突然の雨漏りでも大丈夫、 応急処置でベランダを守ろう!!

 

ベランダって丈夫にできているし放っておいても問題ないって思っていませんか?

ベランダからの雨漏りを軽く考えていると家の内部まで被害が拡大する恐れがあるんです!

雨漏り=「屋根」という発想を塗り替える時が来ていますよ。

ベランダからの雨漏りにお困りの方は最後まで目を通してみてください。

 

ベランダの雨漏りを甘く見てはいけない!応急処置が必要な理由

 

ベランダは雨や風、紫外線などに常にさらされていて家の中でも傷みやすい場所です。

ベランダは一般家庭に多く施工されているのにメンテナンスの必要性が知られていません。

そのためメンテナンスがきちんとされず、意外にも多くの雨漏りの被害が発生しています。

 

引用:Twitter

引用:Twitter

 

雨漏りを甘く見てはいけない理由
  1. 家の木材が腐食→シロアリが発生することで家自体の雨漏りにもつながる→リフォームが必要になるくらい家に大きなダメージを与えてしまう可能性がある。
  2. 建物にカビが生える→ぜんそくやアレルギーを引き起こす→健康被害が起こる。
  3. 電気系統に被害→漏電する→火災が起こる。

 

はるこ
雨漏りは自分の問題だけじゃなくてマンションとか集合住宅だと下の階の住人にも迷惑をかけてトラブルになりかねないから対策はしっかりしなきゃよね。

 

雨漏りの応急処置 まずはこれだけはやってベランダを守ろう!

 

突然の雨漏りで「雨漏りしてるけど、どこに連絡したらいいの~?」「どう対処したらいいのか分からない~?!」ってなりますよね・・・。

そんな時の為に、とりあえずこれだけやっておこう!っていう応急処置はとっても簡単。

用意するもの

1.バケツ

2.ビニールシート(新聞紙でも可)

 

はるこ
えっこれだけ?2つとも、どこのご家庭にも常備してそうね!

 

雨漏りしているところに、バケツを置きます。

バケツの下にビニールシート(新聞紙)を敷いて床をぬらさないようにしましょう。

以上!!

 

はるこ
すっごい簡単なのね!?

 

あつし
そうなんだよ、びっくりでしょ。さらにバケツの中に雑巾やおむつを入れると雨水を吸収してくれて水が飛び跳ねるのを防いでくれるんだよ!

 

仕上げに雨水の侵入部分に防水テープを貼り付け、塞ぎましょう。

雨漏りの侵入経路が明確に分かる場合は防水テープで塞ぐと効果的です!

ただし、後ほど詳しく紹介しますが、知識のない方が修繕することで更に損傷が酷くなってしまう場合があります。

原因がはっきりしない場合はバケツでの応急処置に留めて後は業者に任せる事が大切です。

 

ベランダの雨漏りの原因は3つ!!

 

雨漏りの補修は・・・

まず 原因究明と雨漏りのメカニズムが 解明出来ないと 対応策は決められません。

此処かな? 湖も穴が・・・ とか このコーキングが・・と見当付けても 別の箇所から 別の原因で・・・と云うことが非常におおいのです。
また、コーキングによる ”増打ち。穴塞ぎ ”補修は 一時的な 応急と思ってて間違い有りません。

まず、原因究明が 必要です。

ベランダの防水材が劣化すると、ひび割れや剥がれを起こしその隙間から雨漏りします。また、ベランダで使用している防水シートが劣化し、裂け目や穴空きから雨漏りすることもあります。

引用:教えてgoo

 

素人の方は、水が出てきた部分に近い場所から雨漏りしたと思われがちですが、それは間違っている事が大変多いです。
ベランダから雨漏りとは言え、雨漏り箇所を特定しないと何の意味もありません
ベランダの隅なのか?ドレン廻りからなのか?サッシ自体からなのか?サッシの上の外壁からなのか?ベランダならば、手摺の際とかからなのか?

引用:教えてgoo

 

上の方々が言っているように、今後雨漏りで家への被害を出さないためには原因を知って理解することが大切です!

ベランダの雨漏りの原因は大きく分けて3つ挙げられます。

 

排水管に問題がある

排水口(ドレン)が詰まっているケースです。

ベランダは、降った雨が排水溝にスムーズに流れるよう設計がしてあります。

排水管は家の内部を通っているので排水管へのゴミの詰まりや、経年劣化によって排水管から水が漏れると雨漏りに繋がるのです。

 

予防
ベランダの掃除をこまめに行うことで排水管へのごみの詰まりは予防できます。

 

はるこ
排水口の詰まりがあると逆流などにより、ヒビなどからの水漏れにも繋がるのよ。だからこまめな掃除が大事なの!

 

防水加工の劣化

雨漏りの原因としてベランダ床面の防水層の破損が大きな理由のひとつです。

ベランダの防水用のシートが直接表面に敷かれているものもあります。

防水用シートは10年以上使っていると、劣化してヒビが入ってくることもあり、そこから水の侵入を許してしまうのです。

予防
新しい防水シートに貼り直して防水機能を取り戻りましょう。

 

ひび割れ(クラック)

ベランダの床と建物の壁面の境目のコーキングが剥がれている床にヒビが入り、雨水が侵入します。

他にもベランダの手すり部分には、家を雨から守る笠木というパーツがあり、笠木にヒビが入ると、雨水が染み込んでいきます。

引用:株式会社ゼファン

はるこ
手すり部分にも注意したほうがいいわね!

 

ベランダの雨漏り 応急処置したら自分で修理できる?見極め方は?

 

自分で修理できるなら業者を呼ばず修理してしまいたいなと思うかたもいると思います。

そこで自分で修理していいのかの見極めポイントをご紹介しますね。

 

  1. はっきりと損傷個所が見えている
  2. 損傷範囲が小規模
  3. 下地や内部に損傷が達していない

 

あつし
損傷範囲が広いと修理時間が長くなるから塗料の塗布時間が守れなかったり、内部損傷がある場合は素人が修理するともっと損傷、腐食を進めてしまう危険もあるんだよ。

 

はるこ
やっぱり雨漏りも甘く見ないで応急処置に留めて専門の業者に修理を依頼したほうが安心ね!

 

雨漏りの応急処置でベランダを守ろう! まとめ

 

雨漏りの応急処置 まずはバケツでベランダを守ろう! 

 

雨漏りを甘く見てはいけない理由
  1. 家の木材が腐食→シロアリが発生することで家自体の雨漏りにもつながる→リフォームが必要になるくらい家に大きなダメージを与えてしまう可能性がある。
  2. 建物にカビが生える→ぜんそくやアレルギーを引き起こす→健康被害が起こる。
  3. 電気系統に被害→漏電する→火災が起こる。

 

ベランダの雨漏りの原因は3つ!
  1. 排水管に問題がある
  2. 防水加工の劣化
  3. ひび割れ(クラック)

 

自分で修理できるか見極めポイント
  1. はっきりと損傷個所が見えている
  2. 損傷範囲が小規模
  3. 下地や内部に損傷が達していない

ベランダは常に雨風にさらされていて以外にも雨漏りが多い場所です。

少しくらい放っておいても大丈夫と思わずに定期的にメンテナンスを心がけましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です