雨漏り修理は自分でDIY?!補修対策で雨漏りを未然に防ごう!

長く住んでいる家は何かとトラブルが発生しやすいですよね。

建物の経年劣化は避けられないものですが、できる限り長持ちさせたいもの。

そんな劣化トラブルの中でも、一度発生してしまうととても厄介なのが雨漏りです。

 

雨漏りは発生箇所と原因箇所が離れていることも多く、その発生源の特定はプロの業者さんでも難しいと言われています。

しかし一度発生してしまったら、しっかり補修しないと家全体の腐食やカビの原因になり、最悪の場合住み続けられなくなってしまうこともあります。

そんな最悪の事態を防ぐために大切なのが

 

  1. 雨漏りを未然に防ぐ
  2. 雨漏りが発生したら早急に補修する

 

この2点です!

 

今回の記事では雨漏りを未然に防ぐためのチェックポイントやDIYでの補修方法をお伝えします。

 

実際に雨漏りが発生してしまった場合は、専門業者へ依頼しましょう。

その際はこちらの記事を参考にしてみてください。

あなたの家は大丈夫?ドキッとした雨漏りの調査方法と費用!

2019年4月27日

 雨漏りしたらどうしたらいいの?雨漏り修理110 番の評判は?

2019年3月19日

 

雨漏りを未然に防ごう!目視チェック3つのポイント

 

瓦のひび・ずれ

雨漏りというと屋根から浸水してポタポタと水滴がしたたる様子をイメージするのではないでしょうか?

そういった雨漏りの原因となるのが瓦のひび・ずれです。

 

瓦のひび・ずれは経年劣化でももちろん発生しますが、特に注意したいのが台風や地震の後です。

屋根瓦は常に外部に晒されているため、自然災害の影響を特に受けやすい箇所でもあります。

定期的に目視チェックをしながら、こうした災害の直後には特に入念にチェックしましょう!

 

瓦のずれの直しや入れ替えは、専門的な技術がないと失敗する可能性もあり、なにより高所での作業は特別な設備がないと大変危険です。

もし瓦のひび・ずれを発見した場合は必ず専門の業者へ依頼しましょう。

 

チェックポイント
台風や地震など自然災害のあとは特に入念にチェック

 

外壁のひび

雨漏りの意外な発生源として多いのが外壁のひびです。

 

どんなに小さなひびでも一度雨水が浸水すれば毛細管現象で水はどんどん浸水していき、ひびが拡大していくこともあります。

外壁のひびからの雨漏りは、壁伝いに下へ下へと流れていき防水材や断熱材で遮断されます。

そのため屋根からの雨漏りのように水滴が滴ってきたりシミができたりしにくいため、室内で雨漏りに気づくことはほとんどありません。

しかし確実に雨水は家の中に浸入しているため、雨漏りに気付いた時には家の腐食がだいぶ進んでいるなんてこともあります。

 

外壁は屋根とは違い、普通の雨量では雨水にさらされることはありませんが、台風などで横殴りの雨の時は外壁にも雨が当たり雨漏りに繋がる可能性があります。

 

外壁にひびを発見したら早めにひびを埋める補修を行いましょう。

 

チェックポイント
髪の毛程度の小さなひびでもそこから日々が拡大していくこともあります。こまめに目視チェックをして見つけたらしっかり補修しましょう。

 

コーキングのひび・割れ

雨漏りチェックで見落としがちなのが、コーキング材の劣化です。

コーキング材はシーリング材とも呼ばれ、窓枠や換気扇、外壁タイルの継ぎ目などに使用されているゴム状の素材です。

窓枠などと外壁の隙間を埋める役割があります。

 

しかしこのコーキング材は劣化すると固くなり、ひび割れが発生するとこがあります。

このひび割れから雨水が浸入すると雨漏りになってしまうのです。

 

コーキング材の寿命は約5~10年と言われているため、家を建ててから年数がかなり経っている場合は要チェックです。

 

チェックポイント
窓枠や換気扇周りのコーキングと呼ばれるゴム状の素材にひびや割れがないかしっかりチェックしましょう。

 

雨漏り予防補修は自分でDIY!便利なグッズをご紹介

 

目視チェックで雨漏りの原因になりそうな箇所を発見した場合に応急処置として、また自分でDIYで補修する時などに役立つグッズをご紹介します。

 

防水シート

まず1つ目が屋根や外壁などあらゆる箇所からの雨漏りの応急処置として活躍する「ファストフラッシュ」という製品です。

シールのように切り貼りすることができ、防水性能も高いため、初心者でも扱いやすい商品です。

雨漏りしそうな箇所を発見したけど、すぐには修理できない!

