和室から洋室へのリフォーム費用はマンションの場合いくら?

和室から洋室へのリフォーム費用 マンションの場合

 

マンションを買ったけど和室をイマイチ活用できていない、という方は多いです。

和室はごろんと寝転がることができて気持ちいい空間でもありますが、アレルギー体質の方にとってはダニやカビが心配だったり小さなお子さんがいる方だったら障子を破られて頻繁に張替えが必要だったり。

畳に跡が残ってしまうので、重たい家具なんかも気軽に置くことができません。

 

和室は洋室に比べてメンテナンスも大変ですよね。

そんな時は思い切って洋室にリフォームしてしまうとメンテナンスもしやすくなって活用の幅も広がります。

 

和室から洋室へのリフォームは、戸建てとマンションで費用注意することが少し違います。

この記事ではマンションの場合に的を絞ってリフォーム費用やリフォームする際のポイントをまとめました。

マンションで和室から洋室へのリフォームを考えている方は必見です!

 

和室と洋室の違い

和室から洋室へのリフォーム費用 マンション

あつし
母さん、和室と洋室の違いって知ってる?

はるこ
えー?そんなのミカンとダイコンくらい全然違うじゃない!
あっくん、もしかしてバカにしてる?

あつし
あぁ、ごめん。確かに全然違うけど、今回はリフォームの話だから。
構造的な違いについて!

はるこ
構造・・・?床の下とか壁の中ってことよね?そう言われると知らないかも

あつし
そうだよね、見えない部分って特に気にしないよね。
実は和室と洋室は見た目の違いだけじゃなくて、構造も全然違うんだ。

 

洋室はフローリングに洋風のドア、和室は畳に襖で見た目も全然違いますが、実は壁や床の構造も全然違います。

 

床構造の違い

和室には畳がありますが、畳の下はどうなっているか知っていますか?

分かりやすい写真がこちら!

引用:DIY的ライフ

 

木材が等間隔に並んでいますね。

この等間隔に並んだ木材を根太(ねだ)と言います。床材を支える下地ですね。

 

それに対してフローリングの床構造はこちら。

引用:家仲間コム

 

「全然違う」と言っておいて申し訳ないのですが、構造としてはそこまで大きく変わりません。(というより一緒ですね)

ただ、根太の間隔は和室のほうが少し広めです。

 

このままフローリングに張り替えるのは少し心もとないので(床材がたわんでしまうため)、畳からフローリングにリフォームするときにはまず根太の間隔を狭くする工事を行います。

 

また、畳とフローリングでは厚みが40mmくらい違うためそのままフローリングを張ると段差ができてしまいます。

高さを合わせるための下地調整も行う必要があります。

 

壁構造の違い

次は壁構造の違いです。

下の写真は一般的な和室の写真です。

引用:リノベ不動産

 

和室の壁は真壁(しんかべ)と言って柱が見えています。

 

それに対して、洋室はこちら。

 

洋室の壁は大壁(おおかべ)と言って柱が隠れています。

そのため、和室を洋室へリフォームするときには柱の間に木を組んでクロスを貼り、柱を隠してしまうのが一般的です。

 

ただし、マンションの和室はもともと大壁になっていることも多く、上に書いたような工程が必要ないため、戸建てに比べても工期や費用が少なくて済みます。

 

和室から洋室へのリフォーム費用 マンションの場合

はるこ
和室と洋室にはそんな違いもあったのね!
戸建てに比べて安く済むことは分かったけど・・・。
でもやっぱりお高いんでしょう?

あつし
費用はやっぱり気になるよね!
和室から洋室へのリフォームには色々な種類があるんだ。
もちろん部分的なリフォームならそれほどかからないよ♪
よくあるパターン別にリフォーム費用を紹介するね!

 

マンションで和室から洋室へのリフォームを行う場合、戸建てに比べても費用は安く済みます。

フローリングに変えたいだけの方から、まるごとガラッと変えたい方まで様々だと思うのでパターン別のリフォーム費用について紹介します。

 

畳からフローリングへのリフォーム

引用:神戸リフォームハウジング

 

まずは畳からフローリングへのリフォーム。

フローリングになるだけで掃除が楽になったり、気兼ねなく家具を置けたりして便利ですよね!

畳からフローリングへのリフォームは、まず畳を外して、下地を調整し、新しい床材を貼る、という流れで行います。

リフォーム費用の価格相場は9万円~20万円程度

 

カーペットやクッションフロアなどフローリング以外の床材を使うならもう少し安くて7万円~17万円程度になります。

 

床・壁・天井のリフォーム

畳だけでなく、壁や天井も洋室にするリフォームです。

居室部分は洋風に様変わり♪

押し入れの中、押し入れの扉、和室への出入り口はそのまま再利用することを想定しています。

上記のリフォーム費用の価格相場は16万円~31万円程度

 

押入れからクローゼットへのリフォーム

こちらは、収納のみをリフォームする場合です。

和室にある押入れを洋室にマッチするクローゼットに変更するリフォームです。

リフォーム費用の価格相場は8万円~25万円程度

 

押入れのリフォーム費用については別の記事でも詳しく解説しています。

併せてチェックしてくださいね!

