リフォームで寝室をリビング内に?意外なアイディアで快適空間作り

はるこ
この間、お友達に初孫が生まれたんですって!嬉しそうに写真を見せてくれたんだけど、とっても可愛かったわ~。

 

新しい家族の誕生は、人生のビッグイベントですね。

おめでたい幸せなシーンであるとともに、生活のスタイルが変わるタイミングでもあります。

 

読者様の中にも、お子様の誕生成長のタイミングで家のリフォームを考える方がいらっしゃると思います。

 

「部屋数が足りなくなるから、引っ越すしかないかな…?」

 

いえ、ちょっとお待ちください。

そんなとき、一つの案として「リフォームで寝室をリビングの一角に作るというアイディアがあるんです!

 

はるこ
え、リビングに布団やベッドを置くってこと…?お客さんが来たときに困らない?

 

あつし
そう思う人はきっと多いよね。でも仕切りとか工夫次第で快適な空間が作れるんだよ!

 

ということで、今回はそんな読者様に向けて、事例を交えながらリビング内に寝室を作るリフォームをご紹介していきます。

ワンルームのお部屋をうまく区切りたい、という一人暮らしの方にもおすすめの方法です。

業者へ依頼する本格的なリフォームから、チャレンジしやすいDIYリフォームまでいくつかのアイディアをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

 

リフォームで寝室をリビングに作る方法

 

「リビングに寝室を作る」とは具体的にどうすればいいのでしょうか。

方法は、大きく分けて2つのパターンあります。

 

仕切りをしてリビングスペースと寝室スペースに分ける

「リビング」と「寝室」では本来用途が違いますので、何かで仕切りをして空間を分けると過ごしやすいです。

例えば壁を設置したり、棚などの家具を置く、またはカーテンで仕切る方法もあります。

ある程度しっかり区分けしたい場合は、壁などを設置するといいですね。

 

読者様は、釘などを使用せずに柱を設置できる「ディアウォール」をご存知でしょうか。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディアウォール(DIAWALL)(@diawall_pr)がシェアした投稿

引用:Instagram

このような商品を使えば、様々な場所にDIYで壁や棚を設置することが可能です。

 

あつし
類似商品を使用した事例を後ほどご紹介します!

 

ベッドをリビングになじませる

ホテルをイメージしてみてください。

部屋の目立つ場所にベッドがあることが多いですよね?

そんなホテルのようにあえて仕切らずベッドを見せてしまう方法もあります。

 

もし、寝ている状態のベッドそのままだと少し違和感がある場合は、少し工夫してみましょう。

例えば、普通のベッドではなくソファーベッドにする、掛け布団をしまう、クッションやラグでベッドをソファーのように見せる…などするとなじみますよ。

 

リフォームで寝室inリビング メリット・デメリット

 

寝室をリビングの一角に作る場合、メリットとデメリットは何があるでしょうか。

 

メリット1:開放的

仕切り方にもよりますが、完全に独立した「寝室」よりも、リビングとつながりがある方が空間が広いため開放感が生まれます。

開けた場所で大の字になって寝たら、きっと気持ちいいですよね!

リビング内の寝室であれば、そんな開放的な場所になるかもしれません。

 

メリット2:居心地のいい環境で寝られる

リビングは、家の中で最も環境のいい場所に配置されることが多いです。

南向きで日当たりのいい場所がリビング、というご家庭は多いのでは?

そこに寝室を作ったら、居心地のいいホッとする空間になりそうですよね。

 

メリット3:家族の様子が分かりやすい

寝室が完全個室の場合、ドアを閉めると中の様子が分かりにくいことがあります。

その点、リビングとつながっていれば気配が分かるので安心です。

介護の必要なご家族がいる、という方にもおすすめです。

 

一方のデメリットはこちらです。

 

デメリット1:プライバシーが守られにくい

これは先ほど母が気にしていましたが、来客時に寝室スペースをどうするか?は前もって考えておく必要があります。

そもそもベッドが見えにくいように仕切りを設置する、来客時に隠せるようカーテンを設置する、など方法はいろいろあります。

ベッドを見せるのであれば、掛け布団をしまえるようにしておくといいかもしれません。

 

ただ、やはり「完全なプライベート空間」にはなりにくいので、どうしても気になる方には向いていないでしょう。

 

デメリット2:リビングから音やにおいがベッドに伝わる

空間が同じということは、いろいろなものが伝わりやすいということです。

家族の誰かがベッドで寝ているときに、リビングでテレビを見ていたら「うるさい」と思われるかもしれません。

リビングでおいしいお肉料理なんかを食べた後、ベッドににおいが付く…という恐れもあります。

 

生活リズムを家族と合わせる、においのある料理をするときはしっかり換気する、など気づかいや対策をした方がいいですね。

 

あつし
どんなリフォームでもメリット・デメリットはつきものです。両面を考慮して決めましょう!

 

リフォームで寝室inリビング 事例

 

それでは、実際にどんなリフォーム事例があるのかを見ていきましょう!

※事例の中には「寝室とリビング」ではないものも含まれます。“部屋を区分けする方法の例”としてご覧ください。

 

引用:リフォームのTAKEUCHI公式HP

 

こちらはリフォーム会社による実例です。

ガラス扉とウッドブラインドで仕切っているので、開放的にもなりますし、見せたくないときには隠すことができます。

状況や気分によって変えられるため、様々なシーンに対応できますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アクトリー / 広島リノベーション・注文住宅(@acctree)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

こちらも業者によるリノベーションです。

ベッドの側面部分に壁、足元側にカーテンが設置され、ほどよく囲まれた空間になっています。

インテリアやリネンに統一感があって落ち着きますね。

最小スペースなので、限られた空間に作る寝室としてぴったりです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

plusm0310(@plusm0310)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

こちらは、DIYでパーテーションを設置した例です。

先ほどご紹介した「ディアウォール」の類似商品、「つっぱりアジャスター」を使用されているようです。

これらのアイテムは壁に穴をあけずにパーテーションや棚を作れるので、賃貸住宅にお住まいの方でもチャレンジできますよ!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

taka.ishizaki(@grip.sapporo)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

こちらはやや番外編。

「リフォーム」という大げさなものでなくても、このように家具を一つ置くだけで空間を区切る効果があります。

「リビングにベッドを置くってどんな感じ?」という最初のお試しにも!

これで「結構快適!」と感じたら、本格的にリフォーム計画を立てるのもいいですね。

 

リフォームで寝室をリビング内に作ろう まとめ

「寝室をリビングの中に作るリフォーム」とは斬新なアイディアだったかもしれませんが、少しはご想像いただけたでしょうか。

 

もう一度メリット・デメリットをまとめておきますね。

メリット デメリット
  • 開放的
  • 居心地のいい環境で寝られる
  • 家族の様子が分かりやすい
  • プライバシーが守られにくい
  • リビングから音やにおいが伝わる

 

寝室は個室」という固定概念を覆すことで、新たな快適空間に出会えるかもしれませんよ!

よろしければ検討してみてくださいね。

 

寝室コーナー作りにも役立つ下記の記事も、是非参考にしてみてください。

リフォームで心地よい寝室に!安眠効果を高める色とは?

2019年6月25日

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

リフォーム費用削減するならここがおすすめ!

■ リショップナビ

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

 

■ タウンライフリフォーム

    • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。


 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です