カーペット からフローリングにリフォーム!! DIYしてみよう!!

 

床は家の中で大きな面積を占めるため、印象を決める大事な部分ですよね!

床は住人の体がいつも触れている部分で、汚れやすい場所でもあります。

だからこそダニやカビの心配の少ないフローリングが主流です。

 

でもリフォームを考えているけどお金の心配が・・・という方も多いはず!

僕がカーペットの床からフローリングにしたら良いことずくめだったので、お財布に無理なくリフォームしませんか?

 

この記事を読んで貰えれば、やっぱりフローリングっていいなぁと再確認できます♪

 

カーペットとフローリングの床 メリットとデメリット

 

 

引用:Twitter

 

引用:Twitter

 

人気の高いフローリングですが、カーペットと比較した上でそれぞれのメリットとデメリットを知っておきましょう!

 

床がカーペット メリット
  • 色柄が豊富でインテリア性が高い
  • 保温性がある
  • 防音性が高い
  • 値段が手ごろ
  • 転倒してもクッションとなってくれるため安全性が高い

 

はるこ
マンションや一軒家でも小さい子供がいると防音性の高さって重要で住みやすさにもつながるわね

 

床がカーペット デメリット
  • ダニの温床になりやすい
  • 液体をこぼしてしまうと染みになる

 

 

床がフローリング メリット
  • ダニが発生しにくい
  • 掃除しやすい
  • 耐久性が強くメンテナンスの必要がほぼ無い
  • 無垢材なら調湿効果がある
  • 床暖房が可能

 

 

床がフローリング デメリット
  • 高価
  • 足が冷える
  • 水に弱い
  • 階下に足音、物音が伝わりやすい

 

はるこ
カーペットは、ダニとかカビとかがすごく気になるのよね。汚れも目立つからお手入れが大変なのよ・・・

 

あつし
わかる わかる!カーペットっておしゃれなんだけど劣化具合がすごく目につくんだよね。

うっかりカレーなんかこぼしたら、ご飯そっちのけで染み抜きしなきゃいけないしね・・・

 

はるこ
そうなのよ、やっぱり目に入る面積が大きい分、清潔感って大事よ。

 

 

あつし
そうだよね。色々考えるとメリットが多いからカーペットからフローリングにリフォームする人が多いんだね!

最近では防音対策を可能にしたフローリング材が開発され、ほかにもデメリットをカバーしてくれる機能性に優れたフローリング材も増えてきているんだよ!

 

はるこ
もうフローリングの床にリフォームするの一択だわ!!

 

カーペットからリフォームするにあたってフローリングの種類を知ろう!

 

 

はるこ
そもそもリフォームするにしても、フローリングは何を選べばいいのかしら?

 

あつし
母さん、フローリング材は大きく分けて2種類なんだよ。詳しく説明していくよ

 

無垢(むく)フローリング

 

無垢(むく)フローリングとは一枚の木だけで作られたもの。

 

引用:LIXIL

 

無垢フローリングにはこんな特徴があります。

 

  • 木の芳香でリラックス効果がある。
  • 梅雨時のベタベタ感や、踏んだ時の冷たい感じがないため足触りが良い。
  • 調湿作用がある。
  • 見た目の風合いが良い。
  • 反りやきしみなどがある。
  • メンテナンスに手間がかかる。

 

複合フローリング

 

複合フローリングとは下地の層として合板があって、その上に化粧材を貼り付けたもの。

一般的な建物で多く使用されているフローリング材です。

 

引用:nissin ex.

 

引用:well reform

 

複合フローリングにはこんな特徴があります。

 

  • 床暖房に対応できる。
  • 反りや伸縮がない。
  • 施工が楽。
  • 低価格
  • 掃除、メンテナンスが楽。
  • 熱や水による表面の剥がれやひび割れがある。
  • 傷がつくと目立つ。

 

はるこ
素材感、風合いにこだわりがある人は無垢フローリング、お手入れが簡単な方がいいという人は複合フローリングを選ぶといいわね!!