押入れのリフォーム費用の価格相場

押入れのリフォーム費用の価格相場はいくら?目的別でこんなに違う!

2019年5月6日

 

襖から洋室建具への変更

和の雰囲気を保ちつつ、建具だけ変えるプランもあります。

それが、襖を開き戸や引き戸などの洋室建具にするリフォームです。

リフォーム費用の価格相場は8万円~15万円程度

 

DIYでオシャレな襖にするという方法もあります。

詳しくはこちらの記事をチェックしてくださいね!

【和室リフォーム】襖の張替えで簡単オシャレなdiy

2019年5月5日

 

和室全体を洋室へ

上に書いたようなリフォーム全てを行って和室を丸ごと変更し洋室にするリフォームです。

リフォーム費用の価格相場は50万円~75万円程度

 

ちなみに、マンションではなく、戸建ての和室をまるごと変更して洋室にする場合、価格相場は60万円~100万円程度と言われています。

 

和室から洋室へリフォームするときのポイント

和室から洋室へのリフォーム費用 マンション

はるこ
費用が安く済むならマンションに住んでいる方はラッキーね♪
でも、戸建てとマンションで工事の内容はそんなに違うものかしら?

あつし
実はちょっと違うんだよね~。
マンションならではな注意点について紹介するね

 

冒頭でも書いたとおり、マンションでのリフォームは独立している戸建てと違って注意することがいくつかあります。

予想外の費用がかかってしまったり、後々のトラブルになってしまうこともあるのでぜひ意識しながらリフォームを進めてくださいね!

 

リビングに面した和室のリフォーム

マンションでよく見かけるのがリビングに面した和室です。

引用:マンションラボ

 

来客が多かったり、赤ちゃんがいたり、和室好きの方にとっては便利な空間ですが、人によっては「別に使わない」って方もいるでしょう。

そんな時は洋室にリフォームし、リビングと統合させて広く使うこともできます。

 

ただし、独立した部屋ではなくリビングに繋げるとなると床材の種類に注意しなければいけません。

 

自然に繋げるには、もともとのリビングの床と統一する必要があるのですが、その床が例えば珍しいものだったり、今は使われていないものだったりすると材料が手に入らず、同じ床材を使うことができません。

そうすると、繋がっているリビング(間取りによってはLDK全て)まるごと張替えが必要になってしまいます。

 

「同じ床材が手に入らない!」というのも珍しいケースかとは思いますが実際の失敗事例もあるので、可能かどうかリフォーム会社とよく相談するようにしてくださいね!

 

防音基準を守る

マンションは集合住宅という特性上、それぞれの管理組合で防音規定が決められています。

お隣さんや上の階、下の階への配慮ですね。

マンションごとに防音規定は異なりますので、リフォーム管理規約をよく確認しておかないと「計画していたリフォームは許可が出ない・・・」なんてことにもなりかねません。

 

畳にはもともと防音性・遮音性がありますが、フローリングにはありません

なので、フローリングに張り替えるときには防音基準を満たしたものを選びましょう。

下の写真のように、裏側にゴムやフェルトが貼ってあるものが多いです。

引用:Cafe Reform

 

無垢フローリングは合板フローリングよりもさらに遮音性が低いので、防音用の下地を入れる必要があります。

費用面でも高額になりがちなので注意しましょう。

 

壊せる壁と壊せない壁がある。

マンションには壊していい壁と壊してはいけない壁があります。

 

和室を洋室にリフォームするとき、「壁を取り払って広く使いたい」という場合もあるかと思います。

ですが、中には壊すとマンション全体の耐久性に問題が起こるような重要な壁もあるので、事前に管理組合に確認しておきましょう。

 

和室から洋室へのリフォーム費用 まとめ

内容 リフォーム費用
畳からフローリングへの変更 9万円~20万円
床・壁・天井の変更 16万円~31万円
押入れからクローゼットへの変更 8万円~25万円
ふすまから洋室建具への変更 8万円~15万円
和室全体を洋室へ変更 50万円~75万円

 

 

マンションで和室→洋室のリフォーム時に気をつけること

・繋がる部屋と床材を統一できるか確認する。

・防音基準を守る。

・壊せる壁、壊せない壁を確認する。

 

マンションを買って終わりではなく、自分のライフスタイルに合わせてどんどん変えていくことでより便利に快適に過ごすことができるようになります。

 

和室から洋室へのリフォームは戸建てに比べても早く安くできますが集合住宅ならではな注意点もいくつかあります。

リフォームを計画しているときは「ああしよう、こうしよう」とワクワクですが、同じマンションの住人への配慮も忘れずに。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です