オール電化とガス併用はどっちが良いの!?徹底比較してみたよ!

 

はるこ
あっくん〜!いろいろ考えてたら少し気になることが出てきたんだけど・・・聞いてくれる?

 

あつし
うん、いいよ!突然どうしたの母さん?

 

はるこ
この間オール電化のお話をしてくれたじゃない?

そのオール電化と、ガスと電気を両方使うのとではどちらが良いのかな〜と思って♪

 

あつし
母さんにしては珍しく真面目なことを考えていたんだね!(笑)

じゃあ今回はオール電化とガス併用の徹底比較講座を開いちゃおう!

 

はるこ
なによ!母さんはいつもま・じ・め・よ♡

 

あつし
・・・

 

 

ということで、突然ですが今回は、オール電化とガス併用の徹底比較講座を開くことになりました。

それぞれの特長・安全性・コストの面から考えていきましょう!

 

 

その前に、まずはオール電化のおさらいからどうぞ♪

気になるオール電化の電気代‼︎平均はいくら⁇【一人暮らし編】

2018年12月29日

オール電化の賃貸物件ってどうなの?メリット・デメリットを紹介!

2018年12月15日

 

 

オール電化・ガス併用の特長を比較!

 

あつし
まずはそれぞれの特長についてお話するよ!

 

オール電化の特長

 

オール電化の特長は、その名の通り、キッチンもお風呂もガスを使わず家中のエネルギーを電気でまかなうことです。

オール電化には、専用の器具が必要です。お湯を沸かすエコキュート、磁力の力で調理を行うIHクッキングヒーター床暖房太陽光発電の設備が必要になります。

 

 

あつし
まずは、オール電化のメリット・デメリットを紹介します!

 

オール電化のメリット
  • 光熱費を電気代一本にまとめられる
  • 光熱費が安くなることがある
  • 火を使わないので安心!
  • 災害時に復旧が早い、タンクのお湯が使える

 

オール電化のデメリット
  • 停電時は全て使えなくなる
  • 初期費用が高くなる
  • タンクのお湯を使い切るとお湯がでない
  • 鍋やフライパンなどの調理器具を選ぶ

 

オール電化が思ったよりも普及しないのは、たくさんのメリットがある反面、たくさんのデメリットもあるからのようです。

 

 

ガス併用の特長

 

ガス併用は、キッチンやお風呂をガスを使って利用します。

ガスには都市ガスプロパンガスがあり、どちらを選ぶかによってコストに大きな差が生まれます。

一般的には都市ガスはプロパンガスの半分近くの価格で利用できるようです。

しかし、場所によってはガス菅が引かれておらず、どちらかしか選べないこともあるようです。

 

 

あつし
次は、ガス併用のメリット・デメリットを見てみよう!

 

ガス併用のメリット
  • 都市ガスの場合は費用が安くなる
  • お湯がなくなる心配がない
  • 初期費用が安い
  • ガスファンヒーターですぐに部屋がポカポカ

 

ガス併用のデメリット
  • プロパンガスだと光熱費が高くなる
  • 火を使うため、火事のリスクがある
  • 都市ガスは災害時の復旧時間がかかる

 

オール電化が登場するまでは、ほぼ全ての家がガス併用だったのでデメリットが改善されてきたようです。そのためデメリットは少なめです。

 

 

オール電化・ガス併用の安全性を比較!

 

 

あつし
次に、オール電化とガス併用の安全性をそれぞれ見ていこう!

 

火災リスク

 

火を使わないため、オール電化の方が火災の危険度は少ないと言えます。

ただ、オール電化は絶対に火事にならないの?というとそうではありません。

油を熱しすぎて自然発火してしまったり、漏電により火災が起きてしまうこともあるようです。

実は、ガスコンロよりも、IHクッキングヒーターの方が火力が強いとも言われています。

そのため、オール電化は100%火事にならないとは言い切れないのです。

 

健康へのリスク

 

オール電化の健康へのリスクは2つ問題視されています。

  • 電磁波の影響
  • エコキュートの低周波の騒音

 

電磁波をたくさん浴びると、体に良くないと言われています。

IHクッキングヒーターからの電磁波がこれに当たるのではないかと心配されています。

しかし、機種によっても様々で、IHクッキングヒーターの電磁波については今はまだはっきりとしたことがまだ分かっていないようです。

「電磁波を浴びるリスクがあるかもしれない」ということだけは理解しておいた方が良いでしょう。

 