とりあえず修理までの雨避けがしたい!

といった場合におすすめです。

 

引用:TAISEI公式オンラインショップ

 

コーキング

外壁タイルの継ぎ目や窓枠部分などのコーキング部分にひびをみつけたら、コーキング材を継ぎして補修しましょう。

しかしコーキング全体の張り替えは高度な技術が要求され、高所での作業は専門的な技術や設備が必要になるため、必ず専門業者に依頼しましょう。

 

必要な道具
  • コーキング材
  • プライマー
  • マスキングテープ
  • プライマー用のハケ
  • ならし用のヘラ

 

引用:YouTube

  1. 補修箇所を囲うようにマスキングテープで養生します。
  2. プライマーというコーキング材の密着性を高める下地を塗布します。
  3. コーキング材を充填します。
  4. ヘラで均一にならします。
  5. マスキングテープを剥がして乾燥したら完成です!

 

コーキング材には色々な種類がありますが、窓枠やタイルの継ぎ目などの外壁には変成シリコン系のコーキング材がおすすめです。

引用:コニシ株式会社

 

雨漏りストップ材

コンクリートの平屋根のひびに効果的なのが「雨漏りストップ材」です。

平屋根に雨漏りストップ材をまくと、雨が降った時に雨漏りストップ材が溶け、雨漏りの原因となるひびを埋めるという補修材です。

コンクリートの平屋根にしか使えませんが、まくだけの簡単でお手軽な補修なのでおすすめです。

 

引用:株式会社ティーシージャパン

 

かならず専門業者へ依頼しましょう

雨漏りが発生してしまったら早急に専門の業者に補修の依頼をするのが大切です。

 

雨漏りは発生箇所と原因箇所が離れていることも多い上、原因箇所が一ヶ所だけとも限りません。

必ずしっかり調査をして原因を突き止め、家の腐食をストップさせましょう。

 

雨漏りは放置すると家の腐食が進み、カビやシロアリの発生が発生することもあります。

こういった状態になると健康にも影響が出てくるため、早急な対応が肝心です。

 

はるこ
せっかくリラックスするためのお家なのに、それが原因で病気になるのはいやね〜

 

あつし
本当だよね。だからこまめにチェックして雨漏りになってしまう前に補修することが大事なんだ。

 

まとめ

一度発生してしまうととても厄介な雨漏り。

経年劣化は避けられませんが、こまめなチェックと補修で家の寿命を伸ばすことは可能です。

日頃から家に異変がないか、定期的にチェックするようにしましょう。

 

チェックポイント
  • 瓦のひび・ずれ
  • 外壁のひび
  • コーキング材のひび・割れ

この3つは要チェックです!

異変を見つけたらこまめに補修、難しい場合は必ず専門の業者へ依頼しましょう!

 

あつし
住宅やオフィスビルの雨漏りにお悩みの方や古くなった屋根の交換を検討している方は早めに対処することをおすすめします。

【雨漏り修理110番】では、必要な部位だけ施工する雨漏り「修理25,000円」からの低価格の上、追加料金不要の料金体系ですし、東証上場企業である「シェアリングテクノロジー株式会社」が運営しており、利用シェアNo.1(楽天リサーチ調べ)のWebサービスなので安心です♪

 

 雨漏りしたらどうしたらいいの?雨漏り修理110 番の評判は?

2019年3月19日

\必要な部位だけ施工で低価格/

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

雨漏り関連記事一覧へ

TOPに戻る

 

 

あつしおすすめリフォーム一括見積サイト!

あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。見積もり会社をうまく使い300万以上のリフォーム費用を削減した僕がもし読者様にオススメの見積会社を紹介するなら、タウンライフリフォームが一番おすすめです!と答えます。僕の母親にもなぜオススメしたのかついては下記をご確認ください!

無料で読者様の家を見積もりできますのでもし良かったらお試しくださいね。

なお、リフォーム会社の選び方については、「賢いリフォーム会社の選び方」で解説しています!

■ タウンライフリフォーム ★★★★★

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です