 

 

フローリングについて、こちらの記事でより詳しく説明しています。

リフォームで床材を選ぶなら!無垢フローリングが人気です!!

2019年8月16日

 

 

カーペットをフローリングの床にDIYでリフォームする方法

 

 

DIYが得意な方なら、リフォーム会社に依頼せず自分でリフォームしてみませんか?

工事費用がかからないので、材料費だけで張替えができかなりの節約となりますよ。

DIYでリフォームするときの手順を簡単に解説します!

 

1. 壁と床の境目にある「巾木(はばき)」と呼ばれる細長い木材を外す。

 小さなヘラを壁と巾木の間に差し込むとはずれやすいです。

*巾木・・・床と壁のつなぎ目で壁の下部に取り付ける横板の事。

 

引用:家づくりブログ

 

 

2. カーペットなどの床材をはがす。

ドアの框(かまち)とカーペットの小さい隙間にマイナスドライバーの先端を差し込み、少しずつカーペットを剥がします。

ある程度剥がれたら一気に剥がします。

クッション材(フェルト)が見えてきたらそれも剥がします。

 

あつし
クッション材は接着剤で貼ってあるので剥がし漏れがないように丁寧にゆっくり剥がすといいですよ!!

バールでグリッパーも外します。

*グリッパー・・・カーペットを固定するための釘の出た板の事。

引用:LIMIA

 

はるこ
剥がしたカーペットの処分はお住まいの自治体によりますが、粗大ごみになるケースが多く、有料での処分になることがほとんどです。

 

3. フローリング材を端から貼る。

フローリングにはフローリング同士をつなぐ、サネと呼ばれる箇所があります。

引用: Kami-Goya日記

 

オスのサネをメスのサネに入れ込むかたちで連結していきます。

フローリング材にボンドを塗り、壁側から貼っていきましょう。

あつし
フローリングを貼る時には、向きにも注意しましょう。部屋の長い面に沿ってフローリング板を貼っていきます

 

はるこ
長い板が敷き詰められている方が部屋を広く感じるわね。しかも材料を無駄なく使うのね!!

 

4. 新しい巾木を取り付けて完成。

あつし
DIYだと最後の端の部分を綺麗に仕上げるのが難しく壁と床の間に隙間が空きがちです・・・。そんな時に巾木を取り付けると綺麗に仕上がりますよ♪

 

 

カーペットからフローリングにリフォームするDIYはどのくらいお得なの?

 

床をカーペットからフローリングにするリフォームを業者に頼むと、6畳でおおよそ12~14万円 かかります。

DIYでかかる最低費用は工具があればフローリング、接着剤の代金のみで工事費がかからないので3~6万円です。

それぞれ高い金額で考えてもDIYは8万円近くお得ですね♪

 

フローリングの詳しい種類や価格を知りたい方はこちらをご覧ください。

フローリング材の激安専門店!種類も価格もすべて教えます!

2018年11月30日

 

リフォームした後のお手入れも気になってきたよ!って方はこちらをご覧ください。

フローリングをピカピカにするおすすめの方法!簡単な塗り方やコツ

2019年4月6日

 

カーペットの床をフローリングに まとめ

 

無垢フローリングと複合フローリングの選び方

素材感、風合いにこだわりがある人は無垢フローリング

お手入れが簡単な方がいいという人は複合フローリング

 

DIYの手順は4つ
  1. 壁と床の境目にある「巾木(はばき)」と呼ばれる細長い木材を外す。
  2. カーペットなどの床材をはがす。
  3. フローリング材を端から貼る。
  4. 新しい巾木を取り付けて完成。

DIYは業者に頼むより8万近く節約できる。

 

フローリングの床にするとメリットが多いですね♪

この機会にリフォームして、カーペットの悩みから解放しましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です