし、すべてはずしたら側枠(がわわく)と垂水(たれすい)を取りはずしてください。
後は、L字のブラケットや柱を撤去するだけです。

 

●柱の部分を含め基礎の部分

引用:YouTube

基礎を残すのであれば、柱の切断となり、DIYも可能です。

 

ただし、基礎を撤去する場合は、基本的に外構業者に頼んだほうがよいでしょう。

なぜなら、柱は一般的に55㎝程度埋めることが多いですし、深さが深ければ深いほど作業が素人では難しくなります。

 

あつし
自分で解体などを行うときは、必ず安全を一番に考えましょう。安全が確保できないのであれば、外構業者に必ず頼んでください。

 

壊れたカーポートがあたって破損した車などの修理費用は補償される?

積雪、台風など、自然災害でカーポートが壊れ、自分の敷地内の物や車が傷ついてしまうとショックですね。

修理する場合、火災保険や自動車保険などの損害保険により補償されることがあります

 

引用:Twitter

 

あつし
後輩も・・・きっと慌てるな。

外構業者や保険会社じゃなくて僕にすぐ電話してきそう・・・

 

自然災害でカーポートが破損した時の保険適用

カーポート本体には火災保険が適用されます

火災保険は損害保険(損保)と呼ばれる保険の一つです。

損保は偶然の事故による損害を受けたものの費用を保険金で補うことを目的とした保険で、火災以外にも補償の対象があります

 

あつし
カーポートも火災保険の対象内なので、家の敷地内にあるカーポートが、台風や大雪などの自然災害が原因で破損・倒壊した場合は、火災保険の補償対象となるため保険金で修理・リフォームすることが可能となります。

 

保険会社によっては建物外(敷地内)の外構やエクステリアは補償対象外となっている場合もあります。ご自身の契約を確認してみてください。

 

一般的な火災保険であれば、次の3点が認められる必要があります。

火災保険適用の条件

①修理のために必要なリフォーム工事費用が20万円を超えていること。

②火災保険の申請時期としては風災などによる破損・倒壊事故から「3年以内」であること。

③被害の原因が風による災害(風災)もしくは雪災など自然災害のみであること。 

 

隣家の物を壊してしまった…!どうしよう!?

自然災害が原因でカーポートが破損し、それが隣家の物を壊したら、慌ててしまいますよね。しかし、この場合はカーポートの所有者にも予測ができないため、基本的に法律上賠償する責任がありません。

ですから、隣家の方がご自身で加入している保険会社に連絡をして、隣家の方の火災保険で補償を請求してもらうことになります。

 

注意
補償の対象として認められない場合

経年劣化による破損や倒壊は、火災保険の補償対象とはならないので注意が必要です。経年劣化で倒れたカーポートが隣近所のものを壊した場合、こちらの不注意になるので、自費で相手に弁償となります。

 

あつし
台風なんかは逆に隣の家から物が飛んできて自分の家の物が壊れることもあるから、お互い様だと思うけれど、自分の家の物が管理できていないことで近所に迷惑をかけてしまうのは避けたいですね。

自分の物の管理はしっかりしておきましょう。

 

自動車の保険適用

車をお持ちの方が加入する自動車保険で、車が大雪・台風などの自然災害による破損により損害を受けた時に補償してもらえることがあります。

 

あつし
自動車保険の中の「車両保険」の一般型かエコノミー型にはいっていれば、保険がおります。

 

補足
「エコノミー型」は保険会社によって呼び方は違います。ご自分の契約をご確認ください。

 

 

●支払われる保険金の額は?

 設定した車両保険の保険金額が上限となりますので、まずはご自身の契約内容を確かめましょう。車の修理費(=損害額)から設定している免責金額(自己負担額)を引いた金額が保険金として支払われます。

なお、車の損傷が激しく、全損(損害額・修理費が保険金額を超えてしまうこと)となった場合は、免責金額は引かれず、設定した保険金額の全額が支払われます。

 

まとめ

自分の家のカーポートが壊れたらどこまでの範囲で補修するか、費用はどれくらいかかるか、見積もりを取り、またDIYした時の費用も比較しましょう。

外構業者に任せるのか、自分でやるのかを決めるのですが、基礎的な部分は信頼できる外構業者にお願いしたほうが安心です。

 

あつし

日ごろからカーポートのメンテナンスはするようにこころがけましょう。

小さな積み重ねって、事故や破損の際に結果に大きく響いてくると思うんです。

自然災害にあった時、被害を最小限にしたいのは皆さん同じですよね!

 

生活スタイルや家族の人数が変わったりすると、そこではどうしてもリフォームは必要になります。

物は壊れるのは仕方がないことです。でも、大事に扱うかどうかという住まいに対する姿勢で、生活の質も随分変わってくるのではないでしょうか?

カーポートだけでなく、エクステリアもインテリアも、いずれ来るリフォームの時期まで、なるべくいい状態で長く使いたいですよね。

 

皆さんが、安全なカーライフを楽しめますように・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です