引用:総務省

 

また、エコキュートの低周波の騒音で眠れない、頭がいたくなるなどの被害が発生しています。

なかにはエコキュートの音によりノイローゼになってしまう人もいるようです。エコキュートは夜間にお湯を沸かすため、寝室の近くにエコキュートを取り付ける場合は注意が必要です。

エコキュートの取り付けには、きちんと知識と技術がある業者に頼まないと、意外にも騒音で悩むことになってしまうことがあるようです。

 

あつし
この、電磁波エコキュートの騒音の二つが気にかかって、オール電化に踏み切れないという人が多いみたいだよ。

 

 

オール電化・ガス併用のコストを比較!

 

あつし
次は、オール電化とガス併用のコストを比較しよう!

 

初期費用

 

まず初期費用の相場を見てみましょう。

  オール電化 ガス併用
給湯器 40〜70万円 8〜30万円
IH・コンロ 15〜30万円 4〜23万円
合計 55〜100万円 12〜53万円

 

このように、ガス併用よりもオール電化の方が初期費用がかなりかかってしまうことがわかります。

また、10〜15年でメンテナンスが必要とされています。

その度に交換や修理にもお金がかかってしまいますよね。そのためメンテナンス費用もオール電化の方が割高になってしまうので注意が必要です。

 

ランニングコスト

 

次に、ランニングコストです。毎月の光熱費はどちらがお得になるのでしょうか。

費用の比較ポイントをまとめました。

  • オール電化は、ガスの基本料金がかからない
  • オール電化は、日中の費用が割高になる
  • オール電化は、深夜割引がある
  • ガス併用は、都市ガス・プロパンガスがある

 

コストについては、そのご家庭の生活環境によって、オール電化とガス併用のどちらが安くなるかが変わってきます。

オール電化は日中の電気料金が割高になりますので、お昼間に自宅で過ごすことが多いご家庭や、家族の人数が多い場合は割高になってしまうことがあります。

 

ガス併用の場合は、都市ガスとプロパンガスがあり、その土地によってどちらかしか選べないこともあります。

プロパンガスは、都市ガスの約2倍ほどの費用がかかります。

ですので、プロパンガスのご家庭はオール電化のご家庭よりも光熱費が高くなってしまうこともあります。

 

 

あつし
それぞれの基本料金を比較してみよう。

 

それぞれの基本料金の一例
  1. 都市ガスの基本料金 約1020円
  2. プロパンガスの基本料金 約1690円
  3. 電気の基本料金 約840円
  4. オール電化の基本料金 約1296円

 

 

都市ガス併用の場合・・・約1860円

プロパンガス併用の場合・・・約2530円

オール電化の場合・・・約1296円

このように、基本料金だけを見るとオール電化の場合が1番安くなることが分かります。

 

 

あつし
次は、1kWhあたりの料金を比較しよう。

 

1kWhあたりのエネルギーコストの一例
  1. 都市ガス・・・約12円
  2. プロパンガス・・・約21円
  3. オール電化(昼)・・・約31円
  4. オール電化(夜)・・・約12円

 

ガス併用ならば都市ガスの方がお得ですし、オール電化なら夜に電気をよく使うご家庭がお得になります。

特にプロパンガスは、日中不在のご家庭ならオール電化よりもかなり割高になってしまうこともあります。

 

 

まとめ

 

あつし
母さん!今回はオール電化とガス併用を比較してみたけれどどうだったかな?

 

はるこ
う〜ん、それぞれに良いところ・悪いところがあるから、どっちが良いとははっきり言えないんだな〜と思ったわ。

 

あつし
うん、そうなんだよね。どちらが良いとは言えないんだなと僕も説明しながら思ったよ。

自分が何を重視するかなのかもしれないね!火事のリスクを減らしたい!とか、お料理はやっぱり火じゃないと!とかね。

 

 

はるこ
なるほどね〜。母さんは中華鍋を思いっきり振りたいのよね・・・勉強になったわ!あっくんありがとう!

 

あつし
そんなところ、見たことないんだけど・・・

 

 

 

オール電化で停電してしまった時のトイレ対策についてはこちらをご覧ください♪

どうしよう!オール電化で停電しちゃった?!トイレ対策は重要です!

2018年12月31日

